人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2012年02月

どんだけ万能なんだよ?まるで<魔法の杖>のようだ。

ここ数日、読売新聞の報道が一段と酷い。

また「国の財政を家計に例えると」などという記事などを書いている。この<家計に例えるパターン>の時は決まって「積もり積もったローン(負債)の残高は※千万円だ!」とだけ書く。日本政府には(負債)だけでなく(資産)も沢山あるのに、いつも(資産)のことは書かない。

 いや、そもそも国の財政と家計は違うんだって。国の財政を家計に例えちゃダメだって。

何しろ家計は<円>を発行できないだろ?さらに日本の場合、借りてる先は、ほとんど国内だし。

 このままだとギリシャのようになる!」って話もフィクションだ。

あのギリシャは他国からカネを借りていて、そのカネ<ユーロ>を自国で発行することができない。だから苦労しているんでしょ?

ギリシャの国民に日本の話をしたら、きっと「日本も財政破綻の危機?あ゛?フザケルナッ!コォノヤロー、ケンカ売ってんのか!」って言われるぞ。

 

 新聞では他にもゴチャゴチャと“アメとムチ“的に書いている。

要するに

消費税増税せずにこのままだと老後の安心も得られないし、子育ての環境も良くならない。お先真っ暗だ。増税が遅れるほど、どんどん“痛み“は大きくなっていく!

しかし消費税増税すれば保育所増設などによって子育て世代の負担は軽くなる。増税分を社会保障の充実に使えば、老後も安心した生活が送れる。おカネを貯めこむ必要がなくなり消費が伸びて雇用も増える。」とまさにバラ色。

<消費税増税>って、どんだけ万能なんだよ?まるで<魔法の杖>のようだ。「これさえすれば全て解決!」みたいな話・・・これも詐欺によくあるパターンじゃない?

 そしてコイツらの言う増税の理由、「税収を増やすために消費税増税しかない」っていう話。

 

 財務省 税収q13_img

<財務省のキッズコーナー>より

 

消費税3%が始まったのは平成元年。

翌年までは税収が増えているが、これはまだバブル景気の余力じゃないか、と。

平成3年からは現在まで“右肩下がり“、消費税率が5%に上がった平成9年以降も“順調に“税収は減っているように見える。

俺は「消費税増税」して税収が増えるとは思えないが、どう思うかはアナタ次第。

<再掲>昨年10月以降に<子ども手当>の手続きをしていない人

(<ブログのカテゴリ>や<投稿時間>を変えることで、<子ども手当>の当事者にこの件を伝えられないかなと思い、前回のログを再掲してみる。)

 

<子ども手当>は昨年の10月から「子どもの年齢、出生順位によって支給額が異なる・・・・・」というような新制度になったようだ。

ゴチャゴチャとわかりにくく複雑にすることで、また色々誤魔化そうとしてるな。

 

で、新制度移行により改めて手続きが必要らしい。

 

「「平成23年10月分からの子ども手当を受け取るためには、10月より前に受け取っていた方も含め、対象のお子さんを持つ方は全て、お住まいの市町村へ申請する必要があります。(公務員の方は勤務先へ申請)

申請期限の24年3月末までに申請を行わないと手当てを受け取ることができなくなります。」」(厚生労働省のサイトより)

 

とのこと。

 

この件、あまり見聞きしていない気がする。けっこう知らない人もいるのでは?
身近な人に「子ども手当、手続きした?」って確認してみてはどうでしょう?

「昨年10月以降に<子ども手当>の手続きをしていない人

昨日のブログで<子ども手当>が実現されてないように書いたが、これは正確じゃあなかった。

<子ども手当>は、<一人26000円→13000円>に減額されて実施されてはいるね。もし誤解を招いたとしたら訂正してお詫びします。ゴメンナサイ。

 

でも、契約した時の金額を勝手に半額にするってことも、充分“悪徳商法チック“だと思うけど。

 

その<子ども手当>、昨年の10月から「子どもの年齢、出生順位によって支給額が異なる・・・・・」というような新制度になったようだ。

ゴチャゴチャとわかりにくく複雑にすることで、また色々誤魔化そうとしてるな。

 

で、新制度移行により改めて手続きが必要らしい。

 

「「平成23年10月分からの子ども手当を受け取るためには、10月より前に受け取っていた方も含め、対象のお子さんを持つ方は全て、お住まいの市町村へ申請する必要があります。(公務員の方は勤務先へ申請)

申請期限の24年3月末までに申請を行わないと手当てを受け取ることができなくなります。」」(厚生労働省のサイトより)

 

とのこと。

 

この件、あまり見聞きしていない気がする。けっこう知らない人もいるのでは?
身近な人に「子ども手当、手続きした?」って確認してみてはどうでしょう?

判断するのは俺ら国民だ、政府・マスメディアじゃない

今は
『あるせぇるすマンの「ウチに乗り換えた方がいいですよ。アレもついてますしコレもついてます。私どもと契約していただければアレもやります、コレもやります!その上、<“子ども手当“を月額
26000円>プレゼントします。「もう子育ては終わった」と言う方にも、<最低保障年金7万円>をもれなくプレゼント追加の料金は一切いただきません。」という言葉を信じて契約のハンコを捺した。

 

しかし、実際に契約してみたら事前の説明と話が全く違う。

「やってみたら、アレもコレもつけられないようなんですよ。アレもコレもできません。<子ども手当><最低保証年金>の話もナシで。謝れ?ハイハイ、じゃあスミマセン。これでいいですよね。

ところで、追加の料金が必要不可欠なことがわかったので払ってくださいね。支払いは待ったなしです!」』

 

みたいな話に国民が引っかかってしまったような状態だ。

 

普通の契約だったら間違いなく誰もが<クーリングオフ>するでしょ?<消費者センター>に訴えるような話じゃない?

 

ここ数日、今度は「低年金の方に月額6000円を加算しますよ。」と言い出した。

要するに「それが欲しかったら消費税増税に賛成しろ。」ってことだろ?また露骨に現金をエサに国民を釣ろうとしている。

おそらくこれから他にも<ナントカ手当て><ナントカ加算><ナントカ補助>などと、“空手形“を連発し、あの手この手で国民を釣ろうとするんじゃないかな?

ヤツらは、実現できるかどうか約束を守れるかどうかなんて関係ないと思っている。

<言ったモノWINだと思っているから。

 

でもヤツらが思っているほど、俺ら国民は※※じゃない。

国民(特に非ネッター)が事実をきちんと知るようになれば、こんな無責任でテキトーなヤツらと再契約する国民はいないだろ?

まして<年金>という、この先数十年以上にわたる契約なんてするわけない。

判断するのは俺ら国民だ、政府・マスメディアじゃない。

今持つべきモノはi・・・・・

今持つべきモノはiフォンでもiパッドでもなく、icレコーダーかもしれない。
昨日の新聞、一昨日のテレビと想像通りの報じ方とは言え、ひどかった。

『政治資金規正法違反で強制起訴された民主党の小沢一郎元代表の裁判で、東京地裁は、石川知裕衆院議員ら元秘書が捜査段階で小沢氏の関与を認めた供述調書の大半を証拠採用しない決定をした。
>(読売新聞社説より)

捜査に反省迫る」って、<反省>で済むレベルか?この件に関して重要なことは<なぜ調書不採用になったか?>じゃないか?
それは<元秘書である石川議員を取り調べた検事が、証言を捏造していたから>という理由が最も重大だと俺は思っている。
石川議員が取調べをこっそり録音(たぶんicレコーダーで)していなかったら、検察の筋書き通りになっていたはず。録音記録があったからこそ、検事の捏造が明らかになった。(持ってて良かったね、icレコーダー。持つべきだね、icレコーダー。)

ところが、上記の社説では『石川議員を取り調べた検事が、実際にはなかったやりとりを捜査報告書に記載していた事実も発覚した。』とサラッとひと言のみ。
いや×4、検事が証言をデッチ上げなんて、とんでもないことじゃないの?検察の腐敗がそんな小さな扱い?検察の意志で自由に誰かを犯罪者にして罰することができてしまう、というか今までしてきた可能性もあるってことだろ?

読んでもらえば雰囲気がわかると思うけど、国の土台を揺るがすような重大な点は“流した“挙句、「小沢元代表は説明責任を果たすべきだ!」と。比重がオカシイ。
確かにあの男は“グレー“だし、説明責任を果たしてはいないと思うけど、それは別じゃないか?
マスメディアにとって、小沢元代表はどんだけ“消したい存在“なんだろう。

今、小沢元代表よりも<説明責任>があると思うのが、この“ブーメランの名手“。
以下、動画より抜粋。
マニフェスト、ルールがあるんです。
書いてあることは命懸けで実行する。
書いてないことはやらないんです。
それがルールです。

書いてないことを平気でやる。
それはマニフェストを語る資格がないと、
いうふうにぜひみなさん思っていただきたいと思います。

天下りを許さない、渡りは許さない。
それを、徹底していきたいと思います。
みなさんの税金に、天下り法人がぶら下がってる。
シロアリがたかってるんです。
それなのに、シロアリ退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか?

鳩山さんが四年間消費税を引き上げないといったのは、そこなんです。
シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。
そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。

みんしゅ党は<ブーメランの名手>が多いが、その中でもこの男はトップクラスだ。
野田総理にはこの演説と今の主張の違いについて<説明責任>があると思うが、どう?


世の中、上には上がいる。<小沢元代表>の件で読売新聞はマシだった。
それよりも酷いのが、非ネッターには<中立公正>だと思われている<マスゴミの大黒柱・NHK>、「小沢氏裁判 石川議員の調書不採用」と短く報じたが、<検事が証言を捏造していたこと>は報じなかった。(NHKのサイト上の記事でも、やはりこの点は書いていない。)

本来<マスメディア>をチェック・ブレーキをかける権限を持つはずの政治家は、小沢元代表みたいになりたくないから、腰が引けている。
だから今、日本のマスメディアにブレーキをかけられる存在はない。
日本は構造改革が必要だ!」という話はよく聞くが、何よりも「<マスメディア改革>こそが必要だ!待ったなしだ!」と思う。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ