人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2012年09月

相当、心底“いやらしい”

自民党の新体制について「総裁選で安倍、石破両氏を支持した議員が大半を占めている。お友達内閣だ!」などと批判がある。

じゃあ「各派閥に配慮した“派閥政治”をしろ!」ってことかね?「自民党は内向きで“国民不在”だ。“長老の意向”を優先した“派閥政治”だ!ケシカラン!」って批判していたくせに。

ある程度<目指している方向>が同じなら、事前に“近い関係”になってるだろ?
それを“お友達人事”ってさ。
<物は言いよう>ってヤツだよな。

~永遠に消費税増税ができなくなっちゃう~」や「アジアで新たな通貨体制をつくるべきだ」なんて言っている人間を執行部に入れるわけにいかないだろ?
ただでさえ<経済・財政面>で不安のある石破幹事長がいるのだし。

<目指しているコト>などに関係なく、<ただグループ間のバランスを取ることだけ>で人事を行って、「政府内の方針がバラバラ」なのが、<与党・民主党>。
ところが民主党に関しては<党内融和>などと、好意的に報じる。
明日、内閣改造です」って普通に報じているけど、民主党政権は選挙を経ずに何度目の内閣だよ?
もし同じことを自民党がやったら批判するくせに。

ヤツらは<自民党><安倍晋三総裁>が相当、心底嫌らしい。
<自民党>、特に<安倍晋三総裁>が何をどう言っても、やっても批判するんだろ?

何度も書くけど「“解散しろ!選挙だ!”などと、自民党は自分達のことしか考えていない!」って言うのはデタラメだから、ご注意を。
“あんな”政府のままでいることが国民の利益になるか?
今は間違いなく<解散→選挙>=国民の利益だ。

――――――――――――――――――――
デフレがずっと今と同じままなら(消費税は)上げるべきでない」と言っていた安倍総裁。
安倍総裁は5人の候補者の中で最も<消費税増税>に消極的な人で、TPPにも実質反対方針。
経済界(大手企業)の代弁者である、<WBS>(日本経済新聞系テレビ)では「安倍総理になると、消費税増税先送りのリスクが~」などと言っていた。

なんじゃそりゃ?!

誰が総裁、総理大臣になったって変わらない」などと“全てわかっているように”言う、文化人?もいる。
「何アンタ、カッコイイつもり?“く~る”ってヤツですか?」と聞きたいね。
現実の問題から目を逸らし、考えることを放棄してるだけでしょ?自分で何も考えもせず、テキトーなことを言うなって。

日本の国民が、特にこの1年半でどれだけの被害を受けていることか・・・。
<芸術的な才能がある人>、<有名人>だからと言って、常に正しいことを言うとは限らない。

<安倍総理大臣>が方針を貫ければ、<2014年4月からの消費税増税>はない。
その為には、俺ら国民がマスメディアに流されることなく、正しい知識を身につけて総理を支える必要がある。
もし1年後に、他の人間が総理大臣だったら消費税は上がる可能性が高い。

それだけで全てが解決するわけじゃないけど、「誰が総理大臣になるか」は日本にとって“も”かなり重要だ。
だからそれを阻止しようと、<自民・安倍バッシング>をやっているヤツらがいるわけでしょうが?


2014年の<消費税増税>はない!
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

(再)中学卒業までのお子さんを養育している人へ~  昨年10月からの子ども手当等が未申請の方、もう今日の午後しかない

~中学卒業までのお子さんを養育している人へ~
<昨年10月からの子ども手当等が未申請の方 申請は9月中に!>

 「昨年10月からの「子ども手当」を受け取るためには、それまで手当を受け取っていた人も含め、全ての人が市区町村へ申請することが必要になりました。
 そのため、以下のいずれかに該当する人については、期限までに申請手続きを行うことで、平成23年10月分または支給要件に該当した月の翌月分以降の手当を受け取ることができます。
 申請手続きの期限は平成24年9月末(※)までです。

“9月中に”って、もう今日の午後しかない・・・。
 
詳しくは<厚生労働省>にて 

~中学卒業までのお子さんを養育している人へ~ 子ども手当等が未申請の方 申請は9月中に!

~中学卒業までのお子さんを養育している人へ~
<昨年10月からの子ども手当等が未申請の方 申請は9月中に!>

 「昨年10月からの「子ども手当」を受け取るためには、それまで手当を受け取っていた人も含め、全ての人が市区町村へ申請することが必要になりました。
 そのため、以下のいずれかに該当する人については、期限までに申請手続きを行うことで、平成23年10月分または支給要件に該当した月の翌月分以降の手当を受け取ることができます。
 申請手続きの期限は平成24年9月末(※)までです。

“9月中に”って、もう明日しかないよね?手続きが未だの方は明日、お忘れなく。
 
詳しくは<厚生労働省>にて 

かなり“いやらしいな”

“復活”だ。
当然の結果でしょ?俺は全然心配してなかった・・・
と言うのはウソで、
(エガさん調で)かなり緊張したぜぇ~。もうドッキドキよ?!
ほんと、いやぁ良かったよぉ。


さぁでもこれからが大変だ。はしゃいでいる場合じゃない。
党員票(国会議員以外)は“石破総理大臣”を望んでいたのに。民意無視だ!やっぱり自民党<派閥支配>が変わっていない!」などとしつこ~く報道されるだろう。

まず自民党が本当に以前と変わらない<派閥支配>だったら、総裁選挙に5人も出ないだろう。それこそ安倍さんは立候補さえできなかったと思う。

さらに、<自民党総裁選のルール>は以前から決まっていたモノだ。「そのルールがオカシイ」というなら、もっと早く主張しろよ。
投票結果が出てから「ルールがオカシイ」って言うことこそオカシクないか?

そして<民意>。それは大事だが、流され易い面がある。
俺ら普通の国民が政治家のことを知る手段はテレビ、新聞を介してのものばかり。
だから<民意>はマスメディアの印象操作次第という面がある。
“脱・派閥”という印象に流されませんでしたか?

違う!直接、生で演説を聴いたり、握手をしたから、その人柄がわかった」って?
それで<総理大臣としての適性があるか?>を判断できる?
そんな“特殊能力”をお持ちの方は別にして、普通の人には無理じゃない?
俺には判断できない、無理。

もしそれ以外にあの人に<投票した理由>があるなら教えて欲しい。
あの人が総理になっていたら、<2014年からの消費税増税>は決まりだったと思うし。
あ、あの話し方はいいと思うよ。ゆっくりと落ち着いていて、自信満々。何となく説得力がある。

いや、そもそもマスメディアは「民意を無視してる!」などというなら、「民主党政権が続いてること」はどうなんだ?<THE民意無視>でしょう?


一部の人間は「自民党は嫌。中でも安倍晋三は絶対嫌!」らしいな。
でも「安倍総理になると誰かの為にはなるが、誰かが困る」と考えると、こうしたマスメディアの異常反応こそ「<安倍総理になること>が本当に日本の国民のためになる」という証拠じゃないか?

この5年間、いや、何十年も変わってないのは、マスメディアの性質だ。
変わったのは、国民のマスメディアに対する信頼だ。そして国民の意識だ。

俺らは5年前とは違う。


まぁ何しろ第1ハードルは無事にクリアしたな。
次のハードルは<民主党>から政権を取り上げることだ。
――――――――――――――――――――
昨日、TBSも“安倍バッシング”が酷かったそうだ。
そんなに“バッシング”したいならココ↓は?

TBSテレビは地産地消の普及を目的としたイベントで、補助金約2990万円を過大に受け取っていたとして~会計検査院から農水省を通じて指摘~」(共同ニュースより)

会計検査院、ぐっじょぶ!


復活!
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

第1ハードル<“復活”へ、再登板>

(時事ドットコムより)
被災地のことが頭から離れなかった。原発事故対応に専念したい。」と言って代表選出馬を見送った人間が、アッサリ<原発事故担当相>じゃなくなった。
(ズコッ)「なんでどすの?」って感じでしょ?
でも奇想天外・民主党にとってはこれくらい朝飯前だ。
単に「ちょっと飽きたから席替え~」ってところだろう。

だって民主党、これが民主党。

――――――――――――――――――――
一昨日、<自民党総裁選>候補者とその推薦人のブログへ再びコメントを書いた。
今度は、一箇所以外は“はじかれて”承認されなかった。
承認されたのは・・・   候補者本人のブログだけ。

本当におおらかで、“フェアな人”なんだなぁ。その点は良いと思うからこんなこと書くのは気が引ける。
がこの人について調べるほど、「失礼ながらこの人は総理大臣としてはやっていけない」という気持ちが強くなっている。
<長老たちに媚びない>と言われているが、けっこう意外に“長いものに巻かれ気質”?
<長老たちと距離があること>が“最大の売り”なんだけど、けっこう民主党に近い気がするし。
それなのに「最有力だ」との話だ。ほんとかね?ガセかな?ちょ~~っと怪しい。

各候補者には熱心に応援している“ファン”がいる。ほんと価値観ってのは<十人十色>だよね。
そういうのも“アリ”かもしれないけどさ、具体的・現実的な政策が一番大事じゃない?その上で<長老たちとも民主党とも“距離”がある>ならさらに良いと思う。
俺はあの候補者に特に思い入れがあるわけじゃない。
掲げている政策、その実現性なども考えると、あの候補者以外はマズいと思うんだけど。

ただ、テレビのネガティブキャンペーンが酷いらしいね?こんな話を聞くと応援したくなるのが人情ってヤツ?
本人がいるわけじゃないが、「この人、お腹大丈夫かね?また痛くなっちゃうんじゃない?」みたいにからかわれることが多いらしい。

あ゛?しつこくね?

自分ではどうしようもない病気のことだし。
こういう“ゆうしきしゃ”とかが10分後には「イジメはけしからん!」とか言ってんだろ?

でも「そういう程度のことしか“ケチ”をつけられない。政策面や能力面では“ケチ”をつける点がない。」という証拠じゃないか?


とにかく“復活”のためには、この先いくつものハードルがある。
その最初のハードルが明日の自民党総裁選だ。
第1ハードル<“復活”へ、再登板>はあっさりクリアして欲しい。

そして“真”総理に第2ハードルも早くクリアして欲しい。 



第1ハードル<“復活”へ、再登板!>

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング






 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ