人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2013年02月

“王様ゲーム”かよっ?!

以下の画像は一昨日の読売新聞(TPP賛成派)の記事。
「TPP交渉の中身は参加国だけ」130227_2125~010001


TPP交渉の中身は参加国のみに開示される。
交渉を有利に進めるためには、できるだけ早く参加を決め、情報収集を急ぐ必要がある。」と書いてある。

・・・じゃあ「交渉だけに参加して、TPPに加盟しない」ことは可能なのか?
“TPP賛成派”である<環太平洋経済連携に関する勉強会>が作った、 <第一回 環太平洋経 済連携 に関する研究会>という資料がある。

この25ページ、『TPPに関するよく聞かれる質問』という項目の中にその疑問の答えがあった。
一度交渉参加するともう脱退できない? ⇒
交渉参加と交渉結果を受け入れることとは異なる。交渉結果が日本にとって利益と費用の
均衡を欠いたものであれば、その時点で、受諾を拒否することも可能。脱退規定も交渉次第。

脱退」さえも、「可能」とか「交渉次第」だって!?・・・。「交渉次第」が多過ぎじゃね?

<交渉>って、たとえば10個争点があったら、超うまくいっても「7対3」、大抵「6対4」くらいでしょ。絶対何点かは“差し出す”ことになるよね?
なぜこんな<ハイリスク・ノーリターン(ノータリンじゃないよ?)のギャンブル>をしなきゃいけない?
普通はこんなバカみたいな話に乗らないはず。
具体的な内容がわからない。話を聞きに行ったら抜けられないかもしれない。じゃあ止めておこう。」と考えそうなものだけどねぇ。

“TPP賛成派”は「TPPには参加する」という前提で、理由をてきと~に後付けするから、話がメチャクチャだ。
TPP参加は、ぜったぁ~いっ!」みたいな話だ。
“王様ゲーム”かよっ?!


それは何の為か?大事なことは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング
 

「TPPの賛成派、反対派、それぞれ会合の出席者は何人ずつでしょう?」

“ゆうしきしゃ”は
早くTPP交渉に参加して、ルール作りに関わるべきだ!主導権を握るんだ!」と言っている。
ところが、「早くTPP参加表明しないと、入れてもらえなくなる!」とも言っているよね?

・・・すでに主導権“ゼロ”じゃね?
おい、“新入り”。お前は特別に入れてやったんだ。ルール作りも、後から入ってきたお前の意見を重視してやるよ。」って???

ーーーーー
昨日、自民党内のTPPの賛成派、反対派がそれぞれ会合を開いた。
さて、それぞれの会合の出席者は何人ずつでしょう?



自民党の「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加の即時撤回を求める会」は26日午前、会合を開き約150人が出席し~
 一方、TPP賛成派の「環太平洋経済連携に関する研究会」も党本部で勉強会を開き、約15人が出席。~』 (産経ニュースより)

真剣に<日本の国民のことを考えるべき>立場の国会議員間では、これだけ賛成と反対の数が違う。
世間が受けているイメージとは全然違うはず。

このブログを読んでくれている、そこのアナタ。
周りの人に、こうした状況については教えてあげて下さい。

この状況にも関わらず、もし安倍総理が「TPP交渉参加」を表明したら、俺ももう安倍政権を応援しない。
自民党も分裂すべきだ。
賛成派は、みんなの党や維新の会あたりとくっついて、<ジみんなの維新の会>を作るがいいさ。

でも安倍総理はわかってくれていると思うんだけどな。
この異常な「TPPに早く参加しろ圧力」を“いなそう”としてる感じがするのだが。
それを援護する為に、国民の大きな声が必要だと思う。


それは何の為か?大事なことは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング
 

「そうした方々のご要望にお応えするのが、この度ご紹介する<TPP>です!」

人として、倫理的にどうなのか?」は別にするとーーー
<学者・経済界・マスメディア>には、「日本の国民の人生を守る義務、メリット、理由」がない。
 国会議員にはそれらがあるからこそ、240人もTPPに反対している。


もしも俺が大企業経営者だったら・・・
(一瞬だけ“羨ましいような、虚しいような”気持ちになったが続けます。)

そういう立場だったら
 「とにかく儲けたい。その為にはコストをなるべく安くしたい。
  “国”なんていう小さな枠組みは邪魔だ。もっと大きな範囲で自由にビジ  ネスをさせろ。
  域内で一番安い人件費を自由に利用して、儲かりそうな業界に自由に  参入したい。
  <消費者保護、国民の安全の為の規制>だって?そんなコストのかか  るものは邪魔だ。」
   
  などと考えるかも。

そうした方々のご要望にお応えするのが、この度ご紹介する<TPP>です!」ってところじゃないか?


日本の経済界とマスメディア、“せんもんか”たちは、<TPP>という“外圧”を利用して、ビジネスに邪魔なものを手っ取り早く無くそうとしている。
<TPP>に参加すると、最終的には「域内で同品質のモノやサービスは、値下げ競争にさらされ続け、常に域内最低価格になっていく」と思う。
となれば当然、被雇用者の給料は減っていくだろう。
製造業も値下げを強いられるので、仮に売り上げは増えても、利益なんて出ないはず。

日本が生き残るためには、TPP参加は必要不可欠だ。
という話をよく見聞きするが、「日本の国民が~」とは言っていない点にご注意を。


それは何の為か?大事なことは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング
 

<TPP≒“THE悪徳商法”>

TPPに反対しているのは農業団体と、その支援を受けている一部の抵抗勢力だけだ!」という報道がある。
自民党内の半数以上、240人(<TPP参加の即時撤回を求める会> 
が「一部」ならば、全体では何人くらいいるのだろう?少なくともその4倍くらい、1000人くらいいるのかね?


TPPに関する資料-ーー

物品市場アクセス(物品の関税の撤廃・削減)やサービス貿易のみではなく、非関税分野(投資、競争、知的財産、政府調達等)のルール作りのほか、新しい分野(環境、労働、「分野横断的事項」等)を含む包括的協定として交渉されている。




以上のように「TPPは、農業だけの問題じゃない。
仮に「“聖域”は守られる」としても、<日本の全分野>これだけ広範囲の中から、どこを“聖域”にするの?

そして<国益>という言葉。
これはイコール<日本の国民の利益>じゃない。<日本の大企業の利益>だ。
近所に(韓国の国益=サムスンなど大企業の利益)という、
良い反面教師”がいるじゃない?
大企業が~」って書くと、どこかの党みたいでちょっと嫌なんだけど、実際にそうだからしょうがない。
TPPは大企業が商売をしやすくする為のもの」で、国民の為じゃない。

「詳しい説明もせずに契約させようとする、しかも解約できるかどうかもわからない」
<TPP≒“THE悪徳商法”>としか俺には思えない。
「違う」というのなら、ちゃんと説明してみて。

「“嘘100作戦”に負けない為には」

詳しい説明もせずに契約させようとする、しかも解約できるかどうかもわからない
こんな“悪徳商法”に引っ掛かるわけにはいかない。ーーー





色々と解釈できる余地があると思う。安倍総理は「参加する」とは言っていないし。
しかし“TPPストーカー”たちは大騒ぎ。
なるべく早い段階で決断したい』という安倍総理の発言を“歪訳”し→
今週中にも交渉参加表明だ!あとは農業団体と党内の一部の抵抗勢力をどう説得するかだ!」と。
自民党内の半数以上、240人(<TPP参加の即時撤回を求める会> )
を「一部」と・・・。

大手報道各社が見事に揃っている。本当に酷い、異常な圧力のかけ方だ。
<ちゃいなんとか>という国では、「政府が報道機関に圧力をかけている」らしいが、ここ日本では「報道機関が政府に圧力をかけまくっている」。

この連中の様子からして、もしもきっぱりと「TPPはNO!」と言ってしまうと“逆上する”ことが予想される。
だから安倍総理としては、「どちら側にも“NO”とは言わずに、中途半端な状態でのらりくらりと時間を稼いで、そのうちTPP自体がウヤムヤになって・・・」という展開を狙っているのかな?俺の願望込みだけど。


確認になりますが、TPPに関しては-ーー

経財産業省のTPPのページ 
物品市場アクセス(物品の関税の撤廃・削減)やサービス貿易のみではなく、非関税分野(投資、競争、知的財産、政府調達等)のルール作りのほか、新しい分野(環境、労働、「分野横断的事項」等)を含む包括的協定として交渉されている。

外務省のTPPのページ 

ジェトロのTPPのページ 


以上のように膨大な資料がある。
こうしたTPPの実態にも関わらず、「TPPは農業の問題だ」とか言っちゃうヤツは(   )だ。

 マスメディアは“嘘100作戦”(「嘘も100回言えば本当になる」作戦)のようだが、そうはイカの~だ!

“嘘100作戦”に負けない為には、まず「TPPは関税だけの、ましてや農業だけの問題ではない。」ということを多くの国民が認識し、
TPPは農業の問題だ!海外に打って出るんだ!」という人間に対して
え?アンタ※※?何言ってんの?!
と自信満々満々でツッコめるようにする必要があると思う。



「“自分達の希望や意見”と“事実”をゴチャ混ぜにしちゃうヤツは~だ!」と思う方はクリックを。
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ