人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2014年03月

『日本にカネはあります。/児童手当を受給している人へ』

日本にカネはあります。「政府は、税で集めた分しかカネを使えない」ということはありません。

消費税増税について、政府は『消費税率引上げによる増収分は、全て社会保障の充実・安定化の財源となります。
と主張しています。しかしこの話は不正確です。
消費税率が上がると増える支出、輸出企業に対する多額の還付金がありますから。
この還付金について、財務省のHP (https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html)から質問をして※、あらためて調べてみました。
消費税還付額 国税庁より
<国税庁HP http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/tokei.htm より作成>


ご覧のように、ここ数年は消費税収12~3兆円に対して、還付額が3~4兆円です。消費税率が8%になれば、5兆円弱にはなりそうですよね?
“消費税還付金”は立て替えた金額が戻ってくるだけだから、不正な利益ではない」と言う人がいますが、「不正かどうか?」は別にして、消費税に関してこうした支出があるのは事実です。やましい所がないのなら、堂々としていればいい。
これほど高額の支出が、ほとんどの国民に知られてないのは異常でしょう?


政府は消費税増税のダメージを小さくしようと、
<市町村民税(均等割)が課税されない人>に
<臨時福祉給付金(簡素な給付措置)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/rinjifukushikyuufukin/、

<児童手当の受給者>に
<子育て世帯臨時特例給付金> 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/rinjitokurei/index.html
(以上、厚労省HPより)
といった対策をとっています。該当する人はチェックしてみては?


日本にカネはあります。
「政府は、税で集めた分しかカネを使えない」ということもありません。
だから本当は、消費税増税をする必要などありません。

~~~~~
『毎年の<消費税の還付税額・国税分>はいくらでしょうか?また地方消費税分はいくらでしょうか?
それらの数値が、財務省のHP内のどこかにあるのならば、その場所を教えて頂けますか?
何卒、ご回答を宜しくお願いいたします。 』

この質問に対しての回答。
財務省ホームページへのアクセスありがとうございます。
お寄せいただいたご意見等につきましては、国税の賦課・徴収等を所掌しております国税庁からお答えいたします。
(財務省では制度の企画立案を所掌しており、制度の運用は財務省の外局である国税庁が所掌しております。)
----------------------------------------------------------------------------
消費税の還付税額については、国税庁統計年報において「租税及び印紙収入決算額調べ」として国税庁ホームページに掲載しております。
以下のURLから、各年分の「統計年報」をご覧ください。
→ http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/tokei.htm
(参考)
 国税庁ホームページの統計年報における掲載場所
 「統計年報」>「1 概要・租税及び印紙収入・租税負担率」>「租税及び印紙収入決算額調べ」  ※還付金支払決定済額

今後とも税務行政にご理解とご協力をお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------
※このメールは発信専用です。このメールにご返信いただいても回答することができません。ご意見・ご要望等ございましたら、国税庁の以下のホームページよりお寄せいただきますようお願いいたします。(http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm)
また、財務省へのご質問があります場合は、再度「ご意見箱」よりお寄せいただきますようお願いいたします。
(https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html)
財務省大臣官房文書課行政相談係
財務省ホームページ http://www.mof.go.jp/
財務省メールマガジン配信サービス http://www.mof.go.jp/e-service/index.htm 』



「“逆フィルタリング”は、いけませんねぇ」と思う人はクリックを
人気ブログランキング

『“消費税増税に負けない節約術”をやろうと思っている人へ /<消費税増税の悪影響を無くす方法>』 ーーーーー

今日は<消費税増税>についてです。

私は安全保障政策や“歴史問題”では、政府の方針に賛成です。
しかし経済・財政の方針には反対するものが多いです。

いよいよ“消費税8%”が間近に迫ってきました・・・。
このところ、「“消費税増税に負けない節約術”!」というような言葉を見聞きする機会が多いです。
家計を守りましょう」等と、なんだか“ウキウキワクワク”楽しそうな者さえいます。

しかし消費税増税の最大の問題は、まさにこうした行動が起こることです。
なるべくカネを使わないように節約しよう。少しでも安いモノを買おう。」と皆が心がけて行動すれば、
<企業は安く売る為に人件費を減らす→従業員の所得が減る→消費が減る→企業はさらに人件費を減らす→所得が減る・・・>という悪循環に突入します。

それぞれが<自分の家計を守るための最善の行動>をとると、お互いで首を絞め合うような結果になる。(“自分の所得が、世の中の経済状況に左右されない人”は別ですが)
 
今後の景気は、「皆がこの先どれだけカネを使うか?節約しないか?」次第。
<消費税増税の悪影響を無くす方法>は、<皆が節約せずに、増税前よりもカネを使うこと>です。
そんなことは難しいでしょうけど。

<景気が良い>とは、「世の中に流れるカネの量が多くて、流れが速いこと」です。
<消費税増税>は「世の中からカネを吸い上げ(流れるカネの量を減らす)、流れを悪く(遅く)させる政策」です。
すなわち“THE逆噴射”政策

~~~~~
このところテレビや新聞で、<政府広告>を目にすることも多いです。
昨日の産経新聞には『“会社の借金で命を捨てないで”  中小企業経営者に向けた自殺対策
 <政府広報オンライン> http://www.gov-online.go.jp/pr/media/paper/tsukidashi/1199.html

というものが載っていました。
<消費税増税>の悪影響をわかっているのですね、わかっていて・・・。
以下のグラフを見てください。自殺者が急増したのは、前回の消費税増税後です。
H25_jisatunojoukyou_03[1]-page-002
(警察庁HPより)



消費税8%増税の悪影響が、なるべく小さくなるように願っています。

<すぐ近くに“2日で46発のミサイルを発射している国”がある現実>へ対応できる憲法を

前回、「<平和のための琉球自立独立パレード>なるものが、東京と沖縄で行われたようです。」と書いたのですが、“東京版”は行われませんでした(一応、“延期”らしい)。ゴメンなさい。

沖縄では開催されましたが、参加者が約30名程度だったそうです。
“琉球独立”を願っているのは、沖縄県民多数ではなく、ごくごく少数ということですね。今後も油断はできませんが。

その延期になった“東京版”のお知らせのサイトには
『東京連帯行動平和のための琉球自立独立パレード   決死隊参加! 行動貫徹! 
参加予定者 2,590人
パレードが荒れる可能性があります、ヘルメット着用! 
国内のマスコミからも取材申込みがきています。
内部情報は漏らさないようにして下さい。』
との記述があります。なんだか穏やかじゃないですよね?
~~~~~
今日は憲法についてです。
憲法は解釈も含め、一切変えてはならない!とにかく今の憲法を守れ!」という者たちがいます。
<国民の命や安全>よりも<憲法>の方が重要だということですかね?

私は
最も重要なのは<国民の命や安全>で、<憲法>ではない。だから現実に対応できるように変えるべきだ」と思います。
今は「日本のすぐ近くには“2日で46発のミサイルを発射している国”もあり、いつ何が起きてもおかしくない状況」です。
~~~~~
<北、2日連続でミサイル発射…米韓訓練けん制か>http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140323-OYT1T00158.htm?from=ylist (ヨミウリオンラインより)
『~北朝鮮軍は23日午前0時52分から同2時21分にかけて、東海岸の元山付近から日本海に向けて短距離ミサイル計16発を発射した。
 射程は推定60~70キロ・メートルで、公海上に落下した。22日にも短距離ミサイル計30発を発射しており、2日連続。~』

<北朝鮮内乱時の拉致被害者救出を米に要請、首相が明らかに>
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140306/plc14030600200000-n1.htm (産経ニュースより)
『国外での有事の際には自衛隊法による邦人輸送の仕組みがあるが、派遣国の同意が前提であり、拉致被害者救出で同国の同意を得るのは困難との判断がある。
自衛権の行使として自衛隊が救出活動を行うことについても首相は「わが国への武力攻撃が発生していない事態では発動要件に該当しない」』
~~~~~
現状の日本の憲法に従うと、「北朝鮮で内乱が起こった場合も、北朝鮮政府の同意がなければ自衛隊は救出活動ができない。
 だからアメリカ軍に邦人救出を頼むしかない。
 でもアメリカ軍が攻撃されそうになっても、日本は何もしてはいけない。」
そうです。
オカシナ話だと思いませんか?日本は憲法でがんじがらめになっているのです。
このところ「憲法~」、「集団的自衛権~」という話を数多く見聞きしますが、いつまでも結論が出ないように感じます。

しかし日本の現状からすれば、
「いつまでものんびりマイペースで、“憲法議論”を楽しんでいる場合じゃない」
「今は“能書き”はいいから、とにかく早く<現実への対応策>を出してくれ」
と強く思います。

「~は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」
と言いたいです。

ウクライナのような問題が、いつか日本でも?/電話番号偽装の件

ウクライナの件は、「欧米が正義の味方で、ロシア=100%悪では無い」と私は思います。
同様の構図だった、シリアは中途半端に放置されたままで、泥沼の内戦が続いています。ウクライナがシリアのようにならないことを願っていますが、この記事↓を読むと、けっこう心配・・・。
<【社説】オバマ大統領の実体暴露したゲーツ元国防長官の回顧録 WSJ>
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304893004579311602889827512.html


それにしても結局、どの国も自国の都合で動くのですよね。しょうがないですけど。
この問題の根本には
民族、言語、文化が違う人々が、ひとつの“国”を形成している」ということがあると思います。
理想は、「そうした違いを乗り越えて、色々な人が仲良く暮らすこと」でしょうが、実際はとても難しいことなのでしょうね。

こうした状況下で「日本も移民を受け入れるべきだ」などという話が出ています。
<竹中平蔵氏「移民を受け入れればいいんですよ」〜日本に移民政策は必要か【争点:少子化】>(ハフポストより)
http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/24/immigration_n_3642850.html

パソナの取締役会長は、目先のことしか考えていないのでしょう。数十年後に起こりうる問題なんて知らねぇ、と。

また、今日は
<平和のための琉球自立独立パレード>なるものが、東京と沖縄で行われたようです。
沖縄県内からも懸念の声があります。 
<県民の望まない〝琉球独立〟 兼次 映利加>(八重山日報より)
『~沖縄はこの美しい自然と、それに育まれた魅力たっぷりの独自の文化を国内・海外へどんどん発信し、発展の新しい成功モデルを築くことも可能なのです。
 しかしその一方で、おしとどめなくてはならない不穏な動きがあります。それは県民の望まない〝琉球独立運動〟です。~


これらの話を読んで、私は色々なことを想像してしまいます。
「ウクライナのような問題が、いつか日本でも起こるかもしれない」と。

~~~~~
全く関係ないお知らせを2件。
<発信者電話番号が偽装されて着信する通話について 一般社団法人 電気通信事業者協会>http://www.tca.or.jp/information/camouflage.html
『携帯電話・固定電話に警察や自宅などの電話番号が偽装表示され、電話に出ると詐欺等の行為にあうといった事件が発生
◇ 新聞報道された事例
事例1:自宅の電話番号が偽って表示される。 
事例2:実家の電話番号が偽って表示される。 
事例3:警察の電話番号が表示される。

◇ 対策
携帯電話・固定電話に自宅や警察などの電話番号が表示される不審な電話があった場合は次のことをお勧めします。
自宅や警察などの電話番号の表示があっても、不審な内容の電話については一旦通話を終了し折り返し電話をかけ直し確認する。
詐欺等の疑いがある場合には速やかに近くの警察へ相談する。』

<発信者電話番号が偽装されて着信する通話について NTT docomo>https://www.nttdocomo.co.jp/info/safety/camouflage.html

~~~~~
(以下の署名は今月末までです。)
<「慰安婦問題」に関する河野談話見直しを求める国民運動(署名活動)について  日本維新の会HPより>
https://j-ishin.jp/legislator/news/2014/0221/1386.html

『STAP細胞、小保方さんの割烹着やカラフルな実験室は演出?』

今日は“STAP細胞騒動”についてです。
今まで「ワッショイ!ワッショイ!」と担いできた面々の“掌返し”は見事ですね。
小保方さんばかりが批判されるのはオカシイと思います。
この論文には、他にも“名のある”人が関わっていますし。


あの割烹着やピンク・黄色の実験室は、<STAP細胞発表会見>の為に用意された演出だ」という話があります。
<STAP疑惑底なし メディア戦略あだに>http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140315070914336 (中日新聞より)

これが事実なら・・・メディア戦略としては大成功でしたね。
マスメディアはバックリと喰いつきましたから。
しかし肝心の研究論文までもがニセモノだったら・・・より一層残念ですね。一体何が本当なのでしょう?

今の世の中は、<モノガタリ><話題性><イメージ>が重視され過ぎだと感じます。
“中身“よりも“包装紙”が大事だ」というような。
良くない傾向ですよね?


最初にSTAP細胞の話を聞いた時は(何だかよくわからんが、そのうちお手ごろ価格で“新品同様の身体”に取り替えられるようになるかも?)と、私は少し期待していたのですがねぇ。
まぁ、このポンコツボディで生きていくしかないですねぇ。いつか“お迎え”が来るその日まで。
“決して取替えられない”という意識があった方が、誰もが自分の身体を大切にする」という効果もあったりしますかね?
 
このSTAP細胞騒動は、“舞台裏”こそがなかなかのモノガタリかもしれません。「かつてのトップ研究者が嫉妬と焦りから、やってはならないことをやってしまった」という。 

~~~~~
参考
<体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見>http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140130_1/ (理化学研究所) 


(なぁ~んか変だなぁ変だなぁ~。おかしいなぁおかしいなぁ~。)って思う人はクリックを

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ