人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2014年09月

収入と消費(支出)って、コインの裏表のようなものでは?/過去の消費税増税時よりもヤヴァい・・・

収入と消費(支出)って、コインの裏表のようなものじゃないでしょうか?
「多くの人は収入が減れば消費も減らす。収入が増えなきゃ、消費も増えない」という。
ーーー
先月も5〜8月と同様、収入・消費支出ともに減少している」という経済指標が発表されました。
 
< 家計調査(二人以上の世帯)平成26年(2014年)8月分速報 (平成26年9月30日公表)  総務省統計局>
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm 


着実に「消費(支出)減→売上減→収入減→消費(支出)減→売上減→収入減・・・の悪循環」にハマっている気がします。
感心してる場合じゃないですが、消費税増税のブレーキ力?破壊力?って凄いですねぇ・・・。

過去の消費税増税時と比べると、今回の方が状況が悪そうです。
 過去の消費税導入時等との比較  fies_rf1-page-001
<過去の消費税導入時等との比較  総務省統計局>
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_rf1.pdf

「個人消費(支出)の回復が遅れているが、来年の消費税10%は確実に実行すべきだ!もし増税を先送りしたら、大変なことになる!」と脅す人間もいますが、
「“回復する“って、本当に回復するの?どういう根拠で?」と聞きたいです。
先送りしなければ大変なことになる」と思います。その方が現実感がありませんか?

それどころか
「5%か0%への消費税減税」を真剣に考えないと、ヤヴァイですって。 




それは何の為か?大事なことは何か?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング
 

“アベノミクス”の為に、現実経済を犠牲にする?それじゃア〜ベ〜コ〜ベッ!

「日本経済を良くする」というのが<目的>、“アベノミクス”はその為の<手段>。
ーーー
消費税率10%への引き上げを先送りすると、“アベノミクスがうまくいかなかった“と烙印を押される』と言う人間がいます。自民党の谷垣幹事長や公明党の山口代表も、こうした発言をしています。※

しかしこれはオカシイ。「烙印を押される?だから何?」と聞きたいです。
どこを、誰を見ているのでしょうね?
日本経済の実状はどうでもいいから、“粉飾“しろ」という意味に取れます。
今年4月の消費税増税までは、“アベノミクス”はうまくいっていた。しかし増税したことで失敗に向かっている」事は見ないふり?


そもそも「日本経済を良くする」というのが<目的>で、“アベノミクス”はその為の<手段>だったはず。
「手段の為に目的を犠牲にする」・・・
<健康の為に始めたダイエット>→<いつしか体重を減らすことが目的に>→<体重は減ったけど、不健康になった>みたいな話でしょう?


もしあなたが、谷垣幹事長か山口代表に近所で会ったら言ってやって下さい。
「逆でしょ?!逆、逆! あ〜べ〜こ〜べっ!」と“アンガールズのスレンダーな方“の真似をしながら。
〜〜〜〜〜

 <谷垣法相、消費税引き上げを訴え 明言しない首相を牽制 朝日新聞ドットコム>
 http://www.asahi.com/articles/ASG8L5D1GG8LUTFK00T.html

<消費税率:公明・山口代表が引き上げ見送り論を強くけん制  毎日新聞>
http://mainichi.jp/select/news/20140924k0000m020105000c.html 


それは何の為か?大事なことは何か?
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング
 

「消費税増税先送りすれば、海外からの信用が低下する」は根拠のない話

消費税増税の最大の特徴は、「多くの国民の所得を減らす点」。
日本の現状で、“消費税10%へ増税“なんて、絶対にやっちゃダメなやつです。


でも、(できれば止めて欲しいけど、仕方がないな・・・)と多くの国民が諦めるまで、あの連中はあの手この手を使ってくると思います。 <根拠・証拠・理屈>じゃなく、“<声の大きさ・しつこさ・イメージ>勝負“で。

あれ、どこかの国にソックリ(笑)。
ーーー
<首相、消費税引き上げどう判断?  産経ニュース>
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140921/plc14092110390003-n1.htm 
『先送りすれば、海外からの信用低下を招き、社会保障費は財源不足に陥りかねない。』

財源不足〜』については、また後日書きます(日本の場合、“財源の問題“はありません)。
海外からの信用〜』っていうのは、オカシナ話。

“信用度“は、<長期金利>が目安になります。
<金利が低い=信用度高い /金利が高い=信用度低い>(カネが返ってくると信用できるから、金利は低くてもいいよ。 /お前はあまり信用できないから、高い金利じゃないと貸さないよ・・・という理屈)

長期国債利回り推移 i03010111
<通商白書2013 経済産業省>
http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2013/2013honbun/i3110000.html

一番下の紫色の線が日本の金利。
この傾向は何十年も続いていて、今年はさらに下がって「0.5%台」になってます。
金利によれば、「日本は世界で最も信用できる国(財政破綻の可能性が低い国)だ」との評価です。

一方、「日本政府の借金が増え続けている」のは一応事実。
公債残高、我が国の財政事情2013.12 04-page-006
<我が国の財政事情 財務省>
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2014/seifuan26/04.pdf

ただ、「日本政府の借金が増え続けている中で、金利は下がり続けて(信用度が上がって)いる」。という事は・・・

海外の人々も含めて、「日本が破綻する」なんて、本当は思ってないのでは?
私らにとっての“借金“と、日本政府にとっての“借金“は別物なのでは?



日本の場合、財政に関しては海外勢の顔色を伺う必要はないです。
「『海外から〜』という権威?外圧?で脅すパターン」ですけど、お気になさらずに。
消費税増税は日本国内の問題ですから。
5%への減税」を真剣に考えるべき状況なのに・・・。

〜〜〜〜〜
<臨時給付金 厚労省>
http://www.2kyufu.jp/
の手続きしました?今月いっぱいの所もあるので忘れずに。


 
国の財政と家計は別物でしょ?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング

“風を起こす“、これぞ韓国。

<バドミントンで風操作か アジア大会、コーチがJOCに報告  日本経済新聞>
 http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10735_S4A920C1000000/

これぞ韓国!

韓国での開催だから、こうした事は他にもあると思います。「韓国国民を喜ばせること」が最優先でしょうから。
今大会は地元開催という事もあり、一段と力が入っています。
メダル獲得総数で、中国に負けるのは仕方がない。でも、2位は絶対に死守するんだ!日本に負けるなんて許されない!もし負けたら“戦犯“を探して責任を取らせる!」という意気込みを感じます。

以前も“レーザーポインター攻撃“とかありましたよね?
“こういう国“だという事が、日本や世界に知れ渡るなら、良い出来事だったと思います。
試合で実際に不利を被った選手は、頭にくるでしょうけど。

今後注意すべきは
「水泳での“ジェットバス“」
「陸上競技でのマキビシ」
「サッカーゴールの大きさが違う」

といったものでしょうか?いや冗談、ですよ?
あ、あと食事は大丈夫でしょうかね?

日本選手の皆さんには、「無事、元気に帰国してね」と言いたいです。

“スコットランド問題を口実にする連中と“吉田調書を“日本版セウォル号事件“にする連中

“スコットランド問題“は、日本にいる“その筋の連中“にとって、良い口実になるのでしょうね。

民意は尊重されるべきだ。沖縄の民意は“辺野古移設“に反対だ。沖縄の民意を無視するのか?!それは差別だ!沖縄は独立するしかない!」とかなんとか。

< 英の住民投票―国の姿を見直す契機に 朝日新聞デジタル>
 http://www.asahi.com/paper/editorial.html#20140920
< 辺野古移設の是非 下地氏「県民投票で」  ヨミウリオンライン>
 http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/feature/TO000344/20140919-OYS1T50013.html
『 県民投票で反対の民意が示された後も政府が移設計画を進める場合、「県民の意思が無視されたら、次は(日本からの)独立の賛否を問う県民投票が選択肢としてある」』
<「沖縄の独立運動」紹介 英紙ガーディアン 沖縄タイムス>
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=83514 
<スコットランド独立住民投票 沖縄主権回復の事例に 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-231847-storytopic-1.html

そんなバカな。まさか。」
「まさか」は「起きること」として対策すべきだと思います。
~~~~~
“福島原発・吉田調書“を朝日新聞(笑)がねつ造し、その報道をきっかけに、「日本版セウォル号事件」と外国メディアに報道された件です。

 これ、“慰安婦問題の吉田証言“とは異なり、最初は動機(誰の為?)がよくわかりませんでした。
これらの調書※ は先日公開されましたが、当初は非公開の予定でした。
朝日新聞に情報を漏らしたのは誰なのか?
もし非公開のままだったら、誰が得をしたのか?

<「菅前首相は日本を救った」と細野環境相 産経ニュース>
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/dst12072423480020-n1.htm

<周囲も認める菅元首相の激高ぶり、朝日はなぜ擁護したのか 【阿比留瑠比の極言御免】 産経ニュース>
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140918/stt14091808270003-n1.htm

“得“とはちょっと違いますが、“喜んだ“人間は他にもいます。「常に日本よりも上の立場でいたい」、あの人々です。“セウォル号事件“で自信を失っていたから、この朝日新聞の報道は嬉しかったでしょうね。 
あぁ、我が国だけじゃなかった。日本人も同じように逃げ出してた (笑)!」って。 
あくまでも私の想像ですけど。

規模や性質が違うし、時期からして、“日本版セウォル号事件“って言葉が思い浮かびます?ちょっと変でしょう?初めに言い出したのは誰なのか?

いや、まぁ別にいいんですけどね。朝日新聞社が世界に対して、社の全てを賭けて訂正報道を繰り返してさえくれれば

何しろ、“世論戦“って重要ですね。

~~~~~

< 政府事故調査委員会ヒアリング記録 内閣官房>
 http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/hearing_list.html 

経験は最良の教師である。ただ授業料はやたら高い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ