人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2015年01月

アレは“国”ではなく、“過激派組織” あいしる(ISIL)

あーだ」「こーだ」騒いだり、未確認情報に一喜一憂してもしょうがないと思います。

ただせめて、“イスラム国”って呼ぶのは即止めた方が良いかと。
多くのイスラム教徒とは別物ですし、アレは“国”ではないし。
もう何百回と連呼され続け、幼稚園児あたりまで覚えてしまったかもしれませんが。
アレは

“過激派組織”あいしる(ISIL)

だそうです。

〜〜〜〜〜
< 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 世界のテロ組織等の概要・動向  公安調査庁>
 http://www.moj.go.jp/psia/ITH/organizations/index.html 
 『イラクなどで活動するスンニ派過激組織。イラク政府,シーア派住民などを標的としたテロを実行。各種声明の発出を始めとして,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)名などで活動。』

“静かにただただ願うだけ”にした方がいいかも

もう私たち普通の国民は、“静かにただただ願うだけ”にした方がいいかも。


「テロ組織との取り引き」ではなく「ヨルダン政府との取り引き」ならば“アリ”に思えるから、「助けたい気持ち」が大きくなりますね・・・
難しい!
どうすりゃいいかわかりません。


むこうは日本の世論をかなりしっかりとチェックしてるようで「日本の“アレ”な人たちを煽るようなメッセージ」に変わりましたよね?

 日本は揺さぶられているように感じます。色々ゴチャ混ぜにして“安倍政権批判に利用してる”連中もいるし。


それにしても日本政府の人たちは大変ですよね?
どうなろうとも批判されるでしょうから。 

「どんな善人でも、それとは無関係に酷い目に遭う」この世界の残酷さ。

日本のマスメディアと国民が、これほど“PR活動に協力”してしまうと・・・既にあの連中の思う壺かも?

あの誘拐されている人が、どんなに思いやりのある素晴らしい人か?」がさかんに報道されています。
でも「善人だからといって、酷い目に遭わないわけじゃない 」のが、この世界の残酷さ。

この先に起こりうる悪影響を考えずに、「何よりも2人の命を優先すべきか?」と言えば、そりゃあ「その通り!」でしょう?
でも現実にはあの2人以外の人命もかかっている。“顔のある犠牲者効果”っていうのでしたっけ?)
人道支援を中断したら、失われる命がある
あの連中と取引きする事は、また別の新たな犠牲者を生むことになる」 
と考えると・・・後藤さんご本人はどう思っていますかね?

あの人は素晴らしい人間のようで尊敬します。生きて帰国できることを願ってはいますが。
あの異常な集団は、“過激さがウリ”だそうですし、私たちとは異次元の価値観を持っているようですから・・・。


 

「日本の財政を家計に例えると〜」っていう、“○○なじょーしき”

日本の財政を家計に例えると〜」っていう話は、“○○なじょーしきランキング”の第1位かも。
この“じょーしき”が非常識になれば、日本の状況はかなり改善するはず。


<一般家庭に例えると…収入595万円、新たな借金369万円 日本経済新聞>
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H5V_U5A110C1EAF000/ 

家計の支出と違って、“国の支出”はほとんど国の内部でのカネの移動・循環に過ぎません。
家計に例えた「おじいちゃんの介護や医療費(社会保障費)に315万円かかる〜」というような話の場合、その支払い先の事業者が黒字だったら法人税が、スタッフの給料には所得税、その給料で買い物をすれば消費税がかかる。
またその買い物先の事業者に法人税、スタッフに所得税、消費税・・・・・全ての税金は戻っていって“国の収入”になる。

“国の支出”には、“国の収入”に直結している部分がありますし、“家計”とは別物でしょう?



 国の財政と家計は違うのに。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング

「日本の財政を家計に例えると〜」という話に納得しかけている人、ちょっと待って下さい

国の財政を“家計”に例えると〜』※ って、とても分り易い。
でも適切でしょうか?

収入の合計は595万円、支出(歳出総額)は963万円で収入の約1.6倍〜
というような話がありますが、
「それはどこからの収入で、どこへの支出なのか?」

国の財政規模のみかたについて tokkai2512_05-page-004
<国の財政規模の見方について 財務省>
www.mof.go.jp/budget/topics/.../tokkai2207_05.pdf

“国”(日本政府)は、国内の人間から集めた(税金等として徴収or国債として借りた)カネを、国内の誰かに支払っている
 
“家計”だったら「カネは外から入ってきて、外に出ていく」という“別の家計”とのやり取りがある。でも“国”としては、そのほとんどが内部でのやり取りになる。


そして
日本政府は(日本銀行を介して)カネを発行できます
「カネを発行できる“家計”」なんて変でしょう?
〜〜〜〜〜

<一般家庭に例えると…収入595万円、新たな借金369万円 日本経済新聞>
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H5V_U5A110C1EAF000/ 

 <時事ドットコム:【図解・行政】2015年度予算案を家計に例えると…(2015年1月) http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_yosanzaisei20150114j-03-w430 @jijicomさんから>


(なぁ~んか変だなぁ変だなぁ~。おかしいなぁおかしいなぁ~。)って思う人はクリックを
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング
 



 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ