人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2016年04月

『28日(木)まで、三角港で入浴提供』

<避難所におけるアレルギー疾患を有する被災者への対応について 厚生労働省>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000122165.html

<国土交通省 【熊本地震 お知らせ】>
『本日26日(火)から28日(木)まで、三角港で九州地方整備局の所有船による入浴提供を実施しています。』
http://www.qsr.mlit.go.jp/n-kisyahappyou/h28/data_file/1461580868.pdf … pic.twitter.com/38BLzrddqL
 
――――――――――――――――――――
何度目でしょう?(嫌なことや腹の立つことが多くても、"普通の生活"がおくれているだけでラッキーなのかも)と感じます。(私の問題なんてメッチャちっぽけな、"どーでもいいこと"だ)とも。

しかし“不払いのバイト代”の件は私だけの問題じゃなくて、ささやかながら世の中の為でもあるかな?
あんな"逃げ得"を許していたら、世の中が良い方向に進むわけがないから。

(こんなことはさっさと片付けたい、なんとか大型連休までには。)と思っていたのですが、終わりませんでした。
残念。

でも"下ごしらえ"は終わりましたよ。
はあぁ本当に面倒だった。


 

「慢性の疾病を抱える子ども・難病の患者の方の避難生活等に関する相談先等」

(みのもんた、さんはいい人なのかもしれないな)と思いました。
きっと皆の"批判欲"を受け止める為に・・・。"サンドバッグ"が不足していると感じて、自分を犠牲にしたのでしょう?
他の誰かを叩くなら、代わりに俺を叩け!」ということでしょう?
そうに違いない×2。


本当にいつどこで何が起こるかわかりません。モノの準備と、心の準備が必要だと思います。
――――――――――――――――――――
<「東京防災」の作成について|東京都> http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/08/20p8l300.htm
2 「東京防災」の内容
 (1) 大震災シミュレーション(地震発生の瞬間から避難、復興までをシミュレート)
 (2) 今やろう 防災アクション(今すぐできる災害の備え)
 (3) そのほかの災害と対策(地震以外の東京に潜む様々な災害と対策の解説)
 (4) もしもマニュアル(災害発生時に役立つ知恵や工夫をイラスト付きで解説)
 (5) 知っておきたい災害知識(災害に関する知識のまとめ)
 (6) 漫画 TOKYO“X”DAY(かわぐちかいじ氏オリジナル漫画)

――――――――――――――――――――
 <平成28年熊本地震関連情報 > 「慢性の疾病を抱える子ども・難病の患者の方の避難生活等に関する相談先等について」 厚労省>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000122249.html

○難病患者の方向け(療養等に関する相談)
 ・熊本県難病相談・支援センター
 HP:http://kumamotonanbyou-center.org/ 
 電話:096-331-0555
 メール:nanbyo-0555@extra.ocn.ne.jp

 ・大分県難病相談・支援センター
 HP:http://nanbyo-o.server-shared.com/center.html 
 電話:097-578-7831
 メール:nanbyo-o@tempo.ocn.ne.jp

 ・宮崎県難病相談・支援センター
 HP: http://nanc15.ec-net.jp/ 
 電話:0985-31-3414
 メール:上記ホームページの問合せフォームより

○小児慢性特定疾病の方向け(療養等に関する相談)
 ・熊本県管内保健所
 HP:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hokenjo/h_43.html

 ・大分県管内保健所
 HP:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hokenjo/h_44.html

 ・宮崎県管内保健所
 HP:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hokenjo/h_45.html

○医療従事者等の方へ(難病・小児慢性特定疾病に関する医学的情報等)
 ・難病情報センター 
 HP:http://www.nanbyou.or.jp/ 

 ・小児慢性特定疾病情報センター
 HP:http://www.shouman.jp/

ドローンが撮った熊本。 /堂々と"他人任せ"にしましょうよ

(ドローンで撮影してないのかな?)と思っていたのですが、してました。
国土地理院のサイトに、無人航空機(UAV:Unmanned aerial vehicle 通称ドローン)による動画などがありました。
熊本地震000139668
<平成28年熊本地震に関する情報  国土地理院>
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/H27-kumamoto-earthquake-index.html

――――――――――――――――――――
支援物資について。
3.11の時に、送られた大量の支援物資がさばけずに積み上がり、問題になってましたよね?
だから今熊本では「どの避難所に、何を、どれだけ送るか」の調整もしているはずです。
個人の小さな善意で少量の物資を送るのも控えた方がいいのでは?
まとまった数量じゃないと現地で配りにくいだろうし。

うまくやってくれているはずです。信じて任せましょう。
他人まかせです。

こんな時に他人まかせかよ?酷い奴だなぁ。」という自分からの批判と気分の悪さも受け止めて、堂々と他人任せにしましょうよ。

スポットライトが当たらない人たちも、頑張ってくれているはずです。
どうかご無事で!
―――――――――――――――――――― 
以下<F/松田健次>より
 『(東京から福島へ向かう)道中いくつかの箇所で補修工事が行われていた。
黙々と行われる補修工事を見かけながら、壊れた風景を直すために最初に必要なのは祈りでも言葉でもなく、現場の肉体労働なのだという当たり前のことが胸を圧した。』




ニュースも見ずに、自分の無力さを味わっていようと思います

余震、しつこ過ぎませんか?もういい加減にしろ、と。

テレビ各局「キャスターが現地から緊急報告!」的な言葉を見聞きしますが、"報道魂"を抑えられないの?あとで「あの人、現地に行ってないよね?」と後ろ指さされ組になるのが怖いの?

大きな余震が続いている中で、報道陣も救助の対象になりかねない。
現地の負担を増やすだけで、邪魔な存在ってことはありませんかね?


相手の立場になって考える―――。
テレビ局側としては、どうなれば「嬉しい」と感じるか・・・、「やって良かった。またやろう!」と思うか・・・。

私、ニュースも見ないようにします
そして何もせずに、現地で頑張っている人たちの活躍を信じ、ただただ無事を願っていよう、と。
まだ“小さな親切、大きな迷惑”になりそうですし。 
「こんな時に何もできない自分」という無力感、嫌〜な気分を、しっかり味わっていようと思います。


“デマ・ツイート”する人間も、どうなれば「嬉しい」、「やって良かった。またやろう!」と思うか・・・。
もし見かけたら、静かにサクッと、通報だけします。




 

気持ちを抑えて「静かに願うだけ」という協力のしかたも

縦揺れですか?横揺れですか?」って、そんなに重要?今どうしても聞かなきゃいけないこと?

現地にいる人への電話取材って必要ですかね?むこうの人の時間を奪うでしょう?テレビ局は変な習慣を止めて欲しいです。

色々知りたい気持ちをぐっと堪えて、静かに願うだけ」という協力のしかたもあるんじゃないかと。

<災害用伝言ダイヤル(171)>
https://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html


以下、再確認の為に。
<生き残る判断 生き残れない行動 /アマンダ・リプリー>という本より抜粋。
――――――――――――――――――――
『・いかなる種類の災害でも私達は、まず現状を“否認”しがち。比較的多くの人が、パニック状態とは正反対に目も耳も心も閉ざしてしまう。そういう人は動作が鈍くなり、感覚が失われたようになる。
・自信が命を救う
・人は(対処できる)と思えば極度のストレス下でもうまく行動できる
・人は恐怖の対象について深く知るほど、その分恐怖を軽減できる
・外出先でも非常口や避難経路をチェックしておく
・頭で考えなくても、体が自然に動くように練習しておく
・災害に備えての準備が完璧であろうとなかろうと、準備をしていれば自信がつくので不安は軽減され、より適切な行動を取れるようになる』
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ