人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2017年09月

『あの世ってどんな所かしらね?でもきっと~』

今日はわたくしごとです。

ーーーーー
今年の5月、長年お世話になっている人のすい臓にガンが見つかった。手術はできない状態だった。
お礼を言おうかとも思ったけど、「今までありがとうございました」なんて言えなかった。

その後何度かお目にかかったが
「ご苦労様。今日もいい天気ね。」
<私>「こんちは!そうっすね!?いい天気です!」
といった挨拶だけで、お礼は言わなかった。
後悔はしてない。
 
ーーーーー
『あの世ってどんなところかしらね?
 でもきっといいところよね?
 だって行ったきり誰も戻って来ないもの。ウフフフフフっ(笑)!』と話していたそうだ。
いつものように大きな声で笑っている姿が目に浮かぶ。

<私>「そうですよね!『あの世はひどいところだ』って言う人、見たことないですもん(笑)。そういえば、今日葬儀の会場にすごいたくさんの人が来たんですよ?周辺の道路は大渋滞。」
「へ~。じゃあ近所の人は大迷惑だったんじゃない(笑)?」
なんて会話をいつでもできそうなのに、まさか・・・信じられない。
思い出すほど喉の奥が詰まった感じになる。
この世は残酷だ。


もう痛みや苦しみから解放されましたよね?
どうか安らかにお眠り下さい。
今まで本当にありがとうございました。
またいつか、お会いできる日を楽しみにしております。

私らの税金がキタの核・ミサイル開発に

賛成はできませんが、中国政府はアメとムチの使い方が上手だと感じます。

ミサイル防衛システム(サード)を配備した韓国に対しては経済制裁。
領海を争うベトナムに対しては海賊ばりの暴力、脅し。
中米パナマには“アメ”を使って、台湾と断交させたようです。
――――――――――――――――――――
<「キムチばかり食べて頭おかしくなったのか」 中国がTHAAD配備で韓国罵倒 報復の経済損失は8500億円もなすすべなく>
http://www.sankei.com/world/news/170913/wor1709130055-n1.html
 
<ベトナム漁師が語る、中国船による漁船襲撃の実態 南シナ海> https://www.cnn.co.jp/world/35083060.html @cnn_co_jpさんから

<【緊迫・南シナ海】中国がベトナム漁船を相次ぎ襲撃、1隻は沈没 「魚を奪われ漁具壊された…」> http://a.msn.com/01/ja-jp/AAqDkvC?ocid=st

<BBCニュース - ベトナムが南シナ海での石油掘削を停止 中国から脅しと業界筋> http://www.bbc.com/japanese/40701694

<パナマの副大統領「台湾断交は中国との経済強化が目的」 | NHKニュース  > http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011126251000.html

〜〜〜〜〜
中国政府は相手や状況によって手段を変え、“あの手この手”を使って自分の主張を通そうとします。
「日本政府は中国政府を見習うべきだ」とは言いませんが、 いくらなんでも甘すぎじゃないですかね?

平成28年5月12日の国会<北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会>で松原仁議員は
『日本の公的機関(京都大学や東京大学など)から北朝鮮に<核・ミサイル開発に役立つ先端的技術>が流れている可能性が極めて濃厚であると私は認識しております。感想を両大臣にお伺いしたい。』
と政府に迫っています。

平成29年02月22日の国会<予算委員会第三分科会>でも山田賢司議員が同様の指摘をしていますが、政府は消極的な姿勢。
最近はかなり積極的になりましたが、なぜ日本政府はこんなに及び腰だったのか?
過去のそうした対応が今の状況を生みだしたのでは?

これはいつも政府批判のネタを探している面々、核兵器反対を訴えている議員の出番です。
大いに批判するべきことだと思います。
政党交付金が北朝鮮に流れていた疑惑(菅総理と民主党がらみ)」も解明されてませんので、“疑惑大好き”な人たちの大活躍も待たれるところーーー
ですが。



クリックして貰えたら嬉しいです。

人気ブログランキング 
〜〜〜〜〜
 <
平成二十八年五月十二日(木曜日)第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号> 松原仁議員
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/190/0142/19005120142003a.html

<平成二十九年二月二十二日  衆議院 - 予算委員会第三分科会 - 1号> 山田賢司議員

国会会議録検索システム
 http://kokkai.ndl.go.jp/
 

<証人喚問、どういう証言なら納得するのか? 民主党政権時代の寄付の話は? - 人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。>
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/5357032.html

「決着がついている話」なのに

再び<日本学術会議の報告>についてです。
〜〜〜〜〜
『① 次世代への影響に関する社会の受け止め方
『福島県の妊婦の流産や中絶は福島第1原発事故の前後で増減していないことが確認された[42]。
そして死産、早産、低出生時体重及び先天性異常の発生率に事故の影響が見られないことが証明された[43, 44]』
<平成29年(2017年)9月1日  日 本 学 術 会 議  臨床医学委員会  放射線防護・リスクマネジメント分科会>
www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-h170901.pdf

『将来、被曝影響によるがんの増加が予測されず、そして被曝による先天性異常も遺伝的影響も考えられないと結論づけた。特に後者の「次世代への影響が考えられない」ということについては、すでに「科学的に決着がついている」とも明言している』
<【SYNODOS】「福島で次世代に放射線被曝の影響は考えられない」ということ――日本学術会議の「合意」を読みとく/服部美咲 / フリーライター> 
https://synodos.jp/society/20472

〜〜〜〜〜
人類が積み重ねてきた努力と科学によれば、『決着がついている』 そうです。
にもかかわらず“結論ありき”で危機や不安をあおり、その結論に合わない情報は無視する。
そんな連中は“専門家風”、“報道機関風”と呼んだ方が適切だと思います。

クリックして貰えたら嬉しいです。
人気ブログランキング


選挙をやるってことは・・・

<衆院解散強まる>「北朝鮮」長期化にらみ 危うい政治空白(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000006-mai-pol @YahooNewsTopics

選挙をやるってことは、しばらく北朝鮮問題に大きな変化はないということだ
という解説があります。
(そうかもな)と思う一方、こうした話や日本の様子は向こうサイドに確実に伝わりますよね?

・・・いや、わかりませんけど。
 
――――――――――――――――――――
今月のアンケートにご協力をおねがいします。

「人生でいちばん短い日」

月日の経つのは早いですよね?今年も残り108日になりました。

でも私にとって最も早かったのはあの一日。
「2007年9月14日」は「人生でいちばん短い日」でした。
いつか記録更新されるかもしれませんが。

<07.9.14 - 人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。>
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/2019434.html

<07年9月15日 リバース - 人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。> http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/2019433.html 


別件。
以下は多くの人に知らせたい、専門家による報告です。一部の人間たちにとっては“不都合な真実”?
〜〜〜〜〜
子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題 -現在の科学的知見を福島で生かすためにー 
<平成29年(2017年)9月1日  日 本 学 術 会 議  臨床医学委員会  放射線防護・リスクマネジメント分科会>
www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-h170901.pdf
『2 報告の内容 
(1) 子どもの放射線被ばくによる健康影響に関する科学的根拠 
原子放射線の影響に関する国連科学委員会は、福島原発事故を受けて、放射線の人体影響の科学的知見や事故後の被ばく線量の推定値から、
「将来のがん統計において事故による放射線被ばくに起因し得る有意な変化がみられるとは予測されない、また先天性異常や遺伝性影響はみられない」
と言う見解を発表している。
一方、甲状腺がんについては、最も高い被ばくを受けたと推定される子どもの集団については理論上そのリスクが増加する可能性があるが、
チェルノブイリ事故後のような放射線誘発甲状腺がん発生の可能性を考慮しなくともよい、
と指摘している。 』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ