以前、「資格は足の裏についたご飯粒のようなモノ。取らなきゃ気になるが、取っても食えない」って言葉を、このブログで紹介した。
が、「資格を取っても食えないのは承知の上で、気になるから取っちまえ!」という作戦に変更した。

俺は何の資格も、配達以外に何の仕事の経験もない。その配達の仕事も今は難しい。

就職の面接に行った時に「ベンチプレスは110キロです。ほぼ毎日5キロくらい走ってます。健康には自信が、ありました。あと沢山読書をしています。」って言っても、むこうは「・・・へぇ~・・・」としか言えないだろう(≧m≦)。
逆に俺が採用する側だったとしたら、まず雇わないだろう。雇う理由がない。

自分でも「いったい何ができて、何ができないのか」がよくわからない。
それに「本当に知能は正常なのか?」という疑いは消えてないし。

資格を取れば少なくとも、<その資格の能力・知能はある>っていう証明になるよな。相手に対しても自分自身に対しても。

「とりあえず“資格“という考えはやめましょう」などと、どこかでよく見聞きした記憶があるけど、もろにソレです(^v^)!

そして昨年秋、「3級ファイナンシャル プランニング技能士」ってのに目をつけた。
ちょっとネットで調べたところ、「1週間勉強しただけで受かった」とか「3日しか勉強しなかったけど合格した」なんて書いている人がいたので、けっこう簡単に取れるようだったから。
ただその分、<3級>くらいじゃ、取ってもほとんど役に立たない、もちろん就職に有利になどならないみたいだが。

で、大好きなブックオフの100円コーナー♪(´ε`*)で過去問を買ってきた。ちなみにその過去問は2004年版。古いから100円(^v^)。

―――「100円の古い過去問だけで受験しようなんて、ナメてるのか?」―――
って?

えぇ、ハイ、わたくし舐めまくってますとも。もうベロンベロンですともw(≧▽≦)w 。

舐めてる俺だが、さすがに1週間の勉強で受かろうとは思ってない。
「3ヶ月くらい、毎日1時間程度勉強すれば受かるだろ。」と考えた。

仕事もしておらず、子育てや介護をしているわけでもない、“自分の自由な時間“が沢山ある俺は、誰よりも試験勉強に有利な環境にいる。「もし、この環境にいるにも関わらず、この“簡単だ“と言われている試験に落ちたら、もうどうしようもないぞ!もう打つ手なしだぞ!」と自分に“ムチを入れながら“勉強した( ̄w ̄)。 

この3級FPの出題範囲は「ライフプランニング・資産運用・税金・不動産・相続・年金など」と盛りだくさん。

勉強するにつれ、「俺って、今までずっと何にも知らずに生きてきたんだなぁ」と思えるくらい、非常にいい勉強になった。
就職に役立たなくても、今後、生きていく上でプラスになったと思う(^v^)。