人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


TPP

保護主義批判、トランプ批判で誤魔化さないで

<きょうからダボス会議 テーマは「分断」 トランプ氏発言にも注目 | NHKニュース  > https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011298471000.html
『今回は、保護主義の台頭や格差の拡大などを受けて分断が進む世界で未来をどう共有するかが主要なテーマになっていて〜』

とにかく「トランプ大統領、保護主義、内向きは悪だ」と。
トランプのせい、保護主義のせいで格差が拡大し分断が進んだんだ!
という話になりかねませんが、それは原因と結果が違いませんか?
トランプ大統領が誕生したのは1年前で、格差拡大や分断はその前からの話ですから。

「ひとは自分に余裕がなければ他人に優しくできない」
だから「格差拡大などによって分断や対立がおき、その結果人々が保護主義やトランプ大統領のようなリーダーを求めるようになった。」のだと思います。


特に欧州は「ヒト、モノ、サービス、カネの移動の自由」を基本原則にした巨大経済圏構想、グローバル化、自由貿易を進めた結果、今の状況になっているはずです。
保護主義や”内向き”を進めた結果じゃなくて。

その中で”勝ち組”だったはずのドイツ。そのリーダーの支持率は低下し、”苦境”ですって。

<苦境メルケル氏、内向くEU 忍び寄るポピュリズム:日本経済新聞>
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23559980W7A111C1EA2000/

日本経済新聞の価値観溢れる見出しですが、ドイツ国民はメルケル首相に不満をつのらせている。

<経済財政白書 2016年II <2016年下半期 世界経済報告> 内閣府>
http://www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sa16-02/index.html
『・IMF(2016b)は、金融危機以降の国際的な低インフレの拡がりの最大の要因はグローバル化であると指摘している』

賃金はモノやサービスの値段の中で大きな割合を占めるので、この「低インフレ」は「低賃金」と言い換えられると思います。
いつもはIMFの指摘なんて全く参考になりませんが、これには同意です。
 
<独首相がトランプ政権批判 「保護主義は問題解決にならず」 | NHKニュース  > https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180125/k10011301691000.html

メルケル首相に「話を逸らさないで。トランプ批判、保護主義批判でごかまさないで。じゃあ問題の原因は?解決策は?」と言いたいです。
242250
 
――――――――――――――――――――
トランプ大統領は、TPP(環太平洋経済連携協定)復帰の可能性示唆した!
って?

もし本当にアメリカがTPPに復帰したら、トラさんにはガッカリです。
でも「(かなり無理めの)条件が整えば再交渉する可能性がある」って話ですよね?可能性っていっても、めっちゃ低いのでは?
 (こうでも言わないと納得しないから。こう言っておけばマスメディアなどがギャンギャン絡んでこないだろう)ってことで、言ってみただけのように感じますが。

ゴリゴリゴリ推しのTPPって、欧州でうまくいっていない巨大経済圏を目指しているのですよね・・・。
欧州ではうまくいってないけど、TPPはうまくいく理由」とかって聞いたことがないのですけども。

 “0か100か”で考えるのは100%間違っている
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング

数年前は「日本は韓国を見習うべきだ」と言われていましたよね?

菅義偉官房長官曰く、「いわゆる保護主義に非常に危機感を持っている。TPPをなんとしても日本主導で仕上げていかないと世界が間違った方向にいってしまう〜」※1

菅官房長官には「保護主義は間違っている、悪い事だ。貿易を自由にすればするほど良い!」という決めつけ?思い込みは止めてほしいです。
時と場合によって、最適な政策は変わるでしょう?
それに程度も重要なはず。例えば「運動は身体にいいけど、ある程度以上にやり過ぎれば身体を壊す」みたいな。

アジア太平洋にフェアでダイナミックな「一つの経済圏」を構築する試み〜」※2
似たような話だったEUでの“実験結果”は無視でしょうか?

数年前は「日本は貿易の自由化度で韓国に負けている!日本は韓国を見習うべきだ!
という話をよく見聞きしましたが、その韓国は今どういう状況でしょうか?
経済状況が良くない≒国民が生活に不満を持っているから、“コリャあかん状態”になってませんか?

野党はそういう点をツッコめばいいのに・・・何故か肝心なことは批判しない。本気で阻止する気などないのでしょう。
ちょっと情けないですが、アメリカ国民頼みになっちゃいますかね?


クリックして貰えたら嬉しいです。
人気ブログランキング
〜〜〜〜〜
※1
 <TPPで保護主義打破=菅官房長官(時事通信) - Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000044-jij-pol #Yahooニュース
『菅義偉官房長官は3日、東京都内で講演し、衆院で審議中の環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案に関し、「いわゆる保護主義に非常に危機感を持っている。TPPをなんとしても日本主導で仕上げていかないと世界が間違った方向にいってしまう」と述べ、日本が自由貿易をけん引する姿勢を強調した。』

※2
<TPP協定の活用促進に向けて 内閣官房>
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/kouka/pdf/151224/151224_tpp_merritt02.pdf
 『TPP協定の意義 
21世紀のアジア太平洋にフェアでダイナミックな「一つの経済圏」を構築する試み。世界のGDPの約4割、人口の1割強(約8億人)を占める巨大な経済~』 

<TPP協定ルール分野において想定される具体的なメリット例 内閣官房>
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/kouka/pdf/151224/151224_tpp_merritt01.pdf
『自由な投資活動を促進
○ TPP協定では、高いレベルの規律により投資家や投資財産の保護と投資の自由化を促進〜』 

“同じ結論が出る会議”をいくつも作って、どういうつもり?

<1億総活躍国民会議:民間議員、兼務7人 政策焼き直しの恐れ - 毎日新聞> http://mainichi.jp/shimen/news/20151024ddm005010133000c.html

会議が多過ぎませんか?

「1億総活躍国民会議」の民間議員が発表されました。
タレントの菊池桃子さんが目玉らしいですが、あとはいつもの面々。

『高橋進(62)日本総合研究所理事長、
榊原定征(72)経団連会長、
三村明夫(74)日本商工会議所会頭、
土居丈朗(45)慶応大教授・・・』
 
きっと結論もいつもと同じで、
日本は、(雇用制度も含め)構造改革しなければならない。TPPを最大限活かすべきだ。
企業の競争力を高める為にも法人税減税すべきだ。
もっと緊縮財政(消費税増税、歳出削減)すべきだ。

といったものになるのでしょう。

結論が同じなのだから、会議の数を減らせばいいのに。
「1億総活躍国民会議はムダな会議になる」に5千点賭けたいです。
〜〜〜〜〜
<TPP 関税撤廃が輸出後押し 「今治タオル」「鯖江メガネ」「和牛」も 産経ニュース>
http://www.sankei.com/economy/print/151021/ecn1510210004-c.html
『コメはマレーシアやベトナム向けの関税が撤廃され、国内のコメ余り解消にも役立つと期待される〜』

主要食料品小売価格の比較

<出典 総務省統計局「世界の統計 2015」より作成>
http://www.stat.go.jp/data/sekai/0116.htm#c13

によれば、コメの価格は『日本は10kgなら35.4ドル。マレーシアは10kgなら8.2ドル』。
日本の10kg約3500円に対して、マレーシアは約820円」ですよ?
関税が撤廃されたって、この価格差では・・・さらに為替変動のリスクもあるのに、本当に「コメ余り解消にも役立つと期待」できますかね?


「日本語という“非関税障壁”に守られている者たち」にとっては、きっと“他人事”なのでしょう。
 

クリックして貰えたら嬉しいです。
人気ブログランキング
 

TPPは誰にとっての成長戦略なのか?

<(社説)臨時国会 召集の求めに応じよ:朝日新聞デジタル:朝日新聞デジタル>
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

私にとっては珍しく、.“あの朝日新聞(笑)“の主張に賛成です。
とても重要な件があるのに、政府は説明をしないのでしょうか?


TPPは、「一部の人間がこれを口実にまとめて“改革”を進めたいだけ」では?
色々もっともらしいことを言っているが、
「“一部の人間にとっての得するルール”に変える。“我田引水”で、自分の田んぼに水を引こうとしているだけ」
じゃないかと疑っています。

<【正論】TPPを国内改革の「起爆剤」に 慶応大学教授・竹中平蔵 - 産経ニュース> http://www.sankei.com/column/news/151012/clm1510120001-n1.html @Sankei_newsさんから
『これを好機と捉え国内改革の梃子(てこ)にすることが求められる〜
自由貿易の促進が“マクロ的に”プラスの経済効果をもたらすことは疑いようがない〜
日本においては、TPPを梃子に国内改革を進めることが重要になる。成長戦略の一丁目一番地である規制改革を進める上で、TPPという外部からの健全なプレッシャーが大きな役割を果たす〜』

この人の肩書き、「慶大教授」とだけ表記されがちですが、「株式会社パソナグループ 取締役会長」でも有ります。
http://www.pasonagroup.co.jp/company/outline.html

実は「TPPはパソナグループにとっての成長戦略の柱」ってことはないでしょうね? 


クリックして貰えたら嬉しいです。
人気ブログランキング 

TPP参加国の主要食料品の、“普通の価格”を調べてみました

TPPはチャンスだ!工夫や努力次第だ!」って?
まるで“内職商法”“マルチ商法”みたい・・・。
ダメだった場合には「うまく稼げないのは、工夫と努力が足りないアンタのせいだ。」と言うんでしょ?
こういう話って、“誘う側だけが得”というパターンじゃないですか?


日本の農産物は高品質だから、高くても世界で売れる!」って?
そりゃ「高くても売れる」でしょう。
一定の数量は”。

売買には相手次第の部分、買い手の事情もあるわけで。
高くても買える(買う)人間の数は限られているはず。

TPP参加国などの主要食料品の、“一般的な”小売価格(普通の人たちが普通に買っているモノの価格)を調べてみました。


主要食料品小売価格の比較
<出典 総務省統計局「世界の統計 2015」>
http://www.stat.go.jp/data/sekai/0116.htm#c13

日本の価格が赤いラインで、その半額が青いラインです。
日本の半額以下のモノを売買して暮らしている人が多い様子。

日本は売値を3分の1や4分の1にしなければ、TPP参加国に向けて大量には売れない
“工夫や努力”は大切ですが、工夫や努力でなんとかなるレベルですかね?


逆に考えるとーーー
世界の中で、比較的高価格なモノを買う人間が1億人以上いる国”=日本は魅力的な市場なのだと思います。
日本の農畜産業は、まず日本を狙うべきでは?
と言うか、逃しちゃいけない。



クリックして貰えたら嬉しいです。
人気ブログランキング


 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ