自民党の新体制について「総裁選で安倍、石破両氏を支持した議員が大半を占めている。お友達内閣だ!」などと批判がある。

じゃあ「各派閥に配慮した“派閥政治”をしろ!」ってことかね?「自民党は内向きで“国民不在”だ。“長老の意向”を優先した“派閥政治”だ!ケシカラン!」って批判していたくせに。

ある程度<目指している方向>が同じなら、事前に“近い関係”になってるだろ?
それを“お友達人事”ってさ。
<物は言いよう>ってヤツだよな。

~永遠に消費税増税ができなくなっちゃう~」や「アジアで新たな通貨体制をつくるべきだ」なんて言っている人間を執行部に入れるわけにいかないだろ?
ただでさえ<経済・財政面>で不安のある石破幹事長がいるのだし。

<目指しているコト>などに関係なく、<ただグループ間のバランスを取ることだけ>で人事を行って、「政府内の方針がバラバラ」なのが、<与党・民主党>。
ところが民主党に関しては<党内融和>などと、好意的に報じる。
明日、内閣改造です」って普通に報じているけど、民主党政権は選挙を経ずに何度目の内閣だよ?
もし同じことを自民党がやったら批判するくせに。

ヤツらは<自民党><安倍晋三総裁>が相当、心底嫌らしい。
<自民党>、特に<安倍晋三総裁>が何をどう言っても、やっても批判するんだろ?

何度も書くけど「“解散しろ!選挙だ!”などと、自民党は自分達のことしか考えていない!」って言うのはデタラメだから、ご注意を。
“あんな”政府のままでいることが国民の利益になるか?
今は間違いなく<解散→選挙>=国民の利益だ。

――――――――――――――――――――
デフレがずっと今と同じままなら(消費税は)上げるべきでない」と言っていた安倍総裁。
安倍総裁は5人の候補者の中で最も<消費税増税>に消極的な人で、TPPにも実質反対方針。
経済界(大手企業)の代弁者である、<WBS>(日本経済新聞系テレビ)では「安倍総理になると、消費税増税先送りのリスクが~」などと言っていた。

なんじゃそりゃ?!

誰が総裁、総理大臣になったって変わらない」などと“全てわかっているように”言う、文化人?もいる。
「何アンタ、カッコイイつもり?“く~る”ってヤツですか?」と聞きたいね。
現実の問題から目を逸らし、考えることを放棄してるだけでしょ?自分で何も考えもせず、テキトーなことを言うなって。

日本の国民が、特にこの1年半でどれだけの被害を受けていることか・・・。
<芸術的な才能がある人>、<有名人>だからと言って、常に正しいことを言うとは限らない。

<安倍総理大臣>が方針を貫ければ、<2014年4月からの消費税増税>はない。
その為には、俺ら国民がマスメディアに流されることなく、正しい知識を身につけて総理を支える必要がある。
もし1年後に、他の人間が総理大臣だったら消費税は上がる可能性が高い。

それだけで全てが解決するわけじゃないけど、「誰が総理大臣になるか」は日本にとって“も”かなり重要だ。
だからそれを阻止しようと、<自民・安倍バッシング>をやっているヤツらがいるわけでしょうが?


2014年の<消費税増税>はない!
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング