人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


世論誘導

朝日新聞は謝罪や説明をしなくてもいいかも。「“あの“朝日新聞(笑)扱い」になるのなら。

<【STAP再現できず】小保方氏論文の手法/もはや検証と言えない  共同ニュース>
http://www.47news.jp/47topics/e/256486.php 

“STAPの人“は「ちょっとしたコツがある」「実験技術上の勘を取り戻す」等と面白発言を連発しているようですね。
もし本当にそんなことを言っているのならーーー

あの人は科学者ではない、

単なる“エスパー“じゃないか

〜〜〜〜〜
<往生際の悪さ>で言えば、こちらもトップクラスの朝日新聞。
朝日新聞は日本の国民に対して、きちんと謝罪や説明をすべきだ!」という声が大きくなっています。

しかし私は「日本国内に対しては、謝罪や説明をしなくてもいいかも」と思い始めています。
海外に対しては「朝日新聞は事実が浸透するまで、何十年かけてでも訂正報道・広報を続けるべきだ」と思いますが。

私が「国内に〜」と思う理由はーーー
もし潔く手際よく、誰も突っ込めないくらいの謝罪・対応をされたら、この件があっさりと終わってしまう。
往生際悪い方が、この件がいつまでも燻り続けて、広く深く伝わると思うからです。


今、朝日新聞に対して数多くの批判があります。
「朝日新聞は信用できない」という材料が山盛りです。

「朝日新聞は、事実とは関係なく、自分たちの願望を事実のように書く」
「朝日新聞は世論を誘導する為に記事を書いている」
という認識が国民に広がって、
 「朝日新聞?ああ、“あの“朝日新聞(笑)ね?」という扱いになれば、とても喜ばしいです。

その為にも、この件を多くの国民に知って欲しいです。



「2014、“アサヒ“が沈む」と思う人はクリックを
人気ブログランキング 

”伝言ゲーム”でもやってるの? もういい加減に「世論調査」という名の“世論誘導“にルールを

<閣議決定>政府(内閣)としての方針を確認しただけで、法律が変わったわけじゃないです。今後この方針に沿った法律案が作られて、国会に提出され、可決・成立させる必要があります。
 「政府が勝手に憲法解釈を変えるなんて暴挙だ!」戦争をする気だ!」等などと、話の筋道をすっ飛ばし、事実無視・・・。

”伝言ゲーム”でもやってるの?

と聞きたいです。
こうした流れを主導しているのが、「世論調査」という名の”世論誘導”。

<集団的自衛権、行使容認反対63%に増 朝日新聞調査>
http://www.asahi.com/articles/ASG3L72L6G3LUZPS007.html
『〜行使容認層に、行使できるようにするためには近隣諸国の理解を得ることが必要かと聞いた質問では、「必要だ」が49%、「必要ではない」が46%と見方が割れた。
 ただ、朝日新聞社が今回、現地の調査会社を通じて中国と韓国でも面接世論調査を実施すると、日本の集団的自衛権について「行使できない立場を維持する方がよい」と答えた人が中国で95%、韓国でも85%と圧倒的だった。安倍政権が行使容認に踏み切る場合、中韓両政府だけでなく、両国民からも大きな反発を受けることが予想される。〜』

<テレビ朝日・報道ステーション  世論調査>
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/poll/201406/index.html 
『自衛隊を海外に派兵して武力行使できるようにする必要があると思いますか?』

”中国対策”なのだから、中国側はそりゃあ反対するでしょう?反対するからこそ効果が見込めるのだし。
”反日依存症”と言っていい韓国は現実や状況、損得無視で、「ブレが無い」のはある意味凄い・・・。

そし
て報道ステーションの世論調査も酷いですね。
従来からの「海外派兵は一般に許されない」という原則は全く変わってないのに。※
自衛隊を海外に派兵して武力行使できるように〜』なんて聞かれれば、そりゃあ反対するでしょう?
一方、「賛成」の項目には色々枕詞をつけて”ハードル”を上げている・・・。

<自由>は大切ですが、「何でもやりたい放題にやっていい」わけじゃない。
もういい加減に<世論調査>のルールが必要だと思います。

〜〜〜〜〜
参考

<「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」の一問一答 内閣官房>
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/anzenhoshouhousei.html

<割れた世論調査、集団的自衛権の質問に“枕詞”つけた朝日・毎日、回答に影響? (産経ニュースより)>
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140708/stt14070808020003-n1.htm
『上智大の碓井広義教授(メディア論)
「回答する人は、大局的に賛成か反対かと聞かれると心情的に答えてしまい、各論に入り卑近な具体例を挙げられると筋道立てて物事を考えるようになる。
報道各社も、自分たちが欲しい回答を導き出そうとする傾向があり、質問の中に答えが既に含まれている場合がある。

まさに質問が命。
結果をすべてうのみにはせず、客観性が担保されているか、ウラを読まないといけない」』  


クリックして貰えたら嬉しいです。


人気ブログランキング 

「どうなる?日本の借金 50年後は?」,増えているでしょうが、国民生活に悪影響はありません

今日のテレビの番組表、<NHK・ニュース7>(7時のニュース)の欄には「どうなる?日本の借金 50年後は・・・」と書いてあります。
また、「このままじゃ大変なことになる!もう早く緊縮財政(増税&歳出削減)するしかない!」って言うんでしょ?国民の不安を煽って、世論をそっちに持っていこうと。

も〜う、NHKったらぁ。


どうなる?日本の借金 50年後は・・・

たぶん<日本の借金>は増えているでしょう。というか増えていないと困ります。
しかし私たち国民の生活に悪影響はありません。ご安心ください。
<日本の借金>は完済する必要などありませんから。

 

生け贄?次長課長・河本クン


俺は官房機密費 半年で6億円=野田内閣(時事通信より)
という話の方が問題だと思うけど?毎月約1億円も何に使ってんの?

この件をもっと報じるべきマスメディアの皆さん、ま~さ~か「山分けしてる」なんてことはないですよね?
野党時代の民主党は「政権交代したら官房機密費(報償費)をオープンにします!」と言っていたのだが、交代後はウヤムヤ。
民主党はこのパターンばかりだ。


河本クンは確かに対応がマズかったし返金もすべきだと思うけど、過剰に叩かれてない?
なんだか“生け贄”にされているようにも思える。
反撃される恐れのない、叩きやすい手ごろなタレント見~っけ!」ってところか?

<生活保護>には「中途半端に年金を納めていた人よりも収入が多い、正直者がバカを見る」という、割高な受給額、そして不正受給の問題もあると以前から言われていた。

でも<生活保護>=“悪”ではないよね?
誰もが受給者になる可能性があるのだし。
もちろん俺もいつどうなるか・・・。

一部の悪い点だけを大きく取り上げて、“世論誘導”するのはマスメディアの十八番
改善すべき点は改善し、不正を防ぐ仕組み、“正直者がバカを見ない”<生活保護>の仕組みにしていけばいいだけの話だ。


<社会実情データ図録>というサイトのグラフを見ると、
<生活保護世帯数>は1994年以降増え続けているのがわかる。
やっぱり、景気が悪いと増えるんだなぁ・・・・・あっ!じゃあ地方自治体の財政はヤバいよな?

日本もギリシャのようになって破綻する!」なんてあり得ないが、地方自治体の破綻はあり得る。

国と違って地方自治体は<円>を勝手に発行できないから、北海道の夕張市が破綻したように・・・。


<自分の周囲3メートルのことしか考えていない>“財務省ムラ”の連中がもし<消費税増税>を強行したら→
<景気が悪くなれば自治体も収入が減る+生活保護費(自治体負担は3分の1だが)等の支出が増える>可能性が高い。
そうなると、<自治体の破綻>は現実味があるでしょ?

“作り話”の<日本の破綻論>に乗せられて<消費税増税>を許したら、<地方自治体>の破綻を現実に引き起こしかねない。
国民が心配すべき<破綻>は“国の”じゃなく、“地方自治体ノ”ダ。


クリックしないで。絶対にクリックしないで。
人気ブログランキング
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ