人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


宅建

“福島なう“

<宅建2年連続35点事件>から数日が過ぎたが、意外なことに去年よりもショックじゃないな。
(これは“ご縁が無い“ってことだろ?“ご縁がない“ならしょうがないよな)というような心境だからか?
あと<負け惜しみ半分>だけど、<宅建に合格=即稼げる≒確実にドッサリ稼げる>じゃないから。
そもそも俺の目的は<確実にドッサリ稼ぐこと>だ。(そんなのあるわけないって?)
<宅建>はそのきっかけにはなるかもしれないが、それが全てじゃない。
次だ次、次の策を早く考えよう。

とはいえまだ
「能ある鷹は?    脳腫瘍」「犬もあるけば?   足が痛い」「七転び?   八転び」 
という発想になってしまう。ネガティブ思考が炸裂してる。

こういう時は、身体を動かすに限る。
ちょっと福島に行って片付けを手伝ってくるわ。
実際は、<不合格>だったからってワケじゃなくて、<宅建試験の合格発表>の前に申し込んでいたんだけど。

「“うっぷん晴らし“にボランティアをするなんてけしからん!」って誰かに怒られちゃうかな?でもさ、現実問題としてまだ人手が要る場所があるんだ。(どういう気持ちで活動してようが、この際いいよな?<キレイな澄んだ心でのボランティア>は他の人に任せる。俺は<汚い心>を秘めつつ、とにかく“体力勝負“だ)
って勝手に解釈しているんだけど。

ってことで

“福島なう“

今日一日、怪我しない範囲ギリギリ一杯まで<安全第一>で活動してくるわ。

<宅建試験>2年連続35点だった人、

今度という今度は、温厚だけが自慢?の俺もさすがに腹が立った。

今日、宅建試験の合格発表があった。<(財)不動産適正取引推進機構>


<合格点は36点以上>

・・・・・俺、2年連続1点差で不合格。

<2年合計で70点以上は合格>とかにしない?


やっぱり直前に発表になった「問48の選択肢の「対前年度比」は「対前年比」の誤記であり、正解肢のない問題であることが判明しました。よって「問48については、すべての受験者の解答を正解として取り扱います」
っていう変更の影響を“モロ“に受けたなぁ。
合格発表の日が近いタイミングでこんな発表があったから、嫌な予感はしてたけど。
「前年」と「前年度」のたった一字の違い・・・。
<問48>の変更がなければ<合格点は35点以上>になったかもしれない・・・って、いくら何を言ってもしょうがない。

こうなると、<宅建>とは“ご縁がない“としか思えない。

俺は「よりによって、はかったように、まさか」が“基本設定“になってるんじゃないか?
おいコレ、“設定“はどうやって変えるんだよ?責任者誰だよ?出て来いよ。

去年の合格発表後のブログを見たら、俺は全然進歩してねぇの。
「この“借り“は必ず返す」って何度も言ってるよな?いつ返すんだろ?俺は本当に何なんだろ?

何しろあぁ不快。あぁ不愉快。

こういう時は身体を動かすに限る。いつもより長めにランニングをしてこよう。

<宅建試験>は18万数千人が受験してる。だからたぶん、俺以外にも<2年連続35点で不合格>だった人はけっこういるはず。

「<宅建試験>2年連続35点だった人、じっとしてると色々考えて、悔しさや情けなさを味わいつくすだけだから、目一杯身体を動かしてはどうですか?汗と共に嫌な気分も流しちゃいましょうよ。」
って、今晩は雨か。
滑って危ないから走るのやめて、室内での筋トレにしておきますか。

続・こんなの全く割に合わない。普通に考えれば話し合うまでも無い。

 “リアル・ジャイアン“達はアメリカ国内では稼ぎにくくなってきたから、新たに稼げる場所を探している様子。

そこへ絶好のチャンスが。

俺のモノは俺のモノ。お前のモノも俺のモノ。」という“ジャイアンスピリット“ムキだしでくるんじゃないか?

 

 

少しずつだけど、<TPPのデメリット>を目にする機会も増えてきた。

数日前、あの<TPPモーレツ推進派>の読売新聞に(メリットと)デメリットが書かれていた。

 

「・ 物品の関税(○輸出がし易くなる △安い農産物が入り、国内農業に打撃)

 ・ 政府調達 (○他国への公共事業への参入がし易くなる △日本も入札で外国企業への配慮が求められる)

    越境サービス(○サービス業の海外展開がし易くなる △国内法の改正を求められる可能性も)

    金融サービス(○銀行の海外進出がし易くなる △郵政改革法案の見直しを求められる可能性も)

 ・ 知的財産(○日本企業の知的財産保護が進む △特許制度の改正を迫られる可能性も

                                   (読売新聞より)

 

・・・メリットは「○」で「~なる」と断言してるのに、デメリットは「△」で「可能性も」なんてボカしてるところなんて“いじらしい“よね?

でもアッチは儲ける為に必死なんだから、“可能性も“じゃなくて、絶対求めてくるだろ?

 

先進国同士での貿易ではだいたい、一方が儲かれば他方は損をする。雇用も一方が増えれば一方は減る。

 “TPモー“な読売新聞だからこそ、この記事は重要だと思う。<TPPに参加した場合>最低限、これらのデメリットはほぼ確定なのだろう。

続きを読む

<TPP参加賛成派の手口>=<悪徳商法の手口>

(宅建試験について、今さら何かを知ろうが調べようが、結果は変わらない・・・)とわかっちゃいるけど、ついつい調べてしまった。

少しでも肯定的な意見が見たいんだろうけど、そんなことをしても気休めに過ぎないのにね。

で、このサイトを見たら

 

<総合資格学院>

http://www.shikaku.co.jp/takken/info/topics/1110_tk.html

 

合格推定点は36+-1」だって。

1点差は嫌だけど、2点差ならいっか」・・・ってバカッ、なるかっつーの!

気休めにもなんね~でやんの!

もう一切、<宅建試験>の事は考えるな!調べるな!そんなことをしてもしょーがないんだから!このスットコドッコイが!」と自分に強く言い聞かせました。

もう絶対にしません。

 

「はかったように35点だった」と前回書いたが、「はかった(謀った)ように」といえば、

日本が<TPPに参加するかどうかの激しい情報戦>が起きている最中、<アメリカと韓国がFTA(自由貿易協定)早期発効へ>ってニュースが報じられたね。

このタイミングでなんて、それこそ「はかった(謀った)」としか思えない。

このままじゃ大変だ。ライバルの韓国に先を越されてしまった。日本も一日も早くTPPに参加表明しないと!」等と言い出す※※がいるだろうな、と思っていたら案の定

 

米韓首脳会議 日本のTPP参加促すFTA

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20111015-OYT1T01014.htm

 

TPP<開国>へ早期参加を表明せよ

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20111018-OYT1T01242.htm

 

との記事を書いた“わかり易~い“読売新聞。

俺が受験する試験の問題もこれくらいわかり易いといいのにな。

続きを読む

よりによって、はかったように。まさか・・・。

昨日は無事に<宅建試験>を受験することができた。

去年、不合格になってから一年間勉強を続けてきたので、知識は増えているはずだった。しかし去年受験した時よりも難しい問題ばかりに感じ、手応えは良くなかった。

時間もほんとにギリギリで、最後の解答欄をマークした時は残り1分を切っていたくらい。

 

夜になり、専門学校の解答速報をみて、自己採点してみた。


<資格の大原>http://www.o-hara.ac.jp/sokuhou/takken/
<日建学院>http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/housing/kaisoku/number.aspx
<TAC>http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/takken/


さて何点だったでしょうか?

続きを読む
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ