人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


景気

このところ、給与、減ってませんか?消費税増税の最大の問題点はそれ。

消費税増税の最大の問題点は、多くの国民の給与を引き下げてしまうことです。
ーーー
「消費税増税によって景気は一時的に悪化するが、夏ごろには回復するはずだ
という話を見聞きしましたよね?
でもこの話は、「給与が景気の影響を受けない。給与は減らない」という前提の話、「そうだったらいいな」という話です。
実際の給与は景気によって上下する。前回の消費税増税後もそうなってます。
名GDP推移 財務総合政策研究所 kou021-page-011
(財務総合政策研究所)

現状について<平成26年8月実施調査結果:消費動向調査 内閣府>
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/2014/201408shouhi.html 
の「収入の増え方」を見ると、前年同月比でマイナスが続いています。

あなたの給与はどうですか?
“売上から3%没収“が4月から始まって、それが給与に響いてくるのは7,8月あたり?そのあたりから減ってませんか?


最近は「個人消費が回復しないのは想定外だ。これは大雨や台風などの天候不順の影響だ
こういった話を見聞きしますが、

誤魔化すんじゃないよ

と言いたいです。
「個人消費が増えない最大の理由は消費税増税したから。その影響で給与が減り始めているからだ」と考えるのが普通ですよね?
そして<消費税増税の悪影響が出ている>この状況から抜け出すには、<消費税率を元に戻すor消費税減税する>のが最も効果的だと思います。

来年の消費税10%への増税を実行できるかどうか」なんて言っている場合じゃないです。
この状況で「さらに2%の増税すべきだ」なんて言う人間は

事実むし、根拠なし、ろくでなっしー。
“ろくでなし汁、ブシャァァァー“です。



(臨時給付金の申請はしました?お忘れなく)
〜〜〜〜〜
<臨時給付金 厚労省>
 http://www.2kyufu.jp/


「“事実無視、根拠無し“の話は、もう要らない」って人はクリックを

人気ブログランキング 

「日本の景気はまだ『良くなった』とは言えない。『年率プラス3.8%だ!』なんて威張るような話じゃない。」

日曜日に放送された<NHKスペシャル「決断間近!どうする?消費増税」>という番組について。

あの番組の中で、何度も「つい先日発表されたGDPは“年率プラス3.8%!”だった。これは1年半ぶりの良い値だ。」という話が出てきました。
しかし、これは一体何を意味する数字なのか?何と比べてプラス3.8%なのか?がわかりませんよね。
国民に「とにかく景気は良くなっているんだ!」というイメージを植え付けたいだけでしょうが。

名目、実質GDP (四半期・実額)

(<国民経済計算(GDP統計) 内閣府>http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html より作成)

実質で前期比0.9%増、年率換算で3.8%増』とは、このグラフ右上の四角で囲った部分、この傾きのことを言っているだけです。
そして今の日本経済の大問題は、<名目値>よりも<実質値>が高いことです(デフレ)。
このグラフで見ても完全にデフレでしょう?<実質値>だけが高くて、<名目値>とこれだけ差があるということは、「それほどデフレが深刻だ」ということですから。
しかも名目GDPは2008年以前の水準に比べると、まだまだ明らかに低い水準です。
これでは『“年率プラス3.8%”だ!』なんて威張れないし、『日本の景気は良くなっている!』なんて言えないと私は思います。
あくまでも「日本の景気は良くなり始めた」だけだと思いませんか?
 “せんもんか”に「あなた、いい加減なことを仰いなさんな。あなたの家族は胸を張っていられますか?」と言ってやりたいです。


「“逆フィルタリング”は、いけませんねぇ」と思う人はクリックを
人気ブログランキング 

『騙されないで。“安倍総理が予定通り消費税増税する方針を固めた”という事実はありません。

<政府は4月消費税3%引き上げ方針固める、2%分の経済対策も>(9月12日 ロイターより)http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98B01320130912?rpc=188 
『 政府は、来年4月に消費税率を現行の5%から8%へ予定通りに3%分引き上げる方針を固めた』

デフレ脱却の芽を摘むことがないように、景気の腰を折らないように、しっかり対策をして消費税増税する」と言っている者がいます。しかし本当にそんなことができるのか?
もし有効な対策がわかっていたならば、「何故それを今までやらなかったんだ?!」ということになりますよね?

(物価と給与とGDP) 
物価と給与とGDP 財務総合政策研究所 kou008[1]-page-003
(税収と歳出 財務省より)
一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移 figure03_03

<自殺者数の推移>
自殺者数の推移 actual1


この20年ほどの日本経済はこういう状況ですよ?
連中は「いや、これは“景気の腰”を折っていない!」と言いかねませんが(笑)。


そして、「8兆円の税収増のうち、5兆円を景気対策に使う」と言っています。
仮に“輸出企業に対する還付金”(相変わらず公になりませんね)が無かったとして、
8兆円増税でも5兆円の景気対策を同時にやれば問題無い。経済状況が悪くならない。」のなら、
「何のマイナス面もなく3兆円の税収増が可能」ということですよね?
そんな“魔法”があるのなら、世界各国がやっているでしょう?まだ知らないだけなら、一刻も早く教えてあげるべきです。

(5兆円かけて景気を良くした結果、8兆円税収が増えることはあります。この順番が重要で、<景気回復→税収増>です。)
~~~~~
冒頭のニュースもやはり“飛ばし”、“観測気球”だったようでーーー

<消費増税や経済対策の規模、何も決まっていない=官房長官>http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98B02K20130912?rpc=188
『菅官房長官は「首相が(消費税を予定通り)引き上げるという判断をした事実はない」と否定。』
(以上、ロイターより)

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201309/12_a.html


最終的にどうなるかはわかりませんが、現時点で「予定通り消費税増税する方針を固めた」という事実はありません。
そのことだけは知っておいて下さい。
今度の世論調査で、「消費税増税?もうしょうがないよ。だって決まったんでしょ?」という意見が増えないといいのですが。


「“逆フィルタリング”は、いけませんねぇ」と思う人はクリックを
人気ブログランキング 

『おお?!税収が1兆円も増えた!』

安倍総理が予定通り消費税増税する方針を固めた』という報道がありました。
これも“飛ばし”、“観測気球”ってヤツですかね?

ーーーーー

<来春からの消費税増税強行派>でも、『消費税増税すれば、景気は悪くなる』という点は認めているようですね。
だから5兆円規模の景気対策、低所得者対策をする』と言っています。
 
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4571326.html )書きましたが、
消費税率3%の引き上げで見込まれている、税収は約8兆円です。
そこから輸出企業に対する還付金1.8兆円、景気対策としての5兆円を引くと残りは1.2兆円です。さらに他の対策をしたら、消費税増税分の税収は無くなるのでは?
消費税増税分だけを考えても赤字になりそうな上、景気悪化により所得税や法人税なども減れば、かなりの税収減がありえます。
税目別 一般会計税収の推移 figure04_02
(財務省HPより)
 
低所得者対策もやって、所得に応じた負担を」という話も、「じゃあ所得税増税にすれば?」となりませんかね?
(私は、いかなる増税も今はすべきじゃないと思っていますが)
 
“消費税増税ストーカー”達は、「消費税増税の為なら、カネはいくらかかっても構わない」という方針のようです。
 
~~~~~
「税収を増やす」=「増税(税率を上げること)」と考える人の声が大きいですが、
税率はそのままでも税収は増えることがあります。

今週の火曜日、財務省から<平成25年度第1・四半期国庫の状況報告書(財務省調査)>という資料が発表されました。
http://www.mof.go.jp/exchequer/reference/exchequer_report/fy2013_1st_quarter/h251b.htm
租税収入が前年同期に比べ、9,982億円増加した。
とのことです。
今年の1月から3月は去年の同期に比べて、約1兆円税収増だったと。同じような経済状況が1年間続けば4兆円の税収増が見込めますよね?
今年の1月~3月は本格的に景気回復はしていません。その時期でさえ、前年同期と比べて1兆円多いのです。
本格的な景気回復(多くの国民の所得が増える→消費が増える→企業の売上げが増える→所得が増える・・・という好循環)が始まれば、かなりの税収増があり得ますよね?

税率はそのままでも、好景気にすることで税収は増える
本来これは、「誰も“痛み”を受けない、皆にとって望ましいこと」のはずですよね?
「景気を良くすることによる増収」に反対の人は、どういう理由なのか説明して欲しいです。
<来春からの消費税増税>などしなければ、日本は“いい感じ”になると思うのですが。



「そうだ。“自分達の希望や意見”と“事実”をゴチャ混ぜにするな!」と思う方はクリックを。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング 

「アナタの収入が何割か減るor失業するかもしれない、消費税増税されると。」

「消費税は現役世代だけでなく、年金世代も含めて皆が払うから公平だ!」という意見があります。
しかし、私は公平だとは思いません。
なぜなら、消費税増税で大きな影響があるのは“入”の方だからです。この意見は“出”のことしか考えていませんよね?


景気とは、要するに「実社会に流れるカネの量とスピードがどうか?」という問題です。
誰かがカネを使う額を増やさなければ、景気は良くなりません。
多くの国民が節約すれば、景気は悪くなります。
だから世の中に流れるカネの量を減らし、スピードを落とすことになる増税は、景気を悪化させます。

以下の資料を見ると、景気の悪化が社会にどれほどのダメージを与えるかが想像できます。
この原因は消費税増税だけではないでしょうが。

<物価と給与とGDP> 
デフレと日本経済
-給料はなぜ上がらないのか   財務省財務総合政策研究所HP』
物価と給与とGDP 財務総合政策研究所 kou008[1]-page-003
https://www.mof.go.jp/pri/summary/kouen/kou008.pdf

 
<失業率の推移 内閣府HP>
均衡失業率の推移
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je10/10f11240.html


<雇用形態別の状況 厚労省HP>
雇用形態別の状況 厚労省 genjou_img_04


<非正規雇用の現状はどうなっているの? 厚労省HP>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/genjou/ 



例えば、生活費にだいたい月に10万円支出していた人がいたとしてーーー
もし消費税率が3%上がったら、消費税を払う額が3000円くらい増えます。
しかし景気が悪くなった場合、「月収が3万円減る」ことは充分にありえますよね?失業して収入が無くなる可能性だってあるはずです。

<民間企業に勤めている現役世代>と、<支払う増税額しか影響を受けない人たち(年金受給者や景気とは関係なく収入を得られる人)>とでは、負担の合計(収入と支出)が大きく異なります。

だから「消費税は全世代が負担するから公平だ」という意見は、オカシイと思います。
この意見にのせられて、「そうだ!消費税増税で年金世代にも払わせろ!」と現役世代が言ってしまうと、自分の首を絞めることになってしまいますよ?


「“逆フィルタリング”は、いけませんねぇ」と思う人はクリックを
人気ブログランキング 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ