人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


民主党

慰安婦問題の“中心メンバー“が黙っているのは、“そういう事“でしょう?

私が“慰安婦問題“を何度も取り上げるのは、これがある意味で“象徴的な問題“だからです。
長年放置した結果、腐ったモノがたくさん詰まってます。
ーーー
“慰安婦問題“の“創立時の中心メンバー“は、朝日新聞、河野元官房長官ともう一人います。
それは社民党の福島みずほ副党首(前党首)です。
福島氏は、弁護士として元慰安婦たちに深く関わっていました。
そして慰安婦調査にも、オブザーバーとして参加していました。
誰よりも“慰安婦問題“について詳しいはずです。

あ、さらにもう一人いました。
民主党の辻元清美議員、近年の“中心メンバー“です。
「日本の国民のカネ・時間・労力を費やして行なっている」貴重な国会で、何度も×4、しつこ〜く“慰安婦問題“について取り上げてきました。


政府が河野談合(河野談話)を検証したり、朝日新聞が長年の不正・捏造を認めたり、といった重要な動きがある中で、この両名がこの件に触れないとはどういう事か?  “そういう事“なのでしょう?

支持している人たちも、いったいどういうつもりでしょう? “そういう事“ですか?
いや、純粋に信じている人もいる、のか・・・。

この両名、最近も元気に
「“集団的自衛権行使容認“で、日本は戦争をする国になる!」
「沖縄県名護市辺野古に基地を作らせるな!」
等と大きな声をあげています。
「人の命や生活、権利を守る!」と“国民の味方・THE正義“ぶっていますが、よくもまぁ・・・。
他の件について批判する前にまず、“慰安婦問題“についての説明をするべきかと。

こういう人間は、当の韓国よりも悪質だと私は思います。
〜〜〜〜〜
先日「“アサヒ“に援軍が現れた〜」http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4846553.html という記事を書きましたが、これについての記事が産経新聞に載っていました。
<韓国紙が「朝日助ける方法あるはず」とまで擁護するのはなぜか (産経ニュース)>http://sankei.jp.msn.com/world/news/140825/kor14082512190004-n3.htm
『〜朝鮮日報国際部長(元東京特派員)は「朝日新聞の孤立」と題するコラム(9日付)でこう主張した。
「旧日本軍慰安婦をめぐる朝日新聞の闘いは20年以上になる。
加害者の国の新聞が常に被害者側で闘ってきたのだから、孤立し疲れが見えてきた。知恵を絞って助ける方法が韓国政府にはあるはずだ」〜』


先方から「常に被害者側で闘ってきた〜」と評価されているのだから、もう朝日新聞は<中立・公正>とは言えませんよね?

「“あんな”元総理が、今も<国会議員>の理由・・・それは“あなたの1票”が」

あの元総理に関する話は重要じゃないと思っていたのですが、一点だけ重要なことに気がつきました。
菅元総理は、昨年末の衆院選で再選を果たしている、今も国会議員なのです。

衆院選は<比例代表欄には、「政党名」だけを書く→各政党が得た議席数に応じて、各党が作った候補者リスト順に当選していく>という仕組みでした。
また、「衆院選は“重複立候補”が可能」。
つまり衆院選の候補者は、「選挙区と比例代表の2回、当選のチャンスがある」という仕組みでした。

菅元総理は、選挙区では落選しましたが、比例代表で“復活当選”しました。
衆院選特有の比例代表制度がなければ、重複立候補できなければ、今は国会議員ではなかったはずです。

(2012/12/17 共同ニュースより)

民主党政権も、3人の総理も酷かった。でも、民主党にも良い政治家はいる。だからもう一度やり直して欲しい」と思って、<比例代表>の欄に<民主党>と書いた人もいますよね?
あの元総理の票になるとわかっていたら、他の政党名を書いていたのに・・・。
と思う人もいるでしょう?
でもそういった気持ちは全く反映されることなく、そのあなたの1票が、菅元総理を再び国会議員にしたのです。
「国民から選ばれた国会議員として」ああいった言動を繰り返しているのです。

選挙のしくみって、何か変ですよね?それに複雑すぎると思います。
(投票先は、本当に慎重に選ぶ必要があるな。候補者だけでなく、選挙の仕組みについても知る必要があるな。)と、つくづく感じました。

<再>政府の試算は“THE机上の空論”だ

TPPに参加すれば、実質GDPで3.2兆円の経済効果がある』という試算を政府が発表している。


これは「最初から、年間3.2兆円の経済効果がある」わけでも「10年間で3.2兆円増加する」のでもなく、「10年間経過して調整が終了した後に、年間3兆円のGDP増加があって、それがずっと続く」という意味らしい。

が、こうした数字はどうでもいい、この試算には意味がない、と俺は思う。
なぜなら、この試算は<THE机上の空論>だからだ。

ーーーーー
上記の資料には
なお、試算は現実の経済動向を一定の仮定の下に捉えたものであることに留意する必要がある。 

<試算方針>
グローバルスタンダードの分析道具であるGTAPモデルを用いる。

<GTAPモデルの特徴>
(4) 産業構造の変化に応じ雇用が流動することが仮定されており、雇用
数全体については関税撤廃前と不変。 
※一般的には、GDPが増加すれば雇用も増加する傾向
という記述がある。
ーーーーー

産業構造の変化に~、雇用数全体については関税撤廃前と不変~
つまり、「失業しても“流れるように”別の職に就けるから、失業者数は増えないという仮定」での話だってよ?

例えば、<祖父の代からの酪農家>が、「あぁ、<酪農>はもうダメだな。じゃあ別の仕事しよ」等とアッサリ廃業する?
・・・いったいどこの世界の話なんだろう。

これが“グローバルスタンダード”だ。だからこれは正しい!」って言いたいのだろうが、オカシイものはオカシイ。
こんな試算、俺は意味が無いと思うけど。<THE机上の空論>でしょ?
少なくても、この試算を発表するなら、前提条件(GTAPモデル)の説明を省いてはいけないと思う。

これを堂々と発表している政府には、“ビッカリ”(ビックリ&ガッカリ)だ。
本当に<TPP>に関しては<安倍・自民党政権>はオカシイ。
民主党政権同様、“事務方”の作った原稿を読んでいるだけみたいだ。

そして、こうした点を“スルー”して伝えている報道機関や専門家・・・・・は“いつも通り”か。


<TPP>、ああハイリスク・マイナスリターン。

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

『当然、民主党でしょう』

鳩山元総理は、民主党の先日の代表選前に→
党代表選で、野田首相の再選を阻止できなかった場合は、離党する可能性も示唆したものだ


その後、野田首相の再選が確実となると→


――――――――――――――――――――
これまで何度も「離党」を“におわせて”きた鳩山元総理。
先週の野田総理による“逆ギレ解散”の後は→

と、流石にご立腹。今度こそは堪忍袋の緒が切れた?


(ドドドドドドド・・・・  )

(まさか・・・)



(バギャァァーン!)『当然、民主党でしょう』



どうだ?!コレが第93代総理大臣じゃい!どんなもんじゃい!じゃい×4。

ある意味期待通り?面白い男だよね?政治家じゃなくて、近所のおっさんの<町内会について>の発言なら笑えるはず。
でも、これが国会議員だから困る。
この男の言葉は全く信用できないでしょ?
もうこりごりだよね?そう思ったのは国民だけじゃないようで―――


(以上、リンクは全てヨミウリオンラインより)


それにしても「党の政策に従う誓約書~」とは・・・。どこの党も実際はそういうものなのかもしれないが・・・。
民主党の重大な問題の一つは、その<党の政策>の「決定過程・理由が曖昧、不透明なこと」
かつて自民党の<密室政治><派閥政治>といった悪い点をガッチリ受け継いでいる。
幹部の数人が“半径3mの空気”や、派閥(グループ)の駆け引きで決めているんじゃないか?それに従え、と。

これは、どんなに素晴らしい考えを持った議員でも、民主党公認で当選した場合、もうその議員が自分の意志で活動することはできないことを意味する。
その後は<単なる民主党のいち議席>でしかない。
もちろん、応援した人たちの意見が取り入れられることもない。
それなら誰でもいいよね?イカでもタコでもカブトムシでも熊のプー※んでも

民主党は(今回の選挙はもう無理、捨て試合だ。“1回休み”だ。)と考えていると俺は思っていた。
が、“1回休み”だけじゃ済まないことに気がついてしまったのか?
<年内解散>となったことで、受け取れる<政党交付金>の激減も避けられなくなったからか?
民主党はなりふり構わなくなった。
そしてマスメディアも。


経験は最良の教師である。ただ授業料はやたら高い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング

“人間には3種類いる”~田中バージョン~

民主党も悪いけど、自民党も悪い。既成政党はどこも同じだよね。」って良く見聞きするけど、こう言っている人は正気?それとも単に流行ってるだけ?


“政治”は、俺ら国民の<生活や人生を壊すチカラ>も、<積み重ねた努力を吹き飛ばすチカラ>も持っている。

(時事ドットコムより)
田中文科相は記者会見で、「大学はたくさん作られてきたが、教育の質自体が低下している」と述べ~」(ヨミウリオンラインより)

オマエが言うなっ!という受験生達の罵声が聞こえる。

大学の数が多過ぎる」という意見は一理あるのかもしれない。「実態が怪しい大学がある」という話も聞く。
が、それぞれの大学について詳しく検証せずに、「大学の数が多すぎる=新規の大学は認めない」というのは雑でしょ?短絡的過ぎる。ちゃんと考えることができないのか、面倒くさいのか?

<開校まで半年>ということを考えれば、職員の雇用に関わるし、受験勉強をしている学生の将来にも影響が大きいはず。
(自分がこういう発言をしたら、そういう決定をしたら、世の中にどういう影響があるか)とか全く考えないのかね?
基地は悪だ。だから移転。」とか「ダムは悪だ。だから建設中止。」という、今回と同じようなことが前にもあったよな?
民主党って組織は、<どういう経緯で、どういう理由で決まったか?>が不明なんだ。

“政治”によって、国民は振り回されている。
政治家の何も考えずに反射的な言動が、混乱と停滞を生じさせている。


ちなみに田中真紀子という人間は“ああ見えて”、“アタマの中もTHEお嬢様”なんだそうな。


だから、田中文科大臣は人に忠告されて意見を変える可能性は低そうだな。
となれば任命権者の責任が問われるが、これも「民主党も悪いけど、自民党も悪い。既成政党はどこも同じだよね。」ってなるのかね?


いつからか、俺は自民党を弁護するようなことばかりを書いている。数年前の自分が読んだら驚くかもな。
でも真剣に「どの政策が、俺ら国民のためになるか」を考えた結果、現時点ではそれが自民党だけなんだ。
そうした政策を進めてくれるなら俺は別にどの政党でもいいと思っているが、民主党があまりにも酷いし。
その上マスメディアの印象操作もとんでもないから、やけに自民党の弁護ばかりになってしまうんだ。



民主党議員ってのは、誰の為の“政治”をやってんだ?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ