人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


法案

<歳入庁設置法案>は、今回も狙ったかのように時間切れ?

私は以前から何度も<歳入庁>について書いてきました。
<『“特定秘密保護法案”よりも影響が大きい、“歳入庁設置法案”』>http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4650282.html

去年も会期終了間際に<歳入庁設置法案>が国会に提出されましたが、狙ったかのように時間切れで、成立しませんでした。


(今国会もあと半月で終わるよな。あれぇ。そういえば<歳入庁設置法案>の“にゅ“の字も見聞きしないなぁ)と思っていたところーーー 

 <6野党、行革法案提出へ=「歳入庁」設置 (時事ドットコムより)> http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014060600878&g=pol 

今度こそ成立しますかね・・・。これこそが“実行すべき改革“=多くの国民の為になる改革だと思うのですが。
何故か<多くの国民にとっては“痛み“だけ。負担が増えるだけの改革>ばかりが実行されようとしています。

なんでだろう、なんでだろう。



クリックして貰えたら嬉しいです。



人気ブログランキング
 

結局、「国民が正しい知識を持ち、“自分ごと”としてしっかり考えること」 が

自分の利益しか考えていない、デタラメばかり言っている者の満足気な顔が・・・「憎たらしいこと火の如し」という感じです。
連中は調子にのりやがっ・・・気持ちがハイになっているようで、早くも
『平成27年10月には消費税率を10%にすることも予定されています』などと言っています。
しかしそれは「8%への増税」の後の話。そして
「8%への増税」は、“消費税増税法案”
http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/sh20120330g.htm にある
歳入庁の創設による税と社会保険料を徴収する体制の構築について本格的な作業を進めること。
をやってからの話ですよね?
ーーーーー
いやぁ、安倍総理は“やってしまった”と思います。

夕方の会見や、ニュース番組でのコメントを聞きましたが、どう考えてもスジの通った説明ではありません。
社会保障を安定させ、厳しい財政を再建するために財源の確保は待ったなしだ。経済再生と財政健全化は両立しうる。同時に達成する他に私たちに道は無い
などと、“ゆうしきしゃ”たちと同じような話をしていました。
これは「根拠の無い意見・願望」に過ぎず、全く説明になっていません。

消費税増税しても社会保障の安定とは関係ないし、財政再建、財源の確保には繋がりません。※

そして「経済再生と財政健全化(≒緊縮財政、増税+歳出削減)は両立しない」ことは、ユーロ加盟国が証明してくれています。
アチラは最近はやっと「まずは経済再生を進める」方向に変わってきました。※※

安倍総理自身も、一年ほど前の自民党総裁選挙の頃から、「デフレから脱却しなければ消費税増税はしない
増税しても税収が減ってしまっては元も子もない。その為には、まずデフレからの脱却が必要だ」と何度も述べていました。

ところが安倍総理の昨夜の発言の数々は、こうしたことが脳内から消えてしまったかのようでした。
これはフォローのしようが無いです。「騙した」「嘘つき」と言われてもしょうがないと思います。
安倍総理は最も大きな力である、「国民からの信頼・支持」を失ったのでは?

でも、でもあの自民党総裁選の時、他の4人の候補は、消費税増税に肯定的でした。
ただ一人、安倍候補だけが否定的だったのです・・・。

「国民の為の政治を実現する為」には政治の改革、マスメディアの改革も必要でしょうが、結局、「国民が正しい知識を持ち、“自分ごと”としてしっかり考えることが最重要で必要不可欠なのでしょうね。遠回りに感じますが。
ーーー
たかが3%分支払いが増えるくらいで文句言うな」という人もいますが、消費税増税は「税金の支払いが少し増える」というだけの問題ではありません。
デフレ下での消費税増税は“国民、企業の節約スイッチ”を作動させ、<所得減少、雇用悪化、経済縮小>に繋がることが問題なのです。

マスメディアで「年収500万円の家庭の場合、年間7万円の負担~」といった解説や、「生活が厳しくなるので、今までよりも節約しないと」という“街の声”を見聞きしますよね?
実際に今よりも節約する人が多ければ、「年収~万円」は維持できなくなります。
ーーーーー
※拙ブログ関連記事 
「消費税を30%にして、社会保障費を0にすれば、1000兆円は~年で完済できる」
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4562633.html 

「消費税増税で8兆円を得る為に、8兆円以上使う気?」
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4571326.html 

「安心して下さい。“国の借金1000兆円”は完済する必要はないですから。若い世代に押し付ける“請求書”も無いです。」
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4583747.html 

「『消費税増税しても、法律上、数字上、“国の借金”は1円も減りません。むしろ疑われます、別の意味で。』」
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4589964.html

※※「「収入減または失業しても、消費を増やす」という人はいますか?」
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4485058.html  



財政支出を増やす必要性は、今まで以上に高まった!
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

『“歳入庁の創設~本格的な作業を進めること”はどこへいった?』  

“消費税増税法案”
http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/sh20120330g.htm を確認します。


・国に入る消費税収は6.3%分であること(地方消費税1.7%と合わせて8%)。
・消費税の使途は、年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化対策に限られる。

<附則>
・経済状況を好転させることを条件として実施する。
デフレ脱却及び経済の活性化に向けて、平成23年度から平成32年度までの平均において名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。そのうえで、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。

<税制の抜本的な改革及び関連する諸施策について(第7条関係)>
『歳入庁の創設による税と社会保険料を徴収する体制の構築について本格的な作業を進めること。』

(“増税の条件”を表したグラフ 拙ブログ「“法律通り”なら、来春からの消費税増税はできない
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4588158.html
名目、実質GDP成長率
 
――――――――――――――――――――


といった話を多くの国民が知らないままで、「来春からの消費税3%増税」が決まってしまうのなら、いったい何の為の法律なのでしょう?
この法律は、良心のある人が頑張って作ってくれた法律でしょうに・・・。

冒頭のリンク先を見てもらうとわかりますが、<税制の抜本的な改革及び関連する諸施策について(第7条関係)>には『~について検討すること』という文言が沢山あります。その中で『歳入庁の創設~』だけが、わざわざ『本格的な作業を進めること』となっています。
それだけ重要なことなのに、「歳入庁」という単語をマスメディアで見聞きすることはありませんよね?

<歳入庁構想>は「財務省は予算配分、優遇税制、税務調査などの権限を実質持っていて、力が強すぎる。だから歳入庁を作ってその力を弱めよう。」という目的だという話があります。
この“消費税増税法案”の他の話は表に出ずに、「消費税増税は決まった。あとは法人税減税をどうするかだ。」という話しか出てこない現状が、財務省の力を証明していると感じます。。


~~~~~
本来、どこかの混乱を望むのはイケナイことでしょうし、“他力本願”で情けない気もしますが、今最も“期待”しているのは「4千年の歴史がある国」です。
そろそろまた、「シャドーバンク(影の銀行)がヤバイ!」という話が出てくると思います。
あの国の経済に大きな何かがあったら、さすがに「日本の景気の見通しは明るい!来春から消費税増税すべきだ!」とは言える者はいませんよね?
いや、いるか。
「こういう状況だからこそ、財政規律が重要だ。消費税増税の必要性は一段と高まった!」なんて言うのが・・・。



「“逆フィルタリング”は、いけませんねぇ」と思う人はクリックを
人気ブログランキング 

“日本の財政問題”も、事実を無視して“作り上げられた問題”

“日本の財政問題”も、事実を無視して“作り上げられた問題”です。
<歴史問題、近隣諸国条項、憲法>等に関しては、産経新聞と朝日新聞とでは、主張が全く違います。
しかし、“日本の財政問題”<経済・財政>については、大手メディアは同じ主張をしています。
(唯一の例外?は産経新聞編集委員の田村秀男さんです)※

~~~~~
政府は今になって、<来年4月からの消費税増税>を迷いだしてますよねぇ~」といった報道があります。
しかし、違います。迷っているわけではなく、“消費税増税法案”の規定通りです。
――――――――――――――――――――
<社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案>
http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/sh20120330g.htm (財務省のHPより)
『7.附則
○消費税率の引上げに当たっての措置(附則第18条)
・消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため~
・この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第2条及び第3条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。』

――――――――――――――――――――

あの法案は、もともと『消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施~、経済状況等を総合的に勘案した上で、
その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。』という法案なのです。
<来年4月から消費税増税>は確定しているわけではありません。

最近では<来年4月からの消費税増税を実施すべき理由>として、
財政健全化の観点から予定通りに消費税増税を実施すべきだ
もう世の中は、<消費税が増税される>つもりでいるのだから、見送ったら混乱する」といった主張もありますが、ちゃんとした理由になっていないと思います。今後も理由は色々変わるかもしれません。

“日本の財政問題”についてよく調べ、じっくり読むと“問題”ではないことがわかると思います。


お時間がある方は田村秀男さん※の記事をお読み下さい。
――――――――――――――――――――
<アベノミクスに立ちはだかる経済メディアは「オオカミ少年」そのもの> 
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130412/fnc13041208130002-n1.htm

<【日曜経済講座】 編集委員・田村秀男 アベノミクスと消費増税を考える>
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130623/fnc13062308290001-n1.htm 

<【月刊正論】 アベノミクスの天敵…消費増税を放棄せよ> http://sankei.jp.msn.com/life/news/130612/bks13061203050000-
n1.htm 

<【日曜経済講座】 アベノミクス効果で税収増 消費増税なしの財政再建可能> 
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130714/fnc13071414480002-n1.htm

(以上、産経ニュースより・・・こうした社の方針とは異なる記事を載せるのは、懐が広いのか何なのか・・・)



「“逆フィルタリング”は、いけませんねぇ」って人はクリックを
人気ブログランキング

“庶民の味方ヅラ”をしてるヤツ

<消費税増税の既成事実化>“逆フィルタリング”“庶民の味方ヅラ”をしてるヤツに気をつけて」という話。


来年、消費税が増税されます。だからそれまでに~をしましょう」という話を頻繁に見聞きする。
新聞にも「大きく景気が悪化しない限り、2014年4月から消費税は8%になる」と書いている。

おい、ちょっ、待ぁてよ。
<2014年からの消費税増税>は決まったわけじゃない。“大きく景気が悪化しない限り”なんて条件を勝手につくるなよ。

には

・消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため~ 
 ・この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。
   
という附則十八条がある。

昨日の国会でも「経済動向次第で消費税増税を中止する覚悟は?」と問われた安倍総理は

ところがこの発言、ほとんど報道されていない。国民に知られないようにしてる?得意の“逆フィルタリング”だな。


また、“庶民の味方ヅラづら”をして
来年“大増税”されるんですよ?!政府は私たちの生活のことなど全然考えていません!酷いでしょう?」なんて言ってるヤツがいる。

この発言だって、来年の消費税増税を“規制事実化”させようとしているだろ?
こういうヤツにもご注意を。


「多くの国民がこうした事を知れば<消費税増税>は中止できる、中止させなきゃいけない」と思う。


<消費税増税>は決まっちゃいない!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ