人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


解散

『今後また“ゾンビ法案”が蘇ってきた時に備えて、しっかりと覚えておこうと思います』

あらためまして、<人権委員会設置法案>を知っていますか?
この法案は<人権侵害救済法案>、<人権擁護法案>と名前を変えて何度も蘇ってくる“ゾンビ”のような法案です。
これこそ「全国民が処罰の対象になりえるもの」で、『人権侵害の定義が曖昧で、拡大解釈をされて言論統制につながりかねない!表現の自由が弾圧されかねない!』という批判がありました。
人権委員会設置法案
(城内みのる衆議院議員のHP http://www.m-kiuchi.com/2012/11/page/3/ より)


これが成立してしまう恐れがあったのは、たった1年前のこと。
去年<解散総選挙>にならずに民主党政権が続いていたら、この<人権委員会設置法案>が成立していた可能性が高いです。
この法案こそが本当に危険で“反対キャンペーン”が必要だったのに、そうしたことはありませんでした。
おそらく多くの国民はこの法案の存在すら知りませんよね?


私は上記の<人権委員会設置(侵害救済、擁護)法案>には反対、<特定秘密保護法案>には(改善、修正が必要だとは思いますが)賛成です。
それが日本の国民の為には“正解”だと思っていますが、「両法案に反対」という意見も、なんとかギリッギリ“アリ”だとは思います。

でも、「<人権~>には賛成or知らないフリ、<特定秘密保護法案>には反対!」というのはオカシイでしょう?!
報道機関、“じゃーなりすと”や“ぶんかじん”で、結構そういうのがいますよね?
今後また“ゾンビ法案”が蘇ってきた時に備えて、この連中の主張をしっかりと覚えておこうと思います。
ーーーーー
<特定秘密保護法案>に関連した報道の影響で、世論調査による「安倍内閣に対する支持率」が10%ほど下がったようです。
支持率が下がって当然だった時、モロに公約を破って「来春からの消費税増税を決断しました」と表明した時に下がらずに、今回はガクンっと下がる。
要するに「世論や世論調査はマスメディアの“さじ加減”でどうにでもなる」ということでしょう?
前都知事とその息子たち、厚労大臣の不祥事はどのタイミングで報じるのか?それとも報道しないつもりなのか・・・。

そういえば、<歳入庁設置法案>は今回も成立しませんでした。残念です。
来年こそは絶対に成立して欲しいです。



「“逆フィルタリング”は、いけませんねぇ」と思う人はクリックを
人気ブログランキング 

野田“まだ”総理大臣や前原“まだ”大臣、そして前総理大臣の話は?

来週発足する<安倍政権>について、いくつか(えぇ?!)と思う話が出てきている。
が、以前読んだ<約束の日 ~安倍晋三試論/小川 榮太郎>という本の内容を思い出した。


前回の<安倍政権>は数多くのことを成し遂げていた。
<教育基本法の改正>
<国民投票法の成立>
<防衛庁の「省」への昇格>
<政治資金法改正>
 等など。

安倍総理は<日本が抱えている数々の歪み>を正そうとした
でもそれは“多くの敵”を作り出すことになり、国や党の内外から攻撃されることになった。

前回の<安倍政権>時、大騒ぎしていた<大臣の事務所費問題>については
安倍官邸の“身体検査”が甘かったのではなく、閣僚バッシングの基準が突如変わったのである。現に、安倍内閣で問題になった閣僚の殆どは、入閣経験者か、自民党の主要ポストの歴任者である。
と、この本に書いてある。
なるほど、確かに。
そういえば、野田“まだ”総理大臣や前原“まだ”大臣にも<不透明なカネの問題、事務所費の問題>があるし、「(前総理の)<草志会>から<市民の会>への献金問題」もあるのに、ほとんど報道されていない。
マスメディアの“サジ加減”、どんだけぇ~?!
――――――――――――――――――――
前回の<安倍政権>の反省点は、「真正面から、“直球1本”で勝負しようとしたこと」「いっぺんに、沢山の“敵”と戦おうとしたこと」だと思う。

だから今度の<安倍政権>では、「時には正面以外からも、“変化球”も交えて」「エネルギーを集中させて、“敵”を個別に順番にやっつける。」という作戦を取るつもりなのかも。

そのために、いくつかの点で妥協することになるかもしれない。
それは少し悔しいが、“長い目”で見たら、後で振り返ってみたら、「あれがベストだった」と思える日が来るはず。
だから一喜一憂せずに、落ち着いて応援していこうと思う。
――――――――――――――――――――
~ちくりコーナー~
総務省は20日、2012年の政党交付金の第4回分を7党に支給した。民主党と国民新党は、特例公債法が成立に至っていなかったことを理由に、10月に申請を見合わせていた第3回分を含めて受け取った。』 (時事ドットコムより)

で書いた通り、民主党はしっかりちゃっかり<政党交付金>を受け取った。
民主党が来年受け取る額は、今年に比べて約79億円減の約85億円とほぼ半減だそうな。
「こんな連中に85億も?」という気持ちはある。
それでもやっぱり、だからこそ<年内解散→総選挙>になったのはかなり大きいことだと思う。
カネがなければ組織を維持できず、ヤツらは“近いうち”に消えるだろうから。


経験は最良の教師である。ただ授業料はやたら高い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

“逆ギレ解散”~民主党をぶっ壊すノダ!

野田総理は立派だ!」などと言う人がいる。
ちょちょちょっと待ってよ。
当然のことをしただけでしょ?最近、<宇宙人><ペテン師>ばかりを見てきたから、少し感覚が麻痺してるんじゃない?
近いうちに」って発言から3ヶ月が経っているんだよ?それに「解散しろ」という話は去年から出ていたんだし。

別に立派でも何でもなくて、この数日で“野田降ろし”の動きが加速していたそうだ。
だから(このままだと“本当に近いうちに”民主党内に裏切られて、総理の座から降ろされる。だったらその前に解散してやる。)と考えていただけでは?
野田総理の強い気迫、覚悟を感じた」などと言うキャスターがいたが、あれは<民主党内と戦う>“覚悟”で、“もう戻れない川を渡った”ってヤツじゃないか?
かつて「自民党をぶっ壊す!」というスローガンを掲げて人気を得た、小泉純一郎の真似じゃないか?
(自分を裏切ろうとしている民主党内に対して)何か怒り気味だったけど、ずっと怒っているのはコッチ(国民)だよね?
今度の解散は、言わば“逆ギレ解散”というところだ。 

<政権を取るためだけに集まった烏合の衆・民主党>が、内部抗争したからこそ、<解散→選挙>になったのかもしれない。内部抗争しなかったら、来年まで逃げ切られたと思う。

昨日※※なノダは「通知表~正直の上にバカがつく~」とか言ってたよな?ほんと、ヘドが出たわ。その通知表の最後に「“マイナス正直”」って書いてあっただろ?って話だ。

あの男って基本的に<演説が大好き>だよね?
で、「自民のせい~、自民の負の遺産が~」と何度も発言し、最後は「自民党に政権を担う覚悟はあるのか?」などとほざいていた。
本当によくもまぁそんなことを言えるよな。


追い込まれていた※※なノダが目をつけたのが<TPP>
経済界とマスメディアがなんとしても参加したいが、自民党は<実質反対>の方針。
(これはチャンスだ!<TPP参加>を表明すれば、経済界やマスメディアに応援してもらえるはず。)などと考えたんじゃないか?

案の定、マスメディアの<野田賛辞報道>が多いでしょ?

価値観は人それぞれだから、仮に2歩譲って昨日の討論は安倍総裁よりも野田総理が“押していた”として、俺ら国民が選挙で選ぶべきなのは<討論が上手な人、口が上手い人>じゃないよね?


経験は最良の教師だ。ただ授業料はやたら高い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

やるべきことをやらず、全くやる気も感じられない、サボってばかりのヤツ

あなたの職場に(学生さんなら委員会や係)、
やるべきことをやらず、全くやる気も感じられない、サボってばかりのヤツ
はいませんか?

そいつに何度も注意したが、改まらない。
だから“クビ”にしようとしたら、
俺をクビにするだと?じゃあ条件がある。それをクリアしたら、辞めることを考えてやる
今まで何もせずにサボっていたくせに、急に
アレもコレもやらなきゃいけない。それなのに協力せずに邪魔をするのか?
って言い出したようなもんだ。
<クビにされる側が条件を出す>なんて、バカみたいな話でしょ?

去年も「一定のメド~」って問題があったが、こういう時に役目を果たすべき“社会の木鐸”は→
参院の問責決議には法的拘束力がない。にもかかわらず、問責決議を振りかざし、首相に退陣や解散を迫ること自体、間違っている。~法案を「人質」に駆け引きを続けるべきではない。」(ヨミウリオンラインより)

・・・え?まだ擁護する?
先日の懇談の賜物か。

10月26日(金)
【午後】2時31分、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。
    3時1分、在京民放各社の解説委員らと懇談。
    26分、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。(東京新聞<首相の一日>より)

この短い時間では、「2ヶ月ほど早いけど」って、“クリスマスプレゼント”を渡しただけかもな。
何せ、<官房機密費(報償費)>という、“毎月1億円、使途を明らかにしなくていいお金”があるから。
いや、これはあくまでも俺の想像ですよ、想像。

でも「今後も野田内閣は安泰」かというと、そうでもなくて・・・。

<人を騙したり、裏切ったりした人間は、その報いを受ける>という“むかし話”のような展開で、野田総理は党内の人間に裏切られて、生け贄にされる可能性もある。

民主党の渡部恒三最高顧問は「内閣不信任決議案が可決した場合には「内閣総辞職をすればいい。解散することはない。そういうことを言っている時期ではない」と語った。
(日本経済新聞より)

――――――――――――――――――――
<年内、しかも野田総理のままで解散→選挙>になることだけは絶対に避けたい民主党の連中は、「野田総理を生け贄にすれば、解散→選挙を避けられる。“細野総理大臣”にすれば、少しは民主党に対する批判が弱まるはず。」 と考えているようだ。

これもメチャクチャな話だよね?
つい先日、民主党は代表選挙をやって、<野田代表>を大差で再選したわけでしょ?

当時原発・環境相だった細野豪志という男は「福島への対応に専念したい~」と言って、代表選を辞退した。
<細野氏出馬断念で若手がっかり> (ヨミウリオンラインより)

そして代表選の後、原発・環境相から民主党の政調会長になり、「福島への対応に専念したい~」って話はどこかに飛んでいった。
その人間を総理に?さらにまた大臣を量産するって?

まさか、本当に言葉では言い尽くせないほど、とんでもないヤツらだ。
早く全員落ちればいいのに、選挙にも、ついでに土也獄にも。


昨日、アンケートを作ってみました。

この回答数が1000くらいいったら、そのグラフを貼って、民主党議員にまたメールしようと思っている。
「“細野総理にすれば~”なんて思ってらっしゃいます?つくづくおめでたい方ですね。」って。

民主党議員ってのは、いったいどこの国民の代表なんだ?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 



<人権委員会設置法案>

同社の「辛ラーメン」は問題の原料を使っておらず、回収対象に含まれていない。
ってさ。でも即席ラーメンは他にも選択肢があるからねぇ。
――――――――――――――――――――
(   )な民主党が唯一積極的に成立させようとしているのが<人権委員会設置法案>

政府は、新たな人権救済機関<人権委員会>を設置する法案を閣議決定した。早ければ今秋の臨時国会への提出を目指す。
ただ、同法案を巡っては与党内でも「人権侵害の定義があいまいで言論統制などにつながる恐れがある」と反対論が根強く~
 調査で人権侵害が認められれば、勧告や告発などの措置がとれる。」  (日経ウェブより)

なんだかさらっと書いているが、すごい事じゃない?
この法案の問題点としては他にも―――
・実際に被害者の訴えが無くても、その「おそれ」や「可能性」で、警察・司法を無視して人権委員の判断で実権を行使できる。
・子供にも適用される(年齢制限が無い)

等という点があるようだ。
――――――――――――――――――――

法務省のQ&A(人権委員会設置法案等)には
この委員になれるのは<日本人>ではなく、<市町村議会の議員の選挙権を有する住民>とわざわざ書いてある。
で、民主党のHP内<基本政策>→<選挙制度>
の欄には「~定住外国人の地方参政権などを早期に実現する。」と書いてある。

コンビプレーかよっ?!

上記の法務省のQ&Aで
外国人に地方参政権が付与されることになれば,外国人が人権擁護委員を委嘱されることになるのですか」という質問に対して
 「外国人に地方参政権を付与するか否かの検討過程で,改めて議論される問題です」法務省のHP >」と・・・。

(法務省)「ご心配は無用です。“鍵”をかけてあるから大丈夫ですよ。」 
→(民主党)「我が党がその“鍵”をあげますよ。
みたいな話だ。

詳しい内容を国民に説明せずに進めようっていうのが、<TPP問題>と同じやり方じゃないか?
いや、この法案はそれ以上に悪質か。
ネットを使わない<非ネッター>達は、この名前さえ知らないだろうから。
「“逆フィルタリング”を繰り返しているマスメディアが、この法案についてほとんど報じていない。」
+
「“あの”民主党が積極的に成立させようとしている。」
ということは、多くの国民にとって“かなり有害な法案”だと思う。
“ごく普通の生活”が壊されるかもしれない。

現政府・民主党は、<解散→選挙>以外のことは、もう一切するなっつ~の!


民主党議員ってのは、いったいどこの国民の代表なんだ?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

RSS
記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ