人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


読売新聞

<“あの“朝日新聞(笑)>と産経新聞の主張が一致している事

“慰安婦問題“を中心に、産経新聞は<“あの“朝日新聞(笑)>と戦ってきました。今回の“朝日新聞問題“も、産経新聞の功績が大きいと思います。

ところがどっこい、対立することの多いこの2社、 <日本の経済・財政>に関しては主張が一致している。
それどころか、日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞など、大手新聞社は揃って同様の主張なのです。
日本の財政は危機的状況だ。消費税は法律通りに(来年10%に)引き上げざるをえない。」
国の支出は減らすべきだ、とにかくムダを削れ」という“緊縮財政推し“で一致しているのです。
不思議でしょう?

ーーー
今回消費税増税の目的は、<社会保障の財源のため>、<税収を増やすため>でしたよね?
以前の消費税増税後は、逆に税収の総額が減りました。(↓のグラフの青い折れ線)
だから「消費税増税なんて“百害あって一理(一利)なし“じゃないの?」という主張があるわけです。
 
日本の財政関係資料 sy014_26_02-page-015
<日本の財政関係資料 財務省>
 http://www.mof.go.jp/budget/fiscal_condition/related_data/index.html 

今回の消費税増税の“効果と副作用“の検証もせずに、ただひたすら「消費税増税は法律通りに実行すべきだ」というのはオカシイでしょう?
さらに 『法律※ 通りに消費税を10%に増税すべきだ』とばかり聞くけど、『法律通りに<歳入庁の創設>を進めろ』というのは聞かない。
というか「さいにゅうちょう」の“にゅ“の字も聞かない。


 産経新聞は、経済・財政については根拠の無い主張を書いているんですよねぇ。“慰安婦問題“のように事実を基にして検証してくれれば、そういう話にはならないのですが。

中韓を恐れない産経新聞が、逆らえない存在がいる?
これはいったいどういう“事情“なのでしょう?
〜〜〜〜〜

<社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案 財務省>
 http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/sh20120330g.htm 

“アサヒ・ブーメラン祭“、「THE自ら火に油」。 いいぞ!“あの朝日新聞(笑)“。そのまま、“ありのままで、自分らしく“頑張って!

今までマスメディアは報じたい(書きたい)ことを報じっぱなしで、批判や疑問の声を無視してきました。
報道の自由、言論の自由だ!」という“盾“を使って、やりたい放題やってきました。
でもその状況が変わるかもしれません。何とか変わって欲しいです。
ーーー
“朝日新聞問題“はいい感じになってます。
“あの朝日新聞(笑)“があらためて
<慰安婦問題 核心は変わらず (朝日新聞デジタル)>
http://www.asahi.com/articles/ASG8W4CPWG8WUTIL01N.html
という記事を出しました。“THE自ら火に油“です。
いいぞ!“あの朝日新聞(笑)“。そのまま、“ありのままで、自分らしく“頑張って!


<また問題のすり替えとごまかしか 朝日、再度の慰安婦特集記事  (産経ニュース)>
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140829/plc14082904000002-n1.htm 

産経新聞は以前から朝日新聞に対して、“これらの分野“については異議をとなえてきました。
しかし朝日新聞と世の中に“スルー“されてきました。

産経新聞の朝刊発行部数約160万5千部(2012年)に対して、朝日新聞は約760万部(2013年)。
<朝日新聞はどんなメディア 朝日新聞社広告局ウェブサイト>
http://adv.asahi.com/modules/ad/index.php/about.html 
朝日新聞の読者は他紙の読者に比べて高学歴層が多く、平均収入も高い。また各業界の有識者層に読まれていて、社会的に大きな影響力を持っています。
自社の事なのでかなり“盛っている“でしょうが、産経新聞よりも何倍も大きかったことは確実。だから“スルー“してこられたのでしょう。

ところが今回は読売新聞(2014年7月時点の朝刊発行部数約924万8千部)も参戦してきました。(今回は参戦した方が得だ。ノーダメージで勝てる。アサヒのシェアを奪える)と感じたのかはわかりませんが。

<[検証 朝日「慰安婦」報道](1)虚構の「強制連行」拡散  (読売新聞)>
http://www.yomiuri.co.jp/feature/ianfu/20140828-OYT8T50022.html

<朝日「慰安婦」報道特集 (読売新聞)>
http://www.yomiuri.co.jp/feature/ianfu/


これは<良いこと>ですよね?大手新聞各社が同じ主張をしていたら不健全、というか異常。
各社がチェックし合う事で、デタラメな記事が減っていくはずですから。


また、朝日新聞は週刊誌各社ともモメています。

<文春・新潮に朝日新聞社が抗議 慰安婦問題巡り (朝日新聞デジタル)>
http://www.asahi.com/articles/DA3S11322238.html
 
<朝日新聞が週刊新潮の広告も拒否 慰安婦記事で  (共同ニュース)>
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014082801001147.html 

<文芸春秋:朝日追及キャンペーン 広告掲載、朝日が拒否 (毎日新聞)>
http://mainichi.jp/select/news/20140828k0000m040150000c.html

<朝日新聞社、FLASHに抗議文「捏造は一切ない」 (朝日新聞デジタル)>
http://www.asahi.com/articles/ASG856HTKG85ULZU017.html
朝日新聞社は5日、朝日新聞の報道を根拠なく「捏造」と決めつけ、名誉と信用を著しく傷つけたとして、FLASH編集長に抗議するとともに、謝罪と訂正の記事掲載を求める文書を送った。

〜〜〜〜〜
 『よっくもそんな事が言えるよなぁ?朝日新聞は根拠なく「日本は酷い事をした」と決めつけ、日本の名誉と信用を著しく傷つけただろ!謝罪と訂正の記事を掲載しろよ!』という見事過ぎるブーメランが飛んでくるわけです。
“アサヒ・ブーメラン祭“です。
 
こうしたちょっと面白い状況になっているのに、なかなかテレビでは報じられませんねぇ?「テレビは他人のトラブルが大好き」のはずなのに・・・。
「他人の」では無く、「同じムラの仲間だから攻撃したくない」のでしょうか?
テレビが報じ無いと、この件が広く深く伝わりませんよね・・・。
誰か著名人が絡んでくれば、テレビでも報じるようになりますかね?


「“事実無視、根拠無し“の話は、もう要らない」って人はクリックを


人気ブログランキング

あのお方の再就職先がとても気になる

<舞台ウラの選挙/三浦博史>という本に
.『<ネガティブキャンペーン>はウソを並べ立てて一方的に攻撃するモノではなく、事実を基に相手を攻めていく手法。 事実ではない嘘八百を並べて対抗馬の足を引っ張る差出人不明のモノは“怪文書”。』などと書いてあった。

へぇ、“事実を基に攻める”のが<ネガティブキャンペーン>なのか、知らなかった。
先日、このブログで書いた、<小沢元代表の妻の手紙>は、まさに“怪文書”だな。

小沢元代表と因縁のあるあの検事は辞職したって。
陸山会事件の虚偽捜査報告書問題で、元東京地検特捜部の田代政弘検事(45)を検察当局は不起訴処分とした。~法務省は同日、田代検事を減給6カ月の懲戒処分とし、同検事は辞職した。」(時事通信より)

なんだか、この元検事がかわいそうな気もするな。
やったことは決して許されないことだ。
でも恐らくこの件は検察という組織としてやったことだろうに・・・組織は守ってくれなかったな。
俺が心配するようなことじゃないけど、ちゃんと再就職できるのかね?


再就職といえば・・・俺はこのお方の再就職先がとても気になっている。
“九官鳥なノダ”の調教師である、現・財務省の勝栄二郎事務次官はどこに再就職するのかな?
IMFか、マスメディアか・・・あ、例のゴタゴタ(『数土NHK経営委員長が辞任表明 東電取締役専念』
(日本経済新聞より))以降、<NHKの経営委員長>のポストが空いているよな?

まさか、再就職先はNHKだったりして・・・。
普通ならあり得ないことだけど、「絶対ない!」とは言い切れないよな。
世の中ってヤツは“UFO”(♪信じぃられない~ことばかぁりぃあるの~♪)だからさ。

ちなみに少し前の読売新聞に出ていた記事。

30 読売人事 丹呉泰健

左から4行目の<丹呉泰健>という男は、元財務事務次官で、小泉元総理の側近。
そういう人間を<監査役>に?

だから<読売新聞>、それが<読売新聞>

(トップページ左側にて、アンケート実施中)

消費税増税法案には「停止も含め~」という附則がある!
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング 

グンと安くなりますよ!

このところ、あまり話題になってない<TPP問題>。

この件でも“情報操作“にぬかりない読売新聞。

この記事の中に『7日の局長級協議では、日本側は「すべての品目を自由化の交渉対象とする」との方針を説明したばかりだけに

という部分がある。

すべての品目を自由化の交渉対象とする」?そんな方針いつ決まった?

 国会で政府のトップが否定してたよな?

(時事通信より)

 今の日本政府は“二枚舌“で、国内向けと海外向けで言うことが違うんだ。

こういう場合に「国内で意見はまとまっていない。政府は国民に説明せず勝手にそんなことを言うのはオカシイだろっ!」と糾弾すべき大新聞がサラッと流す。

それどころか、政府のこういう姑息なやり方を後押しするように、「すでに決まったこと」かのように書いている

 “非ネッター“は疑うことなく、こうしたデタラメをどんどん刷り込まれているんだろうな。

 日本が<TPP>に参加するなんて決まってませんからね!

 

TPP>は<ヒト・モノ・カネの行き来を自由にする>というのが基本方針。

<自由>って言葉の響きはとても良いから“100%素晴らしいこと“に聞こえるが、その響きに乗せられないような注意が必要じゃないか?

この場合は<ヒト・モノ・カネが必要な時に必要なだけ、域内最低価格で自由に調達できる>ってことだよ?

やがて、同じモノやサービスは同じ値段になり、人間の“価格“である給料も<同一労働・域内均一>になっていくんじゃない?国民自身が“価格競争“にさらされるんだ。

<雇う側>のメリットは大きいが、<雇われる側>は?

 <過度な自由>は非情で残酷なモノだと思う。

それに今の日本って<自由>がそれほど制限されているとは俺は思わないから、これに関しては大きな変化は要らないかと。

 

テレビでは「TPPに参加すればメリットが一杯。デメリットを受けるのは農家などごく一部」というように報じていたが、そんなわけがない。

池上彰も「お米等、色んなモノの値段がグンと安くなりますよ!」と言っていたが、巡り巡って自分の給料もグンと安くなったり、失業したら意味ないと思わない?

どんだけ万能なんだよ?まるで<魔法の杖>のようだ。

ここ数日、読売新聞の報道が一段と酷い。

また「国の財政を家計に例えると」などという記事などを書いている。この<家計に例えるパターン>の時は決まって「積もり積もったローン(負債)の残高は※千万円だ!」とだけ書く。日本政府には(負債)だけでなく(資産)も沢山あるのに、いつも(資産)のことは書かない。

 いや、そもそも国の財政と家計は違うんだって。国の財政を家計に例えちゃダメだって。

何しろ家計は<円>を発行できないだろ?さらに日本の場合、借りてる先は、ほとんど国内だし。

 このままだとギリシャのようになる!」って話もフィクションだ。

あのギリシャは他国からカネを借りていて、そのカネ<ユーロ>を自国で発行することができない。だから苦労しているんでしょ?

ギリシャの国民に日本の話をしたら、きっと「日本も財政破綻の危機?あ゛?フザケルナッ!コォノヤロー、ケンカ売ってんのか!」って言われるぞ。

 

 新聞では他にもゴチャゴチャと“アメとムチ“的に書いている。

要するに

消費税増税せずにこのままだと老後の安心も得られないし、子育ての環境も良くならない。お先真っ暗だ。増税が遅れるほど、どんどん“痛み“は大きくなっていく!

しかし消費税増税すれば保育所増設などによって子育て世代の負担は軽くなる。増税分を社会保障の充実に使えば、老後も安心した生活が送れる。おカネを貯めこむ必要がなくなり消費が伸びて雇用も増える。」とまさにバラ色。

<消費税増税>って、どんだけ万能なんだよ?まるで<魔法の杖>のようだ。「これさえすれば全て解決!」みたいな話・・・これも詐欺によくあるパターンじゃない?

 そしてコイツらの言う増税の理由、「税収を増やすために消費税増税しかない」っていう話。

 

 財務省 税収q13_img

<財務省のキッズコーナー>より

 

消費税3%が始まったのは平成元年。

翌年までは税収が増えているが、これはまだバブル景気の余力じゃないか、と。

平成3年からは現在まで“右肩下がり“、消費税率が5%に上がった平成9年以降も“順調に“税収は減っているように見える。

俺は「消費税増税」して税収が増えるとは思えないが、どう思うかはアナタ次第。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ