人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


韓国

韓国メディアが「腹立たしいが反論は困難」という、“ベトナム韓国軍慰安所”報道

“悪の日本”と勇敢に戦って、独立を勝ち取った」という教育をしている※韓国と、本当の友好関係を築くのは無理でしょう?
一時的に関係が良くなったとしても、またやがて揉める。
向こうは、この“(韓国にとっての)正しい歴史”を今更変えられないだろうし。

それにしても韓国のマスメディアは(も?)えげつない。
たしかに朴大統領はアレですが、なんだか“ナッツ姫”のようになりそうな気配も・・・。 

今はとにかく“MERS対策”に集中して、頑張って !」と言いたいです。
 
〜〜〜〜〜
この件↓知ってます?
大手報道機関で報じたのは産経だけのようですが。

<TBS支局長“左遷”のナゼ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ - ZAKZAK> http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150426/dms1504261140005-n1.htm @zakdeskさんから

<韓国メディア「腹立たしいが反論は困難」 文春“ベトナム韓国軍慰安所”報道 - 産経ニュース>
http://www.sankei.com/world/news/150513/wor1505130021-n1.html @Sankei_newsさんから

〜〜〜〜〜

拙ブログ
<光復節>---韓国は日本と戦ってはいないのに、『日本と戦って勝利した記念日』だそうな
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4845882.html



「知らないな。」と言う人はクリックを
人気ブログランキング

MERSの為、ロシアと香港は“韓国への渡航自粛勧告”を出している

<NHK NEWS WEB MERS 知っておくべき6つの事>
 http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2015_0608.html

『隣国の韓国で増え続ける感染者。では、日本にもMERSウイルスが侵入したり、韓国を旅行して感染したりすることがあるのでしょうか。

ー専門家の答えは「現時点では考えにくい」です。
 韓国内では、MERSコロナウイルスがどこにいるのか把握できていて、現時点では、いわゆる“封じ込めができている”状況になります。

このため、専門家は、韓国に旅行に行ってソウル市内で感染したり、ウイルスが韓国から国内に入ってくる可能性は極めて低く、一般の人たちが不安を感じる必要はないとしています。』
ーーーーー
以上は日本の公共放送、NHKの情報です。
でも『感染から症状が出るまでの潜伏期間が9日~12日』※という話もあるのに、何故このように言い切れるのか?
そしてあの国はこういう↓国だし、“封じ込めができている”とは思えない。
ーーーーーーー
<外交部がマーズ対策チームを稼動 反韓感情などを防止へ KBS world>
『韓国の外交部当局者は4日、マーズ対策チームを設置し、稼働していると発表しました。
この当局者は「マーズの感染拡大による外国人観光客の減少や反韓感情の広がり、国の信用度低下などさまざまな影響を未然に防ぐため全力を尽くしている。
そのために(外交部の)関係局が参加する対策チームを構成した」と述べました。』
 

<時事ドットコム:MERS死者5人に=感染者は64人、病院名公表-韓国>
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060700022&g=int @jijicomさんから
『政府は「病院や地域に混乱を招く」として病院名を公表してこなかった。
しかし、公表を求める世論が強い上、幅広い情報収集が必要と判断。
最初の患者から多数が感染した「平沢聖母病院」を5日に公表したのに続き、患者が発生または一時滞在した24の病院のリストを7日公表した。』


<韓国:MERS死者5人に-サムスンソウル病院でも感染確認 - Bloomberg>
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NPLEKX6TTDS001.html

<韓国MERS:情報を公開しない政府の姿勢が不安を煽る http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20150608/284013/?n_cid=nbpnbo_nbotw_top #日経ビジネスオンライン>
ーーーーーーー
「感染を広げない」というのは後回しで、“サムスンへの配慮”等が優先?政府の対応が見事に後手後手。
「本当に病院外に感染者はいないのか?検査を受けてないから、見つかってないだけじゃないのか?」という疑いもあります。

もしも(アレ?)という症状が出たら、保健所に電話をして下さい。
<保健所管轄区域案内 地域別検索 厚生労働省> 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/  


ちなみにロシアと香港は、“韓国への渡航自粛勧告”を出しました。 
<ロシア市民に勧告、コロナウィルス禍のUAEおよび韓国への渡航を控えるよう / Sputnik 日本>
http://jp.sputniknews.com/russia/20150608/431994.html

<時事ドットコム:韓国渡航自粛呼び掛け=MERSで香港衛生当局>
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060800813&g=int @jijicomさんから

怖がり過ぎる必要は無いですが、“まさか”に備え、念の為。

何よりも“手洗い”の徹底を
〜〜〜〜〜

<中東呼吸器症候群(MERS) 検疫所による情報 NIID国立感染症研究所>
http://www.niid.go.jp/niid/ja/id/2186-disease-based/alphabet/hcov-emc/idsc/4676-mers-forth.html

<中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A  厚生労働省>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers_qa.html


「楽観も悲観もせずに“準備”はしておこう」と思う人はクリックを
人気ブログランキング

『予防法やワクチンや特異的な治療法は無い』


韓国では大騒ぎになってるようですが。

<MERS 軍が緊急対策に着手 KBS WORLD>
『国防部は、軍部隊にマーズが流入するのを防ぐため、24時間体制の状況対応チームを稼動する緊急対策を始めました』

ーーーーーーー
・主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。
感染しても症状が現われない人や軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があります。

・ヒト-ヒト感染が強く疑われたり立証されたりしています。このような感染はすべて、医療機関や近親者の中で起きています。しかし、これらの集団の中で感染が起きる機序は、呼吸器を介するのか(例えば、咳、くしゃみ)、接触(患者による環境の汚染)によるのか、分かっていません。

・現在、MERSに対する予防法やワクチンや特異的な治療法はありません。患者の症状に応じた治療(対症療法)になります。
 MERS-neg
<中東呼吸器症候群(MERS)について 厚生労働省>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html
 
<中東呼吸器症候群(MERS)  国立感染症研究所>
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/alphabet/mers/2186-idsc/2686-mers.html
―――――――――――――― 
こうした症状が、例えば原発やオスプレイから出た何かの影響だったら、きっと日本でも大騒ぎになってますよね?
「何が、誰が、どこが原因か?」によって、報道の扱いが違い過ぎると感じます。“大人の事情”でしょうか?
そういう事は止めて、「重大さや深刻さ、その可能性」に応じて報道して欲しいです。

MERSは現実に差し迫った危険なのだから、もう少し警戒した方が良いと感じます。



(なぁ~んか変だなぁ変だなぁ~。おかしいなぁおかしいなぁ~。)って思う人はクリックを
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブログランキング

“ナッツ姫”だけじゃない。  これが“権力者による圧力”だ

最近、日本で報じられている韓国のニュースと言えば、“ナッツ姫”関連ばかりですよね?
これ、「法やルールを無視して話がズレていく。突然立場がひっくり返るところ」が、とてもあの国らしい。

しかし、韓国では他にも「えぇっ゛?!」というニュースが。


 <韓国、首相候補が記者をどう喝 疑惑報道止めたと誇示 - 47NEWS(よんななニュース)>http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020701001584.html

<@kbsworldradio 総理内定の李完九氏 野党が辞退求める http://durl.me/7uhs4j>

<【本紙前ソウル支局長公判】朴政権下で強まるメディアへの圧力 “口封じ”に司法界から異議も - 産経ニュース>
http://www.sankei.com/world/news/150207/wor1502070002-n1.html 


<@kbsworldradio 国家情報院の大統領選介入 控訴審で元院長に実刑判決 http://durl.me/7uhs4j>

<@kbsworldradio 前大統領の回顧録 秘密漏えいの疑い http://durl.me/7uhs4j>

<統合進歩党の解体命令 国際人権団体や外国メディアが批判   KBS World Radio>
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?lang=j&No=53029&id=In

旅客船沈没事故の後ゴタゴタした結果、首相が続投※。今年になって交代しようということになったら、またゴタゴタが発生。
なんかめちゃくちゃ・・・ひとごと(他国事)ながら心配になります。

このところ日本でも「政府(権力者)による圧力〜」という話をしばしば見聞きしますが、本当の“権力者による圧力”とは、こういうもののようです。

〜〜〜〜〜

<何よりも国民感情優先で、国民感情でモノゴトが決まる国>
http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/4811496.html

 

韓国の“ことしの四字熟語”は、すごくイィッ(≧∇≦)b!

韓国の“ことしの四字熟語”は〜
『「指鹿為馬(しろくいば)、鹿を指して馬となす」は、間違いを間違いと認めず、強引に押し通すことを表す四字熟語。
次いで多かったのは「削足適履(さくそくてきり)」 大きな足を削り落として、靴に合わせる」は、本末を取り違えて、無理に物事を行うことのたとえ。
去年の四字熟語は、正しい道理に逆らった手段、方法をとることを意味する「倒行逆施(とうこうぎゃくし)」だった』
そうです。※ 


ーーー
日本経済新聞は、日本政府の掲げた経済対策に懸念を表明しています。
毎度おなじみの、公共事業を批判と「バラマキだ!もっと歳出を減らせ!」という話です。

<経済対策にバラマキの懸念はないか 日本経済新聞> 
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO81430350Y4A221C1PE8000/


(現在は徐々に解消してきているようですが)「公共事業や民間工事の執行の遅れ」が指摘されることがありますよね?
これは「長年公共事業を減らしてきて、それに携わる人間や企業が減った」“ツケ”です。

公共事業は半減
(内閣府のデータ http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data.html より作成。黄緑の折れ線が“公共事業費”)

足を小さい靴に合わせろ!」みたいな事を言いつつ、「(日本は)もう成長しない」って言う人間や“指鹿為馬な人間”はいませんか?
今年、“倒行逆施”を感じることはありましたか?

そういうのは今年で終わって欲しいですよね。
〜〜〜〜〜

<「鹿を指して馬となす」 ことしの四字熟語 KBS World Radio>
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?lang=j&No=53035&id=Dm
『大学教授が選ぶことしの四字熟語に「指鹿為馬(しろくいば)」が選ばれました。
指鹿為馬、「鹿を指して馬となす」は、間違いを間違いと認めず、強引に押し通すことを表す四字熟語です。
次いで多かったのは「削足適履(さくそくてきり)」でした。
削足適履、「大きな足を削り落として、靴に合わせる」は、本末を取り違えて、無理に物事を行うことのたとえです。
去年の四字熟語は、正しい道理に逆らった手段、方法をとることを意味する「倒行逆施(とうこうぎゃくし)」でした。』 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ