ゆっくり確実にお金持ちになろう

投資歴17年の文系主婦sunです。金融資産1億を目指し、旦那がタイ赴任から帰国する5年後までに、旦那の収入に依存しなくてもやっていける自立した家計を作ることを大目標に設定しました。日々スキルアップに励み頑張ります

投資デビューは投資信託フィデリティジャパンオーブンの積み立てでした。その後中国株で初めて個別株投資を経験し、日本株は2014年まで大型株中心の運用でしたが、ブログ「エナフンさんの梨の木」に出会い中小型成長株投資の面白さに魅了されています。日本株のPFはカテゴリー今月のPFの状況記事で毎月月末に更新。アメリカ株は不定期にアメリカ株のPFの状況カテゴリーで公開しています

買い

エニグモ   テモナ プレミアグループ コーア商事(new)  ベリサーブ(再IN)

売り

エイチーム(売り切り)  ビューティガレージ(売り切り) ワークマン(売り切り)



今週は好決算の割に軟調な動きをしていた先週金曜日のPTSと火曜日にエニグモを買い戻しさらに上乗せして資金を寄せました。水曜日には高値ブレイクし上昇しだしたため、残った資金でさらに仕上げ買い
詳細な分析をご覧になりたい方は下のリンクの記事を参照してみてください


この時点でいったんCPはほぼ0に

その後以前2Qでファンダついてこなかったら怖いなと一旦手放していたベリサーブが再び高値をブレイクしてきたため、資金捻出のためにエイチーム、ビューティガレージ、ワークマンをすべて売り切ってベリサーブを買戻しました。

絶対ではないけどベリサーブは1Qはスロースタートで期が進むと階段状に伸びていく決算がでる事が多いので、1Qよりは伸びの良く見える決算が出る可能性に賭ける感じ。通期では上方修正来ると思ってますが、なにせフロービジネスなので四半期単位だと読み切れないので仕方なし

また地合いが一旦売り切った頃より明らかに好転しているのも買い戻した根拠かな。

以前の大爆発後高くなりすぎた反動で業績好調にもかかわらずずーっと株価はヨコヨコだったし、エネルギーが溜まってるから期待ほどではなくてもまあまあの決算なら20倍代前半のPERですし大きく売り込まれる事もないかな?と思っているのですがどうなるでしょう

BS、PL、キャッシュフロー、業種どれをとってもこれだけ綺麗な会社でPER20倍代前半の物ってなかなかないように思うのですが

他ではテモナ、プレミアグループを買戻し、新規銘柄としてパクリ銘柄のコーア商事を仲間入りさせています

売り切った3銘柄はどれも良い銘柄で資金があれば売ることはありませんでした。
もしスタメンメンバーに何があればすぐに交代させられる優秀な控えとしてしっかり囲い込んでおきいたい会社ばかりです


それにしても今年は何か上手くいきすぎてて自分でも怖くて思わず下のような弱音をツイッターで吐いてしまいました


運用資産全体では信じられない規模の運用額になってきてて、日本株だけでも数年前なら考えられない額を運用している今の自分は果たしてそれにふさわしい実力と器があるんだろうか?


全然自信がないので足りないものがちゃんと追いついてくるように気を引き締めて頑張っていかなきゃですね



タイからはコメントへの投稿ができないことが判明したため、コメント欄を閉じさせていただきました。

ご意見はツイッターの方にお願いいたします


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村


先週金曜日の決算発表から間が空きましたが今日はエニグモの2Q決算を分析していきます


0007


見てのとおり非常に順調な決算でした。先期にウェルク騒動でダメになったメディア事業を精算したことにより、営業利益率が40%と以前の高収益に戻ってきています

0010

0015

新マーケティングミックス施策への投資額は先期本決算資料で2億円と開示されていますので、おそらく上期にほぼその費用は計上されている感じでしょうか。

0016

0017

会員数に関する資料です。会員数とアクティブ会員数から計算したアクティブ率は1Q18.9%→2Q18.6%と漸減傾向は継続していますが、下落率がずいぶん小さくなってきた印象です。新マーケティングミックス施策には休眠会員の掘り起こし、新規会員のアクティブ率UPという狙いもあるのですが、そこが機能し始めている可能性を感じます。

もしかすると3Qにはアクティブ率の漸減傾向が底打ちとなるかもしれませんね

ファッションECの競争は激化するばかりで数年前よりバイマでなくても買えるものも増えてきており、差別化が弱くなってきている事がアクティブ率低下の原因と私は考えています。

その理由により、新規に獲得する会員さんも数年前よりはマスに近い顧客である事は間違いないため、会員になってくれてもアクティブ化するのは以前より難しくなってきてると思っているので、新マーケティングミックス施策の効果がその逆風をはねのけているのだとしたら、長期的に地味に効果が持続する好材料かもしれません

0019

バイマの扱うファッションは季節偏重のある商材ですので、累計の前年同期比より四半期毎の成長率を見る方がより重要です。

上のグラフのとおり新マーケティングミックス施策のスタートした先期4Qから再び成長率がUPし始め、2Qでは取扱高ベースで25%成長と一段ギアがあがってきました

エニグモはどのようにサービス認知層を会員として獲得し、それをアクティブ化し、またコンバージョン率UP等購買行動を刺激するにはどのようなアクションを起こせばよいのか?

そこのPDCAを回すことが非常に巧みな会社であることは、2016年1月期の大規模テレビCMからSNS刈り取り施策につなげて、大きな成長した過去の経緯から強く私が感じている点でした

そのためこのグラフをみて新マーケティングミックス施策が同様にうまく回り始めた結果、先期4Qからの成長率安定成長軌道につながっていると確信に近い手ごたえがあります。

0023

ARPU(年間平均購入額)はしばらくほぼ横ばいでしたが今期は6%上昇しました。これは取扱高の成長率UPに大きく貢献した要素でしょう

0026

男性会員はこの一年ほど継続して比率が上昇していています。それに伴いメンズカテゴリも増加。これは顧客属性の裾野が広がるポジティブな変化です

0027

0028

0029


ここまで見てきて、何か一つの要素が大きく伸びた訳ではありませんが、一つ一つの要素が少しづつ改善した結果、再び取扱高の成長率が上がってきたことがよくわかると思います

株のPFでもそうですが、何か一つの銘柄に集中していると伸びる時は凄いですが外れた時の落ち込みも酷くなりますよね。しかし分散されたPFの場合破壊力はなくなるものの安定感は増してきます

これと同様に、アプリの改善、新施策による地味な顧客へのアプローチ、決済手段の多様化など一つの施策をとりあげるとこれがハマったんだという施策はないものの、各要素の地味な貢献によって今のバイマの成長に繋がっているといえ、安定成長期に入りつつあると感じます

特に一見あたりの平均単価のUPはスタートトゥデイの決算を見ていても世の中のトレンドはむしろ下落であるのに対し、上昇しているというのはバイマがファッションECとして王者と差別化できている状況証拠ともいえるのではないでしょうか



0037


7月末にリリースされた新サービスバイマトラベルです

既存パーソナルショッパー網をそのまま現地ガイドさんとして活用できますし、アクティブ会員に対しては特に宣伝をしなくても認知されるでしょう

インポートブランド好きな方は海外旅行も好きなはずですし、バイマのサービスそのものがちょっと人とは違う物を持ちたい人に刺さるサービスなため、ちょっと人とは違う現地体験を求める人も多いはず。

カスタマーサポートなども既存の事業の資源をそのまま活用できますし、特に大きな投資いらずでスムーズに立ち上がるとみています。

現時点ではWEBサイト上の目立つ所にサービスリリースを告知する表示もありませんし、メール等もいっさいきていませんので、会社の説明どうり本格的なスタートは来期という事でしょう。

単価が物販よりも低いためいきなり大きな取扱高を期待することはできませんが、最初から高い利益率でスタートできると考えています


0041

グローバルバイマに関しては特に大きな変化はありませんでした。

今期中に単月黒字化を目指していますが、本当に4Qで黒字化が発表されば長期的な上昇トレンドとなってくるかもしれません


0045


下期に期初は予定していなかった小規模マス広告を1.5億打つと資料にありましたが、それをいれても通期上方修正は射程に入ってきたと思います

決算前にかなり集めていたので、昨日の失速にはがっかりしましたが、今日は素直に上昇してくれて嬉しかったです。

ファンダの良化を伴って高値をブレイクしましたのでしばらくは強いトレンドが継続するのではないでしょうか


タイからはコメントへの投稿ができないことが判明したため、コメント欄を閉じさせていただきました。


ご意見はツイッターの方にお願いいたします
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

買い

ビューティガレージ(new) エイチーム(new) hamee IRジャパン

売り

エニグモ プレミアグループ(1部) アバント(1部)



今週は新規銘柄で以前から良い会社だなと監視していたビューティガレージとエイチームを購入しました

ビューティガレージは有報や説明資料IRのビジネスモデルの説明も明快で各セグメント間にうまくパスが繋がりとても良い会社だなという印象がさらに深まっています

エイチームも減益予想で下げすぎだなと思う所まで落ちてきましたね。もともとライフスタイル事業が順調に成長し、不安定なゲーム会社からうまくビジネスが変化してきているのに、そこの部分もなかなか評価されてこなかった印象があった同社ですが、うまく投資フェーズを乗り越えた先にはそこの部分のチェンジも見直されてくるかもしれないですよね

実は随分前に保有していた時期があったのですが、当時から不安定なゲーム一本足からの脱却を掲げていて、その目標を着実に前に進めている経営手腕ももっと評価されてもいいと思います

IRジャパンは足元の成長率はやや鈍化していますし、まだそこまで格安水準でもないのですが、これだけ毎年しっかり増収増益増配を続けられる会社はなかなかありません。しかも大掛かりな先行投資といったものもなく、新規ビジネスが立ち上がるというマークラインズと同様の傾向もある会社ですから、コツコツと逆張的に買い戻しています

売りは今日好決算を発表したエニグモを決算前の急騰を受けて安全策で一部売り

プレミアグループはIFRS採用企業ののれん償却が義務付けられる可能性というニュースが気になり一部利確

アバントももういい所まで評価されてきたので分割利益確定を行いました

エニグモの売りの理由については

結果的に売らなきゃよかったんですが、予想よりずっといい決算でしたからその分はラッキーでもありますから。

今度こそ新高値ブレイクして力良いトレンドになっても良い決算が出たと思っています

さらに上にいくには計画どうり今期中にグローバルバイマ黒字がが必要かなと思います


尚タイからはコメントへの投稿ができないことが判明したため、コメント欄を閉じさせていただきました。

ご意見はツイッターの方にお願いいたします


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ