ゆっくり確実にお金持ちになろう

投資歴17年の文系主婦sunです。金融資産1億を目指し、旦那がタイ赴任から帰国する5年後までに、旦那の収入に依存しなくてもやっていける自立した家計を作ることを大目標に設定しました。日々スキルアップに励み頑張ります

投資デビューは投資信託フィデリティジャパンオーブンの積み立てでした。その後中国株で初めて個別株投資を経験し、日本株は2014年まで大型株中心の運用でしたが、ブログ「エナフンさんの梨の木」に出会い中小型成長株投資の面白さに魅了されています。日本株のPFはカテゴリー今月のPFの状況記事で毎月月末に更新。アメリカ株は不定期にアメリカ株のPFの状況カテゴリーで公開しています

買い

システム情報(new) ビープラッツ ベリサーブ エニグモ



売り

アバント(1部) リンクバル(1部)


今週は新規銘柄としてべるさんに洗脳されてシステム情報を少し購入。フローからストックに移行させ中だとは以前から聞いており、必ず業績予想を上振れる信頼できる会社ということしか理解できてませんので、時間を見つけて深堀理解を深めなきゃと思っています

ビープラ、ベリサーブ エニグモは昨日、今日の安い所でちょっとづつ追加してます

アバント、リンクバルはリバウンド局面でポジを縮小させました

今週は決算シーズンも終わり、決算さえ良ければ大丈夫という最後の希望が打ち砕かれた週になりました

決算後上昇しているものは、チャートがよくて成長面からまだPERはフェアバリューなものか、超絶好決算を出している物くらいでしょうか?

チャートが悪いと好決算くらいではあがるのは次の日くらい。数日で好決算がなかった事になる位置に逆戻りですし、PERの高い物はサプライズがなければ容赦なく売られ、PER高いのに決算も取りこぼしてる物は目もあてられないといった感じ

今週の動きを見ているとPERの水準訂正が進んでいると認めざるをえないと感じています

今後は、トレンド、ファンダ、バリエーション、ビジネスの質すべてがこれならという物のみ厚めに保有し、ファンダ、バリエーションよし、トレンド悪の物はこつこつと少しづつナンピンをしつつ、保有比率はあくまで少しにとどめていこうと思っています

一番判断が難しいのがバリエーションですね。水準訂正が現在進行中ですので、いつもより厳しめに見ていますし、どこまで落ちるのかまったくわからないので、ナンピンも少しづつ慎重に進めているのですが、すべての条件がそろっている株については他の銘柄をウォッチしているとまだ水準訂正の幅も少なく、持ちこたえている印象なのでもう少し粘ってみようかなと

中小型の成長株投資を始めてから初めての長くきつい下げ相場になりそうなので、CP厚めでリスク管理を慎重にしながら、現場に立ち続けなければわからない経験を積んでいきたいなと思っています


タイからはコメントへの投稿ができないことが判明したため、コメント欄を閉じさせていただきました。

ご意見はツイッターの方にお願いいたします


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

買い

アバント リンクバル(new) ベリサーブ エニグモ ビープラッツ

売り

アバント(1部)


週明け月曜日。

下方修正の出たビープラッツを安い所で拾う気満々だったんですが、テニスの前にいれた指値があと少しで指さらず

成り行きにするか迷ったけど、思ったより高く寄り付いたら嫌やなーと指値にして裏目

結局テニスから帰宅後にその日の安値より随分高い所で買い増すハメに(泣)

大きなチャンス(ほんまにチャンスなん?深みにハマるかもしれないよ)を生かすことができませんでした

好決算がなかったことになったアバントを買い増し、売りのほうはリバウンド局面で利確、また下にきたら買戻しとセコセコと平均単価を下げながら次の決算までにはそれなりの比率まで集めようかなと考えています

トレンドは完全に下げですから、この辺りが好決算でもあがればすぐ戻り売りが出てあがらない原因でしょうかね。

いずれ業績が評価されて上にいくにしても時間かかりそうだなと感じています

ベリサーブとエニグモは木曜日の大幅高の日に逆に売られていたので買い増し。

どちらも次の決算までこのあたりでボックスになってくれた方が変な期待も乗らずに決算を迎えられる位置だなと感じています

10月の暴落の底付近でもうだめだーと一旦離脱したんですが、水準訂正が起きるにしても数か月の時間をかけて織り込まれていくのかな?と考え直し、もう少しこの2銘柄は粘ってみる事にしました

暴落がきたら一瞬下に突き抜けるでしょうけど、業績トレンドともに良いこの2銘柄はすぐボックス圏内に戻ってこれないかな。ここはお祈りするしかありません

リンクバルは妖精さんの煽りに屈したわけでは決してなく笑

自社で企画するからリソースと費用をかけなきゃいけない自社企画街コンから、集客力を生かして他社企画を集め、売り上げから一定の手数料だけ徴収するという利益率の高い他社コンへのチェンジの質が非常に上質
であること

ここは以前から理解していたのですが、でも売り上げの伸びがねーと節穴の私はツッコミ続けてしまい、三月のオフ会のあと一時期少しだけもっていたのですがすぐに手放してしまっていました

しかし今期本決算の資料を見ると手数料のみで売り上げの総額としては低くなる、他社コンが95%を占めていながら、ついに売り上げの総額でも伸び始めるという新たなフェーズに入った点

またトレンドも良好とこんなマーケットでも上がる条件を満たしていると感じましたので、今日押したところで少し拾ってみました

今日も寄らなかったら買わなかったですけどね


タイからはコメントへの投稿ができないことが判明したため、コメント欄を閉じさせていただきました。

ご意見はツイッターの方にお願いいたします


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村



ベリサーブ2Q



ご覧のとうり好決算でした。

ベリサーブ四半期推移

エクセルにいれている四半期毎の業績推移です。

傾向として期が進むと階段状に売り上げが伸びる傾向がありますし、受注残も高水準であることから上方修正はほぼ確実にくるのではないでしょうか

また私の中でちょっとしたサプライズだったのは粗利の高さでした

その理由を説明します

ベリサーブ人材採用記述



短信2Pの赤線部分によると、今上半期は前期に引き続き技術者をたくさん採用しています

IRに確認すると採用69名中、25名前後が新卒採用で例年よりたくさん新卒を採ったとのことでした

新卒採用の方は入社後2~3か月は研修中ということで、その人件費は販管費に計上されます

そのため四半期毎推移を確認すると今期1Qは販管費が嵩み営業利益率が前四半期より0.9%悪化していました。

また1Q期間も中途採用の方は現場に入っていますので、いくらキャリアのある中途の方といっても新たしい方が入れば多少現場の生産性は落ちるのが普通だと思います

にもかかわらず1Q時点で粗利ベースでは前期比で1.5%UPしていたので、以前より採算の良い仕事を受注できているのではないだろうか?と推測していました


そして2Qから研修を終えた新卒採用の方が現場に入りますので、人件費は原価に移動します

新卒の方が入れば中途の方が入った時以上に現場の生産性は落ちると思うんですよね。

にもかかわらず粗利は2.4%UPしています

ベリサーブの仕事はソウトウェアのデバック検証なので、非常に労働集約的であり、かつ人件費は固定費なので、売り上げが伸びれば利益率はあがります

1Q、2Qともに売り上げは伸びていますのでそれが利益率を押し上げた面があるにしても、新しい方がこれだけ入ってきつつ、利益率がここまであがっているというのは非常に良い傾向だと感じています

前期は例年よりたくさん技術者を採用しました。採用ペースをこれだけ上げるということは、先々の受注が非常に良好なのだろう、また新しく入られた技術者の方の稼働率があがることによる、業績の変化を狙ってベリサーブを去年から買い始めていた私的には、今期は採用を抑えてもらった方が利益率はさらに上がるので万々歳だったんです
(実際前回業績を大きく伸ばし、株価も大相場となった2016年3月期はこのパターン)


この理由から2016年3月期ほどの爆発的な業績の加速は難しいと思いますが、前期に引き続き今期もこれだけ多くの技術者を採用しているのですから、足元の受注状況もよほど好調である状況証拠だと思いますので、結構な幅の上方修正がでる可能性が非常に高いなーと感じています



ベリサーブ分野別売上

分野別受注残



次に分野別の売上と受注残の推移です

ご覧のように特に自動車分野の検証の受注が好調に推移しています

ソフトウェアの検証業務に特化している競合に、主にゲームがメインのデジタルハーツや、ポールトゥウィン、家電、金融小売りがメインのシフトがありますが、ベリサーブは数年前から自動車分野で特に強さを見せている会社です

競争が激化している自動運転や、コネクティッドカー関連の投資でベリサーブが得意とする自動車領域の検証マーケットは今後中長期的に拡大していくと思っています

自動車は事故が起きれば命にかかわりますから、品質にはとりわけ煩い業界ですので、ゲームメインの所が新たに入ってくるのは非常に困難ですし、ゲームよりは信頼度がいるものの、シフトが自動車分野への参入に今後意欲を見せたとしても、数年前から実績を積み上げているベリサーブは優位な立場をキープできるのでは?と考えています

この面でも他分野の競合より若干堀も深いのかな?と考えています

弱点は自動車業界が顧客ですから開発に近い所にいるとはいえ、景気の影響には一番脆弱なことです

この面で景気の悪化が深刻になってくれば、セクター売りで株価が下落してしまうリスクはあると考えています

ホンダとトヨタの2Q決算は無事通過した事、中間選挙も終わり、選挙対策で自動車関税などの過激な発言をしばらくはトランプさんが控えくれることをお祈りしながらホールドしていくことになりそうです


タイからはコメントへの投稿ができないことが判明したため、コメント欄を閉じさせていただきました。

ご意見はツイッターの方にお願いいたします

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ