ゆっくり確実にお金持ちになろう

投資歴17年の文系主婦sunです。金融資産1億を目指し、旦那がタイ赴任から帰国する5年後までに、旦那の収入に依存しなくてもやっていける自立した家計を作ることを大目標に設定しました。日々スキルアップに励み頑張ります

投資デビューは投資信託フィデリティジャパンオーブンの積み立てでした。その後中国株で初めて個別株投資を経験し、日本株は2014年まで大型株中心の運用でしたが、ブログ「エナフンさんの梨の木」に出会い中小型成長株投資の面白さに魅了されています。日本株のPFはカテゴリー今月のPFの状況記事で毎月月末に更新。アメリカ株は不定期にアメリカ株のPFの状況カテゴリーで公開しています

たった今決算説明会のライブ中継が終わりました。

今後の展望についてはなんら不安のない説明内容で、むしろ先々に対する期待が膨らむ説明会でした
また詳しくは決算記事を個別にUPする予定です。

ただ一つだけほんま止めたほうがいいんちゃう?前澤社長さん・・・って思うのは

番頭の柳澤さんがエリンギみたいな着ぐるみ着せられてた件です。
以前の説明会でも社長さんが悟空の恰好で、買収したヤッパの代表の方含めて数名が西遊記の着ぐるみで登場してた説明会がありましたけど、着ぐるみ着てる本人がそーいうの好きな人で喜んでやってるならいいんですけど、柳澤さんの表情みてると社長が着ろっていうから仕方なくきてる感がありありで、むしろ

「なんでこんな恥ずかしい格好で人前に出なきゃいけないのか」

と思ってそうです

明智光秀が公衆の面前で禿をいつもいじられた恨みが募って謀反を起こし、本能寺の変が起きたのでは?という歴史が思い浮かんでしまいます。
同じように何かのはずみで信頼してる右腕のはずの柳澤さんに後ろからばっさり行かれなきゃいいけど。

まあ今は戦国時代ではないし、番頭として柳澤さんも充分な報酬をもらってそうなんで杞憂だとは思いますけどね。嫌がってる人にこーいう恰好をさせて人前に出さすというのは品がないので止めてほしいし、こーいうところがアンチを増やす原因になってるのは間違いなさそうです

いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

買い

スタートトゥデイ

売り

第一カッター興業(1部)

今日はスタートトゥデイの決算発表がありました。来期予想は売上は30%成長、営業利益は20%成長、EPSは今期54円来期予想は71円と30%成長ですから、月曜日のマーケットはこれをどう評価するのでしょうか。
私はもし思ったより強気予想が出て上にいくと後悔するからという理由で、CPを確保するために一部処分した第一カッター興業の資金の一部でスタートトゥデイを買い増してしまいましたよ(笑)
決算内容を詳しく見てみて、問題がなければ下げればさらに買い増しを進めるかもしれません
またエニグモでも「オオっ」て思う発見があり、ファッションEC2銘柄に対する想いは募るばかりです。
エニグモといえば27日が株主総会だったのですが、もし行かれたという方がいらっしゃれば総会の様子をレポートしてくだると泣いて喜びます

近いうちに一つの記事にするつもりですが、ファッションってEC業界の中であるジャンルにフォーカスするなら、Amazonや楽天などの巨人に対抗していくのにとても筋のいいジャンルだと思うのですよね。
今後この2社に手ごわい競合が出現するなら同様にファッションにフォーカスして伸びてくる会社だと思っています

スタートトゥデイの競合として怖いのはSHOPLISTのクルーズで、エニグモは今のところ私の認知している範囲ではこれと思う会社はないですが、もしメルカリにファッションに特化したフリマアプリを立ち上げてこられると、アメリカでも一定の成功をすでに収めている会社なのでグローバルでは一気にひっくり返されるかもしれないし、国内でも先行者が圧倒的なプラットフォームビジネスでCtoCサイトとして1強だったヤフオクの牙城を崩してここまでのサービスに伸ばしてきた経営者の手腕を考えると怖い存在です。

さて今息子がリビングでゲームやってますけど、もうすぐスタートゥトゥデイの決算説明会生中継があるので無理やり止めさせます。こんな母親きっと私くらいのもんやろな(笑)

いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

ヤマト運輸9月に運賃値上げへ

上のリンクにあるようにヤマト運輸から正式に値上げのアナウンスがありましたね。



の記事に書いたように、それでも大きな流れとしては、安価に早く確実に商品を届ける競争が続くことに変わりはないと考えています。

ただ一時的には

①送料の有料化

②一定額以上購入しないと無料にならない額が上がる(例えば3000円買えば無料になっていたのが5000円買わないと無料にならない等)

③何度注文しても送料がかからない有料会員料の値上げ

④細かい時間指定などの特に質の高い配送サービスのみ有料化

⑤送料無料は維持するがその分利益率が低下する。この場合優秀な企業ならちょっとした工夫でできる配送を効率化させる仕組みを考えてコストダウンを図ると思われる

ということが起こってくると思われます

この結果一時的にこれまで右肩あがりだったECの売上増ペースが鈍化する可能性もあるでしょう。

しかし今起きている人手不足や非効率な配送の仕組みから起きた今回の問題を、工夫やビッグデータ・AI等の活用によるIT投資で乗り切ろうする動きが必ず起きてくると思っているので、長期的にはこれらのテクノロジーの進化スピードを促すことになり、今よりもさらに低コストで便利な配送サービスを早く実現させられた企業が勝ち組になっていき、リアル店舗からネットショップへの買い物の比率が上がっていく流れは変わらないと考えています。

だってネットでポチるだけですぐに商品が届く便利な生活はもう手放せないですから

いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ