星と畑のシニアライフ

リタイヤメント後に始めた天体写真も10年目。 古希を過ぎて遠征もしんどくなってきました。

2022年8月15日 抗がん剤投与から2週間

抗がん剤投与から2週間が経過しました。退院からは1週間になります。
次の抗がん剤投与の予定日が8月29日ですので丁度折り返し点という事になります。
以前の記事で書きましたが、この時期は感じる副作用は一段落し、検査でわかる副作用がピークに達する時期で免疫機能の低下、白血球の減少等が起こるとされています。

私の場合、これまで書いてきた感じる副作用は殆ど感じなくなっているのですが、5日前から背中や胸、臀部などのかゆみを感じるようになってきました。この2日間は猛烈な痒みを感じ、夜中に目が覚めることも。

この日は病院の検診日でした。
採決、X線検査を経て担当医の診察を受けます。その際、退院後の体調に特別変化がない事や副作用はほぼ感じなくなってきているが、皮膚の痒みに閉口していることを伝えたら、担当医は追加で皮膚科の診察をセットしてくれました。
また、この日の血液検査、X線検査や問診結果を踏まえて「経過は順調」とのことですが、白血球数は3,000位に低下しているとのことでした。まあ、痒み以外は予定通りという事ですね。
その後、歯科医を受診。抜歯後の状況やその他口内の状況に異常はないとのこと。こちらもホッとしました。
最後に、追加受診となった皮膚科では症状を説明し実際にかゆみを感じる部位を見てもらったところ免疫チェックポイント阻害薬(キイトルーダ)の副作用とのこと。
2種類の錠剤(抗アレルギー、ステロイド・・・多分)とステロイド系の塗り薬を処方されました。
がんの治療を受ける以前は常用薬といっても降圧剤だけでしたが、がんの治療に伴って処方された薬がどんどん増えてきて飲み忘れを防ぐように前日に朝、昼、晩に飲む薬を仕分けして準備するようにしました。

昨日、買い物の帰路で流鉄線の踏切につかまりました。
撮り鉄はやらないのですが、流鉄線は雰囲気があって踏切で止められた時などはよくスマホで撮っています。
IMG_1147
流鉄線のレトロな、そして醸し出すのんびり感が気に入っています。



8月14日、抗がん剤投与から12日目になります。白血球減少や免疫低下がピークに達している時期ですが不思議と体調は悪くありません。感じる副作用としては皮膚の痒さ。
背中、臀部、胸など広範囲に痒さを感じます。臀部は特にひどく、別途皮膚科で処方されたステロイド軟こうがあったので薄く塗ってみました。少し痒みも収まったかな。

久々に畑に行ってきました。
8月1日の入院以降、家内が時々収穫はしてくれたようですが、基本放置でしたので昨日の台風被害も相まってえらいことになっていました。
ナス、ピーマン、シシトウなどの枝は折れ、落花生に覆いかぶさっていましたのでバッサリと整枝しました。
IMG_1144
IMG_1142

トマトももうダメそうですね。

IMG_1145

サツマイモのツルは伸び放題。
久々にツル返しをやったのですが、今年もツルボケの予感しかありません。
IMG_1140
里芋はやけに元気です。
IMG_1139

あと3週間もすると、秋野菜の植え付けが始まるのでそろそろ畝たてをしないといけないのですが、どうしようか思案中です。
秋野菜作りたいが、まあ無理せず出来る範囲で作ることにします。
それにつけても、雑草の凄さよ。
昭和天皇は雑草という名の草はないとおっしゃたそうですが、さはさりとて(^^;)

現在午前7時過ぎ、窓を開けて記事を書いています。
室内気温は28.5℃、窓からはセミの声が賑やかに飛び込んできます。

もうすぐ旧盆ですね。
今年はコロナ禍もさることながら、自身の健康問題もあり山形への帰省(もう実家は手放したので、厳密には帰省ではないですね)先祖の墓参りや親戚回りもスキップすることに。

私も71歳、誕生日が来れば72歳。
粛々と断捨離進行中です。

趣味の天体機材なども例外ではなく数年前から断捨離を勧めてきており、一部は買い替え目的の手放しもありますが、主要なところでは冷却CCD1台、冷却CMOS2台、天体仕様EOS 6D 2台、NIKON 大三元レンズの標準(24-70)と望遠(70-200)などを手放してきました。

自身の健康問題もあり、今後の天体活動は縮小せざるを得なくなるでしょう。
遠征、重量機材、カメラレンズ~長焦点までの直焦点撮影というのが従来のスタイルなわけですが、今後の撮影スタイルをイメージすると;
  • 遠征→近征
  • 重量機材→軽量機材
  • カメラレンズ~長焦点までの直焦点→カメラレンズ~短焦点の直焦点
にシフトしていくことになると思います。
宅撮りが出来ればいいのですが光害地真っただ中の流山市内マンションとあっては撮れる範囲が限られていて、やはり車で1時間以内でのプチ遠征(近征)が主体になろうと思います。
茨城南部あたりが中心になるでしょう。
となると、モノクロナローかOSC+デュアルナローバンドフィルターですね。

そんなことを考えながらこの先の天体資機材断捨離計画Phase2を進めるべく、手持ち機材の出来るだけ正確なリストを作成中です。

こんなものです。
天体機材一覧表

金額欄はマスキングしています。
一通りリストアップして、購入時の金額を合計してみたら何と!
600万円を超す金額でした。
過去の断捨離分を加えたらプラス数百万円になりそうです。
日本の年収中央値が約400万円という事を考えれば・・・

やはり、天体写真は金持ち爺さんの趣味です。

少し、エクスキューズすると・・・
私の場合、本格的にこの趣味を始めたのは2012年の事。最初はつつましくヤフオクでチマチマと機材を買い集めていましたが、2014年に仲良くしていた従弟が亡くなり、法定相続人がいなかったことから遺産の一部の数百万円を私に遺贈してくれました。(殆どはUNICEFに遺贈したようです。)
それが、基礎資金となっています。従弟には感謝です。
私は爺さんですが、金持ちではありません。念のため(^^;)

その後は、某社団法人での嘱託で得た収入ほぼ全額この趣味につぎ込んで来ました。
いやー・・・・ 何とも。

あっ、昨年この趣味に向かい合う姿勢を少し変えました。
フォトコン重視から、あまり他人の評価はには拘らず、自分がその時良いと思う天体写真をという感じでしょうか。

当然ながら、恐ろしく稼働率の低いフォトコン用プリンタも断捨離しました。

こんな感じで、出来る範囲での活動を継続していきたいと思います。
皆様には引き続き当ブログにご訪問いただければ幸いです。


9日間の入院から戻って一夜が明けましたが、自宅は天国です。
何がって・・・すべてが。

がんセンター入院中は抗がん剤の影響で食欲も減退気味でしたが、久々に我が家で食べた妻の味はどれも美味しい。
素直に「オイシイ・・」と口に出るほど美味しいのです。
昨日は何をするでもなく家でゴロゴロして過ごしましたが、自分の家に家族と一緒に居る、そんな当たり前のことが心地よいと感じるのです。

現役時代、8年の単身赴任から戻ったときにはこんな感情は湧いてきませんでした。
不思議ですね。

今日の流山自宅マンションから見る景色は「夏」そのものです。
IMG_1123

今日も暑くなりそう。
畑に行きたいけど、流石にやめておこうかな。
という事で、ひとまず元気です。

8月8日、血液検査とx線検査を受検。昼前に予定通り9日の退院を知らされた。
退院が決まると、様々な副作用についての対処やアドバイス緊急連絡などについて丁寧な説明があり、自宅で服用する様々な薬のレクチャー、次回以降の抗がん剤は外来での点滴となるためにその細かな説明、他にも色々な説明を受けた。少し食傷気味かも。
副作用で困ったら

副作用らしきは、随分収まって来ていて一番気になる便秘も酸化マグネシウムや腸の動きを活性化する薬の助けを借りて、何とかコントロールできている。
その他の自覚症状としては口内が荒れた感が気になるのと、少しのムカつき感。
血圧は、抗がん剤投与後は低値安定で105-70位で入院前より10位低い。
体重は入院時が70.5kg、今朝は68.5kgと入院中に2kg減。便秘で食事が咽喉を通らなかったり、更には下痢が続いたりした事が原因だろう。
体温も、便秘掻き出しの当日、翌日、翌々日は37度台の事もあったが今は平熱を保っている。
今の時刻は午前6時半、気分は悪くない。
午前中には退院出来ると思うが、久々に自宅に帰れると思うと安堵感を感じる。
退院しても、これからは免疫や白血球の減少し感染リスクの高い時期が二週間つづき、その先は脱毛が待っているかも知れない。
副作用時期

治療は始まったばかり、起こり得る事を予測しながらとにかく、慎重に行動しよう。
体を動かす事や、楽しいと思える事をやるのはプラスになる。ただ、感染には十二分な注意が必要。ましてコロナ禍にあっては。

入院して改めて感じたのは家族の有り難さ。
特に家内には本当に良くしてもらっている。
これからもずっと世話をかける事になるのだろう。ありがとう、これからも宜しく頼みます。
完治はないと言われているが、妻の為にもがんと共生しながら出来るだけ長く生きよう。

病室から撮った今朝の朝焼けです。
IMG_1120
さあ、退院だ❗️

↑このページのトップヘ