2016年06月28日

 ソマリアの首都モガディシュでホテルがアル=シャバーブにより攻撃され、複数の死傷者が出たことについて安全保障理事会は強く非難した。

[元記事]
UN Security Council strongly condemns deadly Al-Shabaab attack on Mogadishu hotel

【背景】
 モガディシュのナサ・バブロッドホテル(the Nasa Hablod Hotel)が襲撃され、元外相で現環境相のブッリ・モハメド・ハムザ氏を含む複数の犠牲者がでました。安保理はいかなるテロも許されないと強く非難しました。

【27日付のその他のニュース】




sun_news at 22:46コメント(0)トラックバック(0)「アフリカの角」地域情勢 

2016年06月27日

 クウェートで開催されているイエメン和平協議の席上、潘事務総長はイエメン代表に対し、現地の情勢について懸念を表明しさらなる情勢悪化を防止する措置を講じることを要請した。

[元記事]
In Kuwait, Ban urges Yemeni delegations in peace talks to find lasting solution to end conflict

【背景】
 イエメンの情勢は極めて深刻で、基本的な食糧も十分に確保できず、経済も最悪の状況です。根本的に生産も流通も行うのが困難な状況ではそもそも経済活動自体が困難です。
 情勢改善への努力をと要請するのは簡単ですが、具体的にどこから手を付ければ状態が改善するのかすらわからないというのが実状なのではないかと。

【26日付のその他のニュース】




sun_news at 22:55コメント(0)トラックバック(0)イエメン情勢 

2016年06月26日

 南スーダン・ワーウ周辺でスーダン人民解放軍(SPLA)と他の武装集団の間の戦闘が勃発したことに対し深い懸念を表明した。

[元記事]
South Sudan: Ban concerned over escalation of violence

【背景】
 正確な人数は今のところ報告されていませんが、戦闘に伴う死傷者が出ているようです。おそらく戦闘から逃れる避難民も数多く出ていることでしょう。戦闘のために必要な物資の配給も滞るので、周辺地域の状況は深刻なものになります。

【25日付のその他のニュース】




sun_news at 11:01コメント(0)トラックバック(0)南スーダン情勢 

2016年06月25日

 リビア・ベンガジで複数の医療施設が攻撃され、多数の患者・医療関係者に被害が出た模様。

[元記事]
Libya: Senior UN humanitarian official strongly condemns attacks on medical facilities

【背景】
 ベンガジ耳鼻咽喉科・泌尿器科センター、ベンガジ医療センター、アルジャラー病院などがあいついで攻撃にあいました。
 当然のことながら国連リビア支援ミッションはこの攻撃を強く非難しています。

【24日付のその他のニュース】




sun_news at 09:52コメント(0)トラックバック(0)リビア情勢 

2016年06月24日

 潘事務総長は、キューバのハバナで開催されていた、コロンビア政府とコロンビア人民軍革命武装部隊(FARC-EP)が停戦協定に署名したことに対しこの平和の履行の歴史的意義を強調した。

[元記事]
In Havana, Ban hails Colombia ceasefire pact as example of peace with dignity

【背景】
 コロンビアでは1960年代から長きにわたり内戦状態でしたが、4年前から交渉が続けられており、この度停戦合意にこぎつけました。
 今後は具体的な武装解除・反政府軍兵士の社会復帰など課題は山積ですが、とにかく最初の大きな一歩と言えます。

【23日付のその他のニュース】




sun_news at 23:01コメント(0)トラックバック(0)コロンビア情勢 

2016年06月23日

 バーレーンではシーア派指導者への市民権停止に端を発する抗議行動で情勢が不安定化していることに対し、当局に集会の自由を尊重し、国際人権法に基づく義務を果たすよう要請した。

[元記事]
Bahrain: UN special adviser stresses urgency of de-escalating tensions sparked by protests

【背景】
 バーレーン内務省が20日にシーア派の指導者シェイク・イッサ・カセム(Sheikh Issa Qassem)師の市民権停止をして以来、これへの抗議行動が活発化しています。これ以前にもシーア派に対する強圧的な対処が見られ、そこにこの市民権停止で一挙に緊迫化したと言えます。

【21日付のその他のニュース】




sun_news at 23:59コメント(0)トラックバック(0)中近東情勢 

2016年06月22日

 ニジェールのディファ地域では6/3以降ボコハラムによる攻撃が続いており、地域人口の3分の1にあたる24万人以上が避難を強いられている。
[元記事]
Niger: UNICEF reports more than 240,000 uprooted from homes in Diffa region

【背景】
 UNICEFの現地事務書によると、国道01号線(Route Nationale 01)に沿って多くの避難民が定住(と言えるのか微妙ですが)している模様です。そして今月3日以降はその数が増加しています。家族だけでなく家畜もつれてなのでもはや一時的なものではなく、本格的に移住するような気持ちでの移動と言えます。急激な避難民の増加で、付近の水資源が枯渇し、緊張が高まっています。

 ディファ危機に対する支援には740万ドル必要と推定されていますが、今のところその4分の1ほどしか拠出されていません。


【21日付のその他のニュース】




sun_news at 21:23コメント(0)トラックバック(0)ニジェール情勢 

2016年06月21日

 国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)はタリバンなど反政府勢力による攻撃を非難し、人が密集する地域での文民特に外交関係職員を狙った攻撃の即時停止を要請した。

[元記事]
UN strongly condemns series of attacks in Afghanistan

【背景】
 キシェム地域のバザールで爆破テロが発生、5名の子供を含む10名以上が犠牲となりました。またカブールではタリバンによる自爆テロが発生、ネパール外交関係者が犠牲となっています。同じくカブール市内でその事件以外とは別の爆破事件が発生しています。

【20日付のその他のニュース】




sun_news at 21:12コメント(0)トラックバック(0)テロ問題アフガニスタン情勢 

2016年06月20日

 紛争時における性的暴力撤廃国際デー(International Day for the Elimination of Sexual Violence in Conflict)にちなみ潘事務総長は戦闘の手段としての性的暴力への免罰がまかり通る時代を終結させることを各国政治・軍事指導者に要請した。

[元記事]
On World Day, Ban declares era of impunity 'over' for sexual violence in war

【背景】
 2015年6月19日に国連総会はこの日を国際デーとする決議を採択しました。この日は2008年に安保理で紛争の手段としての性的暴力を非難する決議が採択されたことにちなんでいます。



sun_news at 23:22コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月19日

 ギリシャを訪問中の潘事務総長はレスボス島にあるヨーロッパへの移民受け入れ地点を訪れ、地域諸国に人権人基づくアプローチを要請した。

[元記事]
Visiting Greek island, Ban says refugees' nightmare 'not over,' urging humane approach across Europe

【背景】
 難民受け入れに積極的だったドイツに渡ろうとする中東からの移民・難民は、北アフリカ諸国の情勢が安定化している時期には、例えばリビアから北にあるイタリアに渡るのが最短距離でした。しかし情勢悪化に伴い、バルカン半島を通過すると言う長いルートをとる移民・難民が急増してきました。そのためギリシャに移民・難民が殺到、これに対応するためEUとトルコとの間で、トルコからギリシャへの違法入国した移民はトルコへ強制送還させることで合意し、それを実施したことで、逆にその数が急減しています。

 この問題に対し国連は有効な手を打てていません。

【18日付のその他のニュース】




sun_news at 08:10コメント(0)トラックバック(0)難民問題 
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ