2013年04月19日

ブルンジで実施したプロジェクトが悪影響

 オリビエ・デ・シューター(Olivier De Schutter)特別報告官は世界銀行主導で2008年にブルンジで実施されたコーヒー産業の民営化が、現地の農業従事者に負の影響を与えていると警告し、この政策の実施中止を要請した。

[元記事]
Burundi: UN experts warn of negative consequences of coffee privatization

【背景】
 ブルンジでは国の輸出収入の80%をコーヒーが占めており、人口の55%の生活の糧となっています。
 2008年から2009年にわたり、ブルンジ政府は世界銀行の援助を受けコーヒー産業を全面的に民営化し、付加価値を高めるコーヒー業界の改革を目指していましたが、実際にはさほど進展せず、ブルンジでは一次産品を輸出するだけとなり、高付加価値化の部分は海外にわたってしまいました。結局経済的な効果が小さかっただけでなく、同国のコーヒー産業の国際競争力を奪う結果となってしまいました。


【18日付のその他のニュース】




sun_news at 23:59コメント(0)トラックバック(0)ブルンジ情勢  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

山本@SUN

  • ライブドアブログ