2019年11月06日

天災は必ずしも災害を意味しない

 水鳥真美防災担当国連事務次長補兼事務総長特別代表は、早期警戒システムと災害に強いインフラ構築への投資が多くの生命と経済を救うと強調した。

【元記事】
Natural hazards don’t always spell disaster: UN risk reduction chief

【背景】
 11/5は世界津波啓発デーです。水鳥特別代表はインタビューに答え、「津波はめったに起きないがいったん起きると大きな災害をもたらす。世界の人口の大半は海岸近くに住んでおり、津波の危険にさらされていることになる。しかし天災は必ずしも災害を意味しない」と強調しました。

 地震や豪雨、強風などの自然の猛威は防ぎようがありません。しかしそれが人間社会に大きな被害をもたらすか否かは準備と対策で大きく変わります。


【5日付のその他のニュース】




sun_news at 23:45コメント(0)自然災害  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

山本@SUN

  • ライブドアブログ