2019年11月07日

UNRWA事務局長辞職

 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)ピエール・クレヘンビュール事務局長が6日、辞職した。
 内部監査により「マネジメント上の問題がある」指摘され、職権乱用の疑いありと見なされたため。手続き上は辞任であるものの事実上の更迭。

【元記事】
Palestine refugee agency chief resigns amidst mismanagement probe

【背景】
 UNRWAではこの夏にも高官が辞職しており、組織としてボロボロの状態です。
 これが普通の会社なら勝手につぶれてしまえ、で済むのかも知れませんが、パレスチナ難民への支援が滞ることが最も厄介です。


【6日付のその他のニュース】




sun_news at 23:35コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

山本@SUN

  • ライブドアブログ