2011年06月25日

TS3O0051久しぶりの更新ですいません。

 ようやく、自転車に乗って気持ちいい季節になりましたね。

僕は、初めて箕面の山に自転車で登ってみました。

山登りってだけあって、ずっと登り坂

そして、カーブにつぐカーブ

ものすごく、苦労して中間地点?に到着して、ツイッターしようかと思ったが、電波がない
さすが yama!

まだまだ、山道は続きそうでしたが、 これ以上行くと帰れなくなりそうなんで、下山。

帰りは、ずっと下り坂で夢見たい

あの先はどこに行くのかと帰って調べたら、茨木に着くみたい

ものすごく、冒険したように感じて、全然大阪から出ていない。
こりゃ、もっと山を探索しないと、いかんな


sunaba0513sunaba0513 at 00:48│コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月15日

久々の更新です。
あまりに、うれしかったので、日記書いちゃいます。
今年は、日本人が4人も受賞したそうで、それだけでも快挙なんですが、
その中でも、ジャズピアニスト「上原ひろみ」さんの受賞は、ほんまに嬉しかった。

デビューからずっと追いかけていて、情熱大陸のゲストで演奏された時、衝撃が走りました。

もうめちゃくちゃなんです。

情熱大陸のライブは葉加瀬太郎さんがプロデュースされていて
コンセプトは「大人の盆踊り」
野外音楽を聞きながら、酒を飲もうという企画。
それゆえ、基本的に上品な曲や渋い歌が多い

そんな中ジャズピアニスト上原ひろみさん登場されました!
パチパチと迎えられ、笑顔で手を振って現れ演奏を始めました。

「トムとジャーリー」というオリジナル曲を軽やかに演奏していたのですが、
曲の終盤ドンドン曲はアップテンポになっていきます。
それにつれて、上原ひろみもドンドンヒートアップしてきて
ついに椅子から立ち上がって、髪を振り乱し一心不乱に叩く!叩く!

お客は唖然ですよ。
とにかく、連打!連打の嵐!
いうならば、ピアノと魂のぶつけ合い!
ものすごくスリリングな音が野外音楽堂で響き渡ります。

お客さんもどんどん引き込まれていき、誰一人ピクリとも動かない。

そして、フィニッシュにありえない光景を目の当たりにします!

なんと、最後の一音を指で弾くと見せかけて、鍵盤にエルボーをぶちかましました。

一瞬の静寂。時が止まったかのように、みな棒立ち。

そして、上原ひろみが、客席に挨拶をした瞬間時が動き出したかのように拍手が地響きのように鳴り響きます。

それを見て僕は全身鳥肌が立ち、なぜだか解らないのですが、「ほんものや」と呟いてしまいました。

次に「ウインドソング」と言うスローテンポな曲を弾かれたのですが、
数小節が聴いたら、なんと目の前に絵がドンドン立ち上がってくるんです。
山の上で空を見ながら、心地よい風が草を揺らしている光景が見えるんです。
更に驚いたことに、匂いまで感じ取ることが出来ました。

「山の風が運んでくる草の匂い」

僕は、生まれて初めて、匂いを感じる事が出来る音楽に出会ったのです。
あまりの感動に泣いてました。
そして、「ほんものや」とまた呟いてました。

そんなほんもののジャズピアニストが世界で認められて僕は本当に嬉しい。
涙が出るほど嬉しい!

今、僕はまた新たな曲「プレイス トゥ ビー」を聴きながらブログを書いてます。
この曲は、子供の頃初めて見た満点の星空の絵が浮かびます。
そして、なつかしい木々の匂いがしてきます。




sunaba0513sunaba0513 at 00:05│コメント(0)トラックバック(0)

2010年12月29日

ちょっと前の話ですが
時間潰しに、夕方ふらりと、マクドナルドに入りました。

休日前のマクドナルドは、沢山人が入ってきます。

僕は、角に一人で座れる席を確保して、
ホットコーヒーをすすっていました。

クリスマスシーズンと言う事もあり、
周りにはカップルが沢山います。

「日本は、意味も知らずにイベントにのる変な国やなー」と思いながら、
小説を読んで斜に構えている。

「僕違うんだ。僕はクリスチャンじゃないんだから、クリスマスは関係ないイベントなんだ。」
なんて、ちょっと常識人を演じてます。

それとは別に、急に便意がもよおしてきました。

生理現象やねんから、しょうがない。
でも、それを隠したい。
だって、こんなにカップルが、おるのに何かダサいですもん。

「ふー、一息いれるか?」みたいな面をして
トイレに立ちました。

結構腹が痛くなってきてる!

でも、そんな感じをツユほど出さず、冷静に
トイレに駆け込みました。

マクドのトイレは個室になっていて、
バタンと扉を締めて、シリンダーを鍵を締め、ズボンを降ろしました。

「あぶなー!スカしてる場合やないで」
とトイレットペーパーに手をかけようとした時

バタン!と扉が開いた!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

時が止まりました。

そして、お互い目を合わせて「すいません。」と謝った。

急なハプニングが起こると人は、謝るんですね。

今年最後の恥をまさか最後の最後でかくとは・・・・。(ノ◇≦。) ビェーン!!



sunaba0513sunaba0513 at 12:06│コメント(0)トラックバック(0)