猫と夢から離れ、今度は薬と現実についての話。
 友人や家族、先輩や上司、病院の先生に迷惑を掛けてしまった話になります。
 ODをしていると、いずれは痛い目を見る。
 されど、ODばかりに囚われず、それ以外にも勿論注意すべし。
 何か偉そうですが、ただのOD中毒者の戯れ言ですので、あんまり気にしないでください。



※注意!
・OD要素が含まれています。苦手な方は注意。
・①②と違い、少し毛色が違います。人によっては少し怖いかもしれません(ある意味)
・他人に迷惑を掛けないODが信条――とか言っときながら、今回は間接的に迷惑を掛けています……。





5d0ac2b8.jpg

【現実――欠けた記憶】
「最近、(ODで)眠れなくて……」
「デパスじゃ眠れないのかな?」
「はい。やっぱり、デパスは今まで飲んでいたこともありますし(ODによる不眠には)効果が感じられませんでした」
「うーん、精神科や心療内科に行った方が良いかも知れないよ?」
「(原因はODだと判っているので)まだ、そこまでは考えていません」
「なら、とりあえず少し睡眠薬を処方するから。まずはそれを試してみて。どうしてもって時だけね?」
「はい、判りました」
 ――とある地域の、整形外科。其処の先生との会話より。



 今日も朝まで起きてることになるのか……。
 3連休が目前に迫ったある夜、自分は悩んでいた。
 この前貰った、睡眠薬を飲むか飲まないか。
 向精神薬の類、それらに含まれる睡眠薬には、必ずと言っても過言じゃない程、副作用に〝健忘〟と〝夢遊病〟が記載されていたはず。

 DXMという非麻薬性と謳われている成分が含まれた市販薬、コンタック。
 前に2度ほど、面白そうという理由だけでODした結果、酷い目に遭ったことがある。
 あれは、物忘れというより、一部分の記憶が消えていた。
 ああなるのは、流石に怖い。

 しかし、自業自得で眠れないという阿呆な原因なのに、結局は耐えられず、直ぐに1錠飲むことに決めた。

『ODするワケじゃないんだし、大丈夫だろう』
『10mgまである薬の5mgだし、気にするほどのことはないかな』

 馬鹿な自分は、都合の良い理屈ばかりを並べ立て、都合の悪い部分は全く見ていなかった。
 処方して貰う際、純粋な不眠症では無く、ODを伏せて説明したことを気にせずに。

 良し、飲もう!

 ……。
 …。
 。

「効かないやんけ!」
 飲んでから1時間。ブロンをジャラジャラ鳴らして飲みながら、一人でぶつぶつ文句を言っていた。

〝まず片手に持ってるブロンを捨てろよ!〟

 そう聞こえた気がしたが、気にしない。
 こんなもんか。最初の感想は、その程度だった。既に、頭が軽くなっていたのかも知れない。
 結局、その晩は寝ないで終わり、翌日の明け方、そのまま会社に行くことに決めたのであった。



(1日目)
 その朝、眠れなかった筈が、気分だけは妙に明るかった。
 朝からPCを開き、ネットサーフィンを興じながら、会社に行くことに対し、全く不安を感じなくなっている。
 普段より早めの出勤。笑顔が大事、スマイルスマイル。

「おはようございます!」
「おっ、今日は早いんだな」
 上司や先輩からの返事。
 なんだか、それだけでやる気が出てくる。

 ……。

 ハッとすると、10時休憩になっていた。ロッカーでなにかを探っている自分が居る。
 何かを探していたんだっけ?
 ああ、そうだ。煙草だ。最近は覚えが悪くて困るなぁ。ODか、ODのせいに決まってるしな、もう気にしてもしゃあ無しや。
 ならば、もっとジャラジャラ行くぜヒャッハー!

 ……あれ、ああそうだ。ブロンを飲みに来たんだっけな? いやいやいや、いやいやいや。

 んだけど1日が、滅茶苦茶速く感じる。

「だから、なんで何回もガムテープ無くすかなぁ」
「へっ? あ、あれ、ここにあったような……」

 あれ、おかしいな。ここにあったような……、あれ、ここって何処だっけ?

「眠いのか? 顔洗ってこいよ」
 ははは、何を冗談を。むしろ滅茶苦茶元気っすよ。
「いえ、ここにありますよ?」
 あれ、だからここって?
「いや、無いから言ってるんじゃないかよ!」
「ふひふふふ」
「あっ?」


 ……あれ、なんで車内に?

「仕事が終わってから、迎えに来いって言ったのはお前だろ?」

 父親はため息を吐く。
「そうか?」
 頭が空っぽのまま、何も理解せずに頷いておく。スマイルを忘れない。


「やっべ、クレカの支払いががが!」
 次は、やたらと部屋を探し回る自分がいた。
 もう何もかも滅茶苦茶である。

 携帯を会社に忘れ、焦っていた日もあったっけ?
 あれ、ブログを更新しないと。そうか、アフィで稼げば良いんだ!
 俺ってあったま良い~!
 Amazonが何かあるな、アソシエーション? アソシエイト?
 あ、相応しくない?
 アフィが失敗しちゃったどうしよう!
 あ、そうだ!
 嫁の予備を人身売買だ!
 あんまり使わない予備をうっちゃろ!
 そういや友人から電話が来てたんだ!
 出なくちゃ、今さらなんて言おうぴょん!

 もはや、部屋は抱き枕、薬、漫画、ゲーム、食べ掛けのお菓子。
 部屋はぐちゃぐちゃ。
 頭はさらにぐちゃぐちゃ。


 後に母に聞くと、ぶつぶつなにかを言いまくってたそうで、ついにODで壊れたと思ったそうだ。



(2日目?)
 手元には、何故か睡眠薬。
 どうやら、寝る前に再び飲んだらしい。

「あれ、寝ないで何処に行くんだよ?」

 弟も可笑しなことを言う。
 ――ちゃんと、寝てたじゃないか。

 外に出ると、既に友人(以下S)が待っていた。
「遅いな~」
「ごめんちゃいだぴょん!」
「あっ? なんやそれ?」
 Sとの会話は、とてもじゃないがキャッチボールになって無かった。
 聞いていく最中に、忘れてしまう。
 何を話していたのか、数秒後には抜け落ちていく。
 どんどん酷くなる記憶の欠落。
 ただただ、その時は非常に楽しかった。


 ――ものを売る。ものを買う。
 雑談。
 急に襲いかかる吐き気。
 かと思えば満面の笑顔。

 秋葉原での思い出は、まるで夢の中みたいにモヤが掛かっている。


 帰りの電車の中。
 無性に悔しくなった。
 自業自得でODをしたせいで、まさに自業自得な結果が、ついにやってきたのだ。
 まともに会話すら出来ない自分。
 これじゃ、仕事もまともに出来ない処か、出歩くことすら出来ない。

 ただただ神に祈り続けた。

 いままですいませんでした。許してください。許してください。許してください。許してください。許して、許して、許して、許して



 ――何を?



(4日目)
 目が醒めると、昼過ぎの布団の中。
 ワケの分からないメールが来ていたり、家族がワケの分からないことを言っていた。

 いや、ワケの分からないというのは、いままでのおかしさとは違う。
 理解出来ないことには違いないが、言っている言葉の意味は、ちゃんと解る。
 した覚えの無いことを、周囲の人間に何度も言われていたのであった。

「あんたの買ってきたケーキ、6個あるけど、一人で食べるの?(母)」
 知らないよ……。うちは4人家族。

「箱1売らなかったのかよ?(弟)」
 知らん。重いのだけは覚えてる。

「昨日、シリアル貰ったんだけど?(S)」
 シリアルは持ち歩かないよ……。

「溜まった灰は捨てろよ(父)」
 寝てたからね!?



 結局、こうして意識は取り戻した。
 まるで、4日間が、全て夢の中であったかのようにボヤけている。

 手元にあった睡眠薬――マイスリーを見る。
 手が、震えた気がした。
862ea818.jpg




 こうして、コンタックに続くトラウマが出来たのであった。
 確かに、マイスリーでの頭が空っぽになった時の感覚は居心地が良かった。

 だが……翌日からの記憶の損失。
 超短期型の睡眠薬なのに、この様だ。
 実際は、周囲が勘違いしているだけかも知れない。
 全部が全部、自分の間違いだとは限らない。

 ――だが、手元にあるマイスリーを、再び試す気にはなれなかった。



―――――☆☆☆―――――



 ……と、どうして超短期型の睡眠薬でここまでなったのかを考えると、状況を踏まえてみると、以下が思い当たった。

・マイスリーを飲んでからのオール。
・ブロンやトニンODを普段からしており、相乗効果的なことが起こった。
・貰ったマイスリーを数えると、たったの4錠(7錠貰った筈)になっている。そうなると、3錠は飲んだことになる。連用による作用か。
・薬が合わなかったか、または合いすぎて多量の効果が現れたのか。


 そして、ODを止める気の無い、コデイン中毒の自分は、せめて以下の事柄に気を付けようかと思ったきっかけになりました。

・ブロンを完全に止め、とりあえずトニンに移る。
・睡眠薬を使わない。寝られないならそのまま寝なくて良い。

 なんともアホな……。普段からODをしているせいか、通常量なら大丈夫だと過信してました。
 マイスリー自体は悪くないです。不眠症で無い自分が、ODで寝れないが為に使ったせいです。
 寝つきの悪い方には、スゴく効き目があると思います。

 何だか〝自業自得やん!〟で終わりな話ですいませんでした。オタと全く関係ないし。

 秋葉原で買ったものや、買った本。最近見たアニメ等の感想を、後々(いつになるかは……)書くことにします。
 読んで下さり、ありがとうございましたm(__)m

協力オナシャーッッス↑