【前代未聞の異能力者~自ら望んだ女体化だけど、もう無理!
Episode02╱幼い体躯
(04.)
 言語ではなく、イメージが濁流のような勢いで脳へと入り込んでくる。

 ーー自分が異能力者という存在になったこと。
 ーー身体干渉に区分される、常時発動型の異能力を扱えること。
 ーーその能力は、僕が望んでいた願いに近い能力であること。

 それらを教わるのではなく、自分から勝手に理解し納得していく。
 異能力者になったのだと、僕は既に確信していた。調べる必要もなく、僕はたった今から異能力者になった、それを微塵も疑わず、そうだと認識している。

 僕が変身した姿は、年齢は14歳とやや幼い。
 だが、とにかく嬉しかった。
 本当に女の子になれるだなんて思いもしなかったのに、奇跡が起こり女の子になることができたんだ! と、僕は歓喜した。

 意識が現実に戻された。
 意識が奪われてから、おそらく1秒も経っていないだろう。
 それなのに、僕は女に変わっていた。

 試しに胸を揉み、再び確信した。
 小さいながらも、きちんと柔らかさのある二つの膨らみ……これこそ、女になった証だ、と……。


 


(05.)
 僕は、とりあえず全身を見てみたくなり、異能力者保護団体に報告するのを後回しにした。
 まだ夕方の5時半だから大丈夫だろう。

 全身が見えるだろう姿見の前に立ち、鏡に映る自分の顔・体躯・手足を眺めていく。

 肩の下まで伸びている髪の毛は、一本一本サラサラと靡いており透明感があって幻想的に見えている。
 顔立ちには幼さが残されており、顔のパーツは綺麗に整っている。
 瞳は大きく、二重瞼に睫毛は長く生えている。

 胸にはさっき確かめたとおり、小さいながらも、やわらかい丘が二つある。
手足は細長く、傷ひとつ着いていないため、美しさと同時にモロさがあるイメージを抱かせる。
 指の一本一本が艶々しており、自分の手だというのに、ついつい見惚れてしまいそうだ。

 初期装備なのかなんなのか、着ていた服がどこかへ消え去り、代わりとばかりに、大人用のワイシャツ一枚と、可愛らしいピンク色の下着(パンツ)、そして足先から、太ももと膝の間くらいまで伸びている黒い靴下ーーオーバーニーソックスという三着だけ最初から着ていた。

 ワイシャツのサイズのせいで、袖から指までしか出ない……。
 まるで萌え袖みたいだ。
 いや、まるでもみたいだでもなく、これが萌え袖なのだろうか。
 オーバーニーソックスが長く、痩せ気味の足でも太ももまで伸びており、さすがに太ももだとパツパツになっているせいで、14歳の痩せ気味の足だというのに妙に色っぽさが出てしまっていた。

 どこからどうみても、男だった僕視点で評価するなら、どう転んでも美少女と評すこと以外できない。
 女になった視点ーーつまり、この今の美少女となった視点から見た自分かもしれない。それなら自分には甘くなっているかもしれない。
 けど、自分の好きな女の子の【容姿】を挙げてみろーーそう言われたら、まさしくこんな美少女が出来上がるだろうと確信できる。

「まさか……まさか本当にーー」

 女の子になれるなんてッ!
 それも美少女にッ!
 知識が流れ込んで来たおかげで、僕の異能力は『身体干渉』というカテゴリーに類されることもわかった。
 どうやら常時発動型の異能力者だということで、自分の意志で男に戻ったりこの姿になったりと分けることはできないらしい。

 でも、僕は別に、男だった人生に未練なんて持っていたりしない。
 今すぐ女の子として生活しろと言われたら、喜んでそうする人間だ。

「これで……裕璃のことをうじうじ考えないで済む。僕は女になったんだから、友達に彼氏ができただけだと考えることにしよう」 

 ……でも、どうしてだろう?
 絶世の美少女とまで呼べる存在になれたのに、僕は相変わらず、裕璃について思考することを完全にやめることは、できなかった。
 胸の奥にトゲのようなものが刺さり、小さく、でも、たしかに、チクチクと痛みを発していた。

「豊花ー? もう帰ってきたのー?」

 姿見のある洗面所に母さんが入ってきた。

「あれ……え……ええっと……あなた、だれ?」

 すっかり忘れていた。

「ぼ、僕だよ、僕、豊花」
「はぁあぁ? あなたねぇ? 豊花は男なのよ? それわかって言っているの? あなたあれ? 泥棒ッ!?」
「ち、違うってば! 正真正銘、杉井家の豊花だよ! 子供の頃から『女みたいな名前』ってバカにされてきた豊花本人!」

 どうしようどうしよう!
 どう説明すれば母さんは納得してくれる!?

「なーにが豊花本人、よ! 豊花なら股関にある息子、見せられるわよね? あなたの場合、どっからどー見ても息子はいない! あなたの股には娘しかいないじゃない!」
「たしかに女になったけど……そうそう、さっきまで男だったけど、異能力者にいきなりなっちゃって、男の豊花から女の豊花へと大変身して戻れなくなったの! 嘘じゃないよ信じて! なにか僕や僕と母さんにしかわからない問題を出してみて! それに答えて、僕は豊花だと証明するから!」
「ゆ、豊花しか知らない問題……? そうね……なら、日毎に増えていくベッドの下にあるエロマンガ! あのなかで一番多いジャンルはなにかしら!?」
「え、えっえっ、ええ!?」

 親にエロ本ばれてーら!
 しかも、多いジャンルを知っているってことは……。

「うっ……ロリ物、幼女系のヤツです、はい」
「正解! 更に凌辱強姦ものまで見つけて、母さん泣きたくなったのよ!?」
「そっちはほんの気まぐれに買っただけで、好きなジャンルでは……」何回か使ったけど。「ないんだ! だから安心して!」

 まさか、無口で、なるべく優等生を演じようとしていた僕が、母さんとエロマンガについて議論を交わすだなんて……意外とショックだ。 

「あなたが豊花なら、こういうのは、もう使えないわね?」
「へーーちょっ!?」

 思わず吹いてしまった。
 母さんの右手には、『初等部ユナちゃん JS 非貫通式 オ●ホール』という文字と、股を開いている幼女のイラストが書かれている四角い箱が握られていた。

「ちょちょちょちょちょっとちょっと! 母さん!? さすがに、それは見てみぬフリをしてほしかった!」
「犯罪者予備軍じゃない!」
「大丈夫、三次元のロリータには絶対に手を出さないから」
「……」
「あ、あれ? 大丈夫、大丈夫だから。手は出さないよ? 約束するから……?」
「…………」

 母さんは急に黙ると、しばらく僕の全身を確かめた。
 暫くしてから、再び口を開いた。

「どうやら本当に豊花みたいね……」
「わかってくれたの!?」
「ええ、これで豊花じゃなかったら逆に怖いわ。会話の仕方や嗜好や態度、知ってる情報や焦りかたまで、豊花とおんなじだもの。……どうしたのよ? いくら名前が女みたいだからって、本当に女にならなくってもいいじゃない」

 名前のほうを変更するより先に、『名前が女みたいだから、身体の性別を変えて名前に合わせよう!』なんて考えに至るバカがいたら、もうそれは一種の天才かもしれない。
 しかし、僕はバカでも天才でもない。

「いやいや、名前のせいじゃないから。単に異能力者になっただけ。で、異能力が女の子になるって能力だったんだよ。さらに、常時発動型だから、自分の意志で元に戻れない」
「ええ……どうしてあなたが異能力者なんかになっちゃうの!? なにもしてないのに、どうして豊花みたいな良い子が、そんな目に遭わなくちゃいけないのよ!?」

 ようやく現状を把握した母さんは、その状況に対して理不尽だと文句を吐き出す。
 どうやら、母さんは異能力者がどういった目を向けられるのかわかっているらしい。
 なりたくてなったわけじゃないのに、異能力者というだけで忌避されてしまう、理不尽な社会だと理解しているらしい。

 でも、僕はむしろ『異能力者になれてよかった』と、声を大にして言いたい気分だ。
 異能力者になった対価として、僕は美少女に生まれ変われたのだから……。

「母さん、とりあえず僕、異能力者保護団体に連絡する。で、明日は、保険証とマイナンバーカードを持って住民票を取りにいく。その足でそのまま、保護団体の施設に行くよ」
「大丈夫? 明日朝早く行かなくちゃいけないの? 一日くらい休んだら? そもそも平日よ、学校があるんじゃないの?」
「大丈夫だよ。というより、異能力者になった場合、異能力者保護団体に名乗り出ていろいろ処理するまでは、学校に行けないんだ。たしか、そうだったはず……だから、さっさと手続きを済ませたいってだけ」

 僕は説明を終えると、スマホで異能力者保護団体を調べ、最寄りの団体の番号を入力して通話をプッシュした。
 電話はつい緊張してしまう。だからこそ、戸惑わずに一気に電話をかけたのだ。

『はい、こちら、異能力者保護団体総合受付』

 電話口から、女のひと……いや、どちらかというと、まだ未成年のーー今の自分と同じくらいの年齢の少女を想起する声が聞こえてきた。

「あ、あの、異能力者になってしまったので、あの、れ、連絡を、入れました」

 緊張してカミカミになってしまった。

『わかりました。まずは口頭で次の質問に答えてください。一、あなたの名字と名前、生年月日、年齢を教えてください』
「えっと、杉井(すぎい)豊花(ゆたか)、2002年8月24日産まれの16歳、です」
『ありがとうございます。それでは次。二、あなたの異能力は、分類するなら次のどれでしょうか? 身体干渉、精しーー』
「身体干渉の、常時発動型です!」
『身体干渉ですね、わかりました。常時発動型……とはいったい?』

 あ、あれ?

「な、なんか、とりあえず常に異能力が発動しているタイプみたいで、自分で異能力をやめたりつかったりができないんです」
『はぁはぁ、なるほど……とりあえず、それについては来館時に再び確認致します。それでは、三、その異能力の内容を端的に説明してください』

「お、女に変わる能力です!」
『……えっと、つまり今、電話口にいらっしゃるあなたは、本来男性ということでしょうか?』
「はい、そうです」
『自力で元には戻れませんか? どうにか戻れないでしょうか?』
「いや、戻せないらしくて……」

 自律発動は不可能と、異能力者になった瞬間には、把握できている。

『その状態だと、異能力から市民を守る法律の、第三章第3条に違反しているという扱いになるかもしれません。もしも当団体に訪れる際に異能力特別捜査官に見つかったら、緊急取締捜査に発展するまえに、既に当団体に事情を説明している旨を伝えてください』
「わ、わかりました」

 い、異能力特別捜査官?
 き、緊急取締捜査?
 なんだろう、麻薬取締官や職務質問、尿検査みたいなものと一緒かな?

『それでは、保険証や運転免許証などの身分証明書を一枚、マイナンバーカードか通知カードかどちらか一枚。そして住民票を一枚。以上を揃えたら、最寄りのーーえっと、横浜支部 異能力者保護団体の総合受付の窓口までいらっしゃってくださいませ。期日は今日から30日後、2018年10月9日までに来館願います』
「はい、一応、明日行く予定です」
『ありがとうございます。少しイレギュラーな部分があるため、そうですねー、早めに来てもらったほうがいいと思います。それでは、“未来(みらい)”が担当いたしましたー』
「すみません、ありがとうございました……ふぅ」

 マナーなのかなんなのか、待っていても相手は通話を切らなかったため、適当なタイミングでこちらから切った。

「どうなの、豊花?」
「とりあえず、さっき言ったとおりにするよ」
「それより、豊花?」
「ん?」
「……」母さんはワイシャツの裾を伸ばそうとした。「これじゃぱんつがまる見えよ? 胸もはだけているうえに……あんた、ノーブラじゃない! 乳首透けて見えてるわよ?」
「へ? ……うわっつ!!」

 あんまり考えていなかったが、今の自分の服装は、裸に靴下とパンツだけを履き、上からブカブカの白いワイシャツを被せただけという、かなり危ない格好だとようやく理解した。

 たしかに、こんな美少女がこんな格好で外に出るなんて、襲ってくれと言っているようなものじゃないか。

「とりあえず、夕飯まで部屋で休んでる」

 母さんに告げて、僕は自室へと戻った。
 恥ずかしいから籠るのではない。
 単に、女になったのだから、あることをやってみたくなったという理由だった。
 そう、男のままでは味わえない、とある感覚を味わってみたいのだーー。


全編(Episode1から読む場合)はこちら→リンク

協力オナシャーッッス↑