以前、ファーストフード店に行った時のお話。ハンバーガーとドリンクをオーダーをしたのだがドリンクのサイズを選ぶのにイラストでS,M,Lサイズの表示掲示を見た。登山の後だったのでSサイズは少し小さな感じがしたからMサイズを注文した。受け取ったのは思ったより小さなグラスのドリンクであった。席についてハンバーガーを食べながらどうしてもイラストサンプル表示のMサイズには思えない。スタッフが近くに来たので聞いてみた。「確認だけどこのサイズはMサイズ?」と私。そのスタッフは「はい。Mサイズです。」少し、不満げ。「いやいや、確認しただけなんで。」と何か気まずい空気が流れる。セルフなので食べ終わったトレイをカウンター近くに戻しに行ったのだが、店のスタッフ達は「ありがとうございます。」も言ってくれない。おいおい、私は「確認だけど.....。」と聞いただけなのにクレーマー扱いにされてしまった!!
先日、札幌に行った時のお話、妻と札幌駅構内で朝食をするため北海道では有名な珈琲店に入った。その店にはあまり気乗りしなっかたのだがメニューを見てビックリ!コーヒーも含めてドリンクメニューは全て600円以上、トーストと注文すると1人1000円ぐらい、椅子もテーブルもその値段に反映しない粗末な材質である。店員さんが私達のテーブルに珈琲を持って来たのだが、他のお客様のアイスティーも一緒にトレンチ(トレイ)に載せている。「そんな品物の運び方はサン珈琲ではありえない。」「この価格に見合うカップ、皿があまりにも貧祖」「このお尻の痛くなる木製の椅子はまるでファーストフード店や!」「こんな少ないお客様でスタッフが4人も!!」不平たらたら。そばにいた妻は「もうあなたとは2度と来ませ~ん。」やはりクレーマー?私は..........