久しぶりのブログです。最近はネタがなく書き込みを諦めていたのだが、この年も押し迫った日に大切な友人が3人も私に会いに来てくれた。お一人は私達の子供が小さい時に家族ぐるみの付き合いの方で当時の二人の趣味がテニス、登山、マラソンで篠山マラソン、六甲縦走登山とか色々なことにチャレンジをした事が懐かしく思い出される。お2人目は私に勉強の大切さを教えて下さり、その時は私は独身だったので仕事が終わると毎日のように飲みに付き合ってもらったのが昨日の事のように思う。そして3人目は約10年以上前にサン珈琲店にアルバイトスタッフとして勤務していた人である。彼とは休日の時に山登りに行ったり珈琲教室のアシスタントに同行してもらったり….....。そうそう無理を承知で英語教室のアシスタントもしてもらたっり、その彼が遠路はるばる京都から電車、バスを利用して私を訪ねてくれた事は本当に嬉しいの一言につきる。3人の方の共通点は私にとって何か居心地の良い、会話をしててほっとする気持ちになる。偶然にもその3人の友人が歳の瀬に訪問してくれたのが今年の嫌な事を忘れ去ってしまう出来事だと思った。