社長のひとりごと

当社の代表取締役社長である松本道彦によるコラム

軟弱者

 とうとう8月の独り言は書かず仕舞いだった。別に忘れたわけではないが、書こうとの意欲が湧いてこなかったというのが正直なところだ。これは、もしかしたら加齢によるものかもしれない。このままだと止まってしまう可能性大であり、「それでいいのか」と自問自答すると是とするには多少の抵抗がある。よって、少し努力することにした。

 先月の終わり、月曜日のことだが普通に出社して、いつものメニューをこなし、日報の確認をしようとしたら突然咳き込みだして、喘息の症状にするとちょっと違うなと思いつつ仕事をしていたらだんだん体がだるくなってきた。こうなると思考力なし、やる気なしで座っているだけの時間が過ぎる。こんな状態で会社に居ても仕方がないので昼で早退する。

 ベッドで横になり、体温計で熱を測ると373分。うん、まあこんなものかとテレビをつける。テレビを視るでもなく、うとうとするが、時間とともに熱が上がっていくのがわかる。こうなると体温計とはお友達だ。385分、391分これはやばい、医者へ行かなければと家内に頼む。「ほんまに軟弱なんだから」と馬鹿にされつつ医者へ連れて行ってもらう。もうすぐ93歳になろうとするお袋も「ほんまにあんたは弱いんやから」とのたまう。事実故返す言葉なし。

 何が原因でこうなったのかと思い起こすと。心当たりがあった。朝方、寒くて目が覚め、布団にくるまっていた。クーラーは猛暑つづきだからつけっぱなしにしているが寒くなるほどではなかった。なぜか震えが来るほどの寒さを感じていた。夢を見ていたようにも思うのだが、まさか、夢の中で寒かったから風邪を引いたなんてことはあり得ないだろう。

 医者に行ったって、レントゲンを撮って血液検査をして「異常はありません。明日は用心のため寝ていなさい」でおしまい。大したことはないのは有り難いが、よくもまあ簡単に熱が出るものと自分のことながら感心する。というのも、前回熱を出したのは5月で、この時は、東京出張があり、いつものように終わった後懇親会に参加して帰った。多少つかれ気味であったのか3日後の予定がまた東京出張で、行きたくないという気持ちがあったように思う。東京行嫌だなとの思いが強かったのか当日熱が出て、止む無く中止。これを軟弱と云わずして何を軟弱と謂うかと自分で「軟弱者」と納得する。

 昨日のことである。朝、体調も良くいつものメニューをしっかりこなす。ぶら下がり健康器のあと、新聞に目を通していると突然腰の右上あたりに違和感を覚える。おかしいなと思っていると歩くのも苦痛になるほどの痛みが襲ってきた。掃除も朝礼もパスして座ったままじっとするしかなかった。昼から大阪行だのに参ったなと思いつつ取りあえず整骨院へ行く。アイシングをやりながらマッサージ。終わると多少ましになったように思うも、大阪行は取りやめる。夕方になると痛みは大分治まり、ほとんど気にならなくなった。

 今朝、痛みは残っているかと恐る恐る起き上がると痛みは全くなし。昨日の痛みは一体なんだったのだと安心というより不安を覚える。多分近いうちに同じような症状が出るような予感がする。実は、医者へ行くほどのことはなかったが、同じような症状が2回あったのだ。小心者故こわーい病気だったらどうしようかなと思うも、かかりつけの先生に次に行った折に相談すればいい。

 70歳になっても気力、体力はまだまだと思っているが、他の面でその影響がでているとするならこれは致し方のないことだ。多少の無理は元気のもとと考え、軟弱者なりにちょっとだけ頑張ろう。

ゴルフの続き

 7月5日、6日の西日本豪雨は甚大な被害をもたらした。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに一日も早い復興を願うばかりです。ここ最近の豪雨は正に異常であり、併せて猛暑が何日も続くのはこれもまた異常という外はない。異常も続けばこれが普通になってしまう。これからどのようになるのか、自然に対して人間は無力であるにもかかわらず、自然破壊等人類が行ってきた数々の傲慢な行為の報いであるとするなら、身をかがめて耐えるしかない。

 さて、先月の続きでゴルフについて少々記すことにする。

 今月の相生カントリー倶楽部のシニア月例は15日で、いつものメンバー4人で参加。朝からうだるような暑さで、家を出るとき「ようまあ、こんな日に好き好んでゴルフなんかできますね」と冷たい眼で送られつつ出発。

ちょっと生意気を承知で云うと、目標を4アンダーに設定し、ハンディが23から21になったので89であがれば優勝の可能性ありと臨む。インからのスタートで、上がってみるとなんと42という素晴らしいスコア。最近では見たことのないスコアで、これはもう優勝は間違いないと内心ニッコリ。気になるM475打の差は丁度ハンディ分だから、アウトをMより1打上回ればいいのだからこれは楽勝と口には出さぬが頬が緩む。

アウト、慎重にとスタートするがダボを叩き、Mはパーと好調な雰囲気。これはヤバイと思ったのが悪かったのか午前中とは様相が変わってきた。ガックリ来たのは6番の少し長めのショートホール。テンプラ気味のボールが左へ。OBかセーフか、期待しつつボールを探すが、無情にもアウト。これでもうアカン、片やMはバンカーからパーを拾うではないか。ここで勝負ありとあきらめる。

ガックリきたのか、次の7番は当りそこないのヘナチョコボールで右方向へ。あろうことか、水路に入りこれまたOB。やけのヤンパチで特設から第4打を打つ。どうでもいいやとパットをするとこれが入ってボギーで治まる。あと2ホール頑張れば目標スコアになると気を取り直す。結論から言うとアウトは47とトータル89でホールアウト。優勝は別にして、ヤッター、目標達成である。

ゴルフって本当にわからないものだ。Mは、7ホールが終わった時点で42,3であがりそうな勢いであったが、8番でダブルスコア、最終9番でトリプルと大崩れで、終わってみると46。トータル93、ハンディキャップ26だから5アンダーだ。これはワンツーフィニッシュとお互い気分を良くして、風呂上りのカキ氷。これが夏の定番だ。

フロントで成績表をもらうと、何と優勝は7アンダーでMの優勝は成らず、惜しくも2位で3位が小生である。最終2ホールをせめてダボでおさめていればと悔やむも後の祭り。

くそ暑い中でのゴルフであったが満足、満足。

ゴルフ自慢?

 ここ何か月か「社長の独り言」に対する意識が大分希薄になっている。以前は、書かなければ、早く書こうとの思いが強かったが、最近は「まだいいか」「そのうちに」と先送りしてしまう。今月など残りがもう僅かだ。こういう状態を加齢による影響と云われても、そうかもしれないと反発する気も起らない。しかし、「もう止めた」と投げ出す気も今のところない。

 ゴルフについて書いたのは、昨年の4月で、1年余り経っているからちょっと触れることにする。

 100を切ることができないとぼやいていたのが前回だ。正月の打ち始めのスコアを基準にそれより悪ければ家内にペナルティを払うと決めたのは昨年の正月のことだ。因みに昨年の初打ちは102であり、結論から言うとペナルティは3回や4回でとどまっていない。そして、今年の正月の成績はなんと109であった。情けないのを通り越して、もうどうだっていいや、焼けのやんぱちである。これ以上悪いスコアなど出るはずがないと思うも、昨年にしても102より悪くなるはずがないとペナルティを課したのだから、今年もそうはならないという保証はない。それでも「今年は109より悪かったら罰金や」と宣言する。

 正月の初打ち以降今までに9回プレーしたが最も悪いのが104だ。よって罰金はまだ払っていない。払っていないどころかちょっと自慢ができるのが最近の状況だ。

 65歳以上から参加できるシニア月例という競技会に参加しているが、ちょっと自慢というのはこの競技会での成績である。1月のシニア月例は46,4692で、ハンディ25だから5アンダーで優勝。3月は、47,4693だったから入賞しているかもと期待するも、月例にエントリーしていなかったので番外だが、成績としては悪くない。次に5月の成績は、46,4591。ハンディは23に上がっていたがネット684アンダーで、これまた優勝。勢いに乗って6月もと意気込んだが、体調不良で参加できず。

 この競技にはいつも同じメンバーで参加しているが、2月の優勝はMであり、なんと10アンダーだから笑うしかない。尤もハンディ30がよく効いている。3月もMの優勝だ。10アンダーで優勝しているにもかかわらずハンディがカットされていないのには驚いたが、本人のせいでないので立派な優勝だ。同じグループで5回の競技のうち4回も優勝したのだから少しくらい自慢してもいいだろう。7月のシニア月例は15日だがもちろん参加だ。優勝を目指しての参加であることは言うまでもない。蛇足だが、直近のスコアは、46,4389と久々の八十台だ。次はハンディが多少上がっているだろうが、この調子なら優勝は十分可能とほくそ笑んでいる。こういうときは好事魔多し。これまたゴルフなのだ。

来月もゴルフを記すことにする。楽しみだな!

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

suncom_hitokoto

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ