こんにちは❗️
SUNDAYS CRAFT CLUB ですm(._.)m

前回 材料の木材の平面と直角を
出すのがとても大切だと
書きました(^o^)/

ツーバイ材は
大体の直線(平面)と直角は出ているのですが
これはあくまでも だいたい出ているだけで
正確ではありませんσ(^_^;)
なので この材をこのまま使うのではなく
手押しカンナ盤 で削って
平面(と直角)を出すコトが大事です

ではその 2面の平面と直角が出た材
次には一体どんな加工をするのでしょうか❓


















これが その次に材の厚さを削る
自動カンナ盤 です
この写真の手前側から 向こう側に向かって
材料を差し入れて 厚さを削ります

















これが 自動カンナ盤の心臓部❗️
上側に見えるドラムに刃が付いていて
差し入れた材の上面を削るのです(^o^)/

これで メニューの部材それぞれの厚さまで削って

その後は今度は
材料の幅を切ります(^o^)/



















これがその幅切りのための
昇降盤  です (恐)

なぜ(恐)かというのは次回改めて…

とにかくこの昇降盤で幅切りすれば
晴れて材料準備はほぼ終了となります
(^o^)/

以上 SUNDAYSでの
ワークショップ材料準備の工程紹介でした〜(^o^)/

それぞれの準備加工のポイントなどなどは
またの機会に譲りますm(._.)m

では 今回はこのへんで
失礼いたしますm(._.)m