ネオンサイン 看板のコラム

今回はネオン管によるネオン管についての記事を書いてみたいと思います。

まずどの面白いネオン管なのかという前に私の出身について。



私の出身は大阪です。



ヒントになりますでしょうか。

やはり大阪人でネオン管といえばなんでしょうかという質問は

9割というかほとんどの答えが一緒になるんじゃないでしょうか。



それは道頓堀にあるグリコの大きなネオン管です。

本当に大きいですよね。

道頓堀のしかもメインの橋があるんですが、そこからすぐのところにあるのが

グリコのネオン管で本当にいついっても大きくきらびやかにネオンが光っているの

が印象です。



私は今、東京で仕事をしているのですが、やはり年末などに帰省すると

道頓堀にいって、ふとグリコの大きなネオン管をみたいなあと思うんですよね。

田舎というか地元ですからね。



やはり地元のそういった思い出に残る場所っていうのは自分の中に大きく生きていますね。

みなさんもそういう場所ありますか。

私があったらいいなと思うネオンサインは街のシンボル的なネオンサインです。

私は神戸に住んでいるのですが、

神戸の港とポートタワーをモチーフにしたネオンサインが

神戸の街にあればお洒落かなと思います。

また、神戸を想起させるジャズをバックミュージックとして

ネオンサインに付属させるのも面白いかもしれません。

それから、サブ的なネオンサインをいくつか作り

切り替えていけば多くの人を引き付けてくれそうです。

神戸といえば現代美術を展示する神戸ビエンナーレや

毎回多くの方が遠方からも参加する神戸マラソン大会、

ゴールデンウィークに街を彩るインフィオラータこうべなど。

神戸で開催されているイベントをネオンサインで表現していきます。

また神戸の宣伝をするために様々なレジャー施設を紹介するのもいいかもしれません。

可愛い動物たちと出会うことのできる王子動物公園、

海に住む魚たちや色とりどりの熱帯魚が優雅に泳ぐ須磨水族館、

自然と触れ合えるフルーツフラワーパークなど。

情報も知ることができて、きらきらと輝き私たちを惹きつける

ネオンサインはとても素敵だと思います。

ネオン管と言えば夜の街というイメージが強い。

繁華街に行けばキラキラ光るネオンが人々を楽しい気持ちにさせてくれる。

その事もあって、今まではあまりにキラキラしているネオンサインを普通の街で見かけると、なんだか場違いな気がしていた。

悪く言えばあまりよくは感じられないイメージ。

例えばそれがゲームセンターだったらイメージに合うと思いますが、今までの感じのネオンサインだと普通のお店にはマッチしない。

でも最近はそういった普通のお店でも合うネオンサインをよく見かける。

すごくユニークで目に留まるものや、色が綺麗でかわいく本当に若い女性が好きそうな素敵なものまで沢山ありある。

その時その時の時代にすごくマッチしてきていて自分がお店を開く時には確実にネオンサインを設置すると思う。

目に留まりやすいというのが一番の広告。

自分はサッカーが大好きで、例えばグラウンドのサイドの方とかがネオンで綺麗に光っていたらカッコいいと思う。

プレーしている人もいつも以上にやる気がでそうだと思う。

このページのトップヘ