February 01, 2006

アゴがカイカイなの…

近頃、全く巧妙になって来たサンディ。

例えば、散歩から戻って家に上がる際に「さあ、足をきれいに拭くからね。お手!!」と言うと、おもむろに「まって。アゴが痒くなっちゃった。(カイカイ・・・)」
そして、掻いた後ろ足のつま先を丁寧にペロペロとやる。
私はその間、雑巾を片手に待っているのである。(お人好し?)

Tシャツを着せようとすると「ちょっと待って。アゴが痒いの。」・・・ふーむ?
爪切りをしようとすると「アゴが痒いみたい・・・」

気がついたのは先月の半ば。
気に入らない事をされるから神経質になって痒みを覚えるのかと思った。
でも、どうも違うらしい。
ごまかしているのだ。
どうもいつも同じところが痒いのは変だ。
赤くなっているとか、腫れているわけでもない。
それって気のせいじゃあないの?
本当は痒くなんか無いんだよね。
時間稼ぎしてるんでしょ!!
そう気がつけば、なんだとぉ〜? 許せない。
こっちは忙しいんだからぁ。

でも、そんなふうにのらりくらり逃げているサンディがなんだかおかしくてかわいいなぁなんて思ってしまったりしているのである。(甘いかな?)
飼い主の私も、たま〜にやってるものね。ちょっと待って!! これが済んでから行くからね。って。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sundy512/50555216
この記事へのコメント
サン母さん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
記事を読んで はたっ と、気づき
笑ってしまいました。
レオンもサンちゃんと同じ手を使っています。
アゴがカイカイはもちろん、
「ちょっと待って、尻尾にムイムイ(虫)いるみたいなの」
「耳の後ろがちょっと痒いの」
から高度なのは座れの「す」を言いかけたとたん
誰かが呼んでいるみたい・・・と耳をぴくぴくさせて
道路が見える位置に走ったり・・・。
ちょっと待ってが多いんですよ(笑)
ってこれってなめられてるんですよね(涙)
がんばります!
Posted by レオンかーさん at February 06, 2006 09:58
こちらこそご無沙汰してしまって申し訳ありません。>レオン母様。
レオン君のつぶやきは拝見させてもらってますが。
(レオン君の関西弁が大好きです。笑)

ボーダーコリーの巧妙なところですよね。
自分はさも重大事に直面しているみたいに深刻な表情で人を待たせるんです。
演技派なんですよ。
何時覚えたのかしら?
それとも血のなせるワザ・・・笑
今しばらくは、やらせとこうかしら。
Posted by サン母 at February 06, 2006 14:01
あはははっ!
思い出しちゃいました。
川崎でCDIIにハンスと出た日のこと。

前日浦安でディスクの大会に出て連ちゃんだったこともあり、
脚側行進中に座り込んで、カイカイカイカイ・・・。
審査員さん、あごを手に乗せ、
ず〜っと待っていらっしゃいました。
「やりたくない」カーミングシグナルだったんでしょうね。
Posted by クリまま at February 07, 2006 12:49
おおっとぉ〜。
男の子のお母さん方からの反応が大きいですね。
実はあるくさん宅の蘭丸君のブログ(http://ranmaru.chu.jp/index2.html)を見て思いついたのです。
蘭丸君も呼ばれると、「ちょっと待ってて・・・」と言うらしいの。
まァ、可愛くて気持ちはわかるんですが・・・
Posted by サン母 at February 07, 2006 18:38