April 10, 2006

訓練。一区切り

822a4834.JPG我が家の愛犬サンディ号、T.CHを完成いたしました。

思えば今から4年前のことだった。
サンディは2歳の誕生日を間近に控えたこの時期に、引越しのストレスからか、サンおばあをひどく攻撃する様になって、私たち家族を悩ませた。
私たちにはボーダーコリーを飼う事は無理なのだろうか。
感受性が豊かで頭が良く何事にも鋭く反応するし、その分かなり我儘な犬種なのには恐れ入った。
服従訓練をしてみれば・・・のアドバイスの元に、小金井公園で行われている通称「お塾」に参加させてもらうことになったのがちょうど4年前。

最初は、服従訓練というのもナンダカナァと半信半疑だった。
普段はめっぽう人当たりの良い、良家のお坊ちゃまタイプのワンコなので、他所のヒトには受けが良く、何で訓練なの? と疑問に思われたかもしれない。
その頃お塾の皆さんがもう既に目指していた訓練競技会に出陳など、まさか・・・うちの子には無理よね。と思い込んでいた。
でも、脚側に着いて歩く散歩ってものにも憧れが有ったし、あんなふうに穏やかなワンコになってくれたら、の思いで地道に続けてきた。

で、今はどうなったかと言えば、当初の目的。
サンおばあへの攻撃は無くなった。
我がままは相変わらず。
表向きは賢く服従している風である。
脚側行進は・・・散歩とは別物と本犬が割り切っているので、まったくものにならなかった。(残念!!)
ただし、意思の疎通はかなり図れるようになったと自負している。(サン母的には)
つまり、我が家的に良い子になってくれた。
そしてそのオマケのようにトレーニングチャンピオンの称号を戴くことになった訳である。

神戸のルイパパさん曰く「ケージに入るのを嫌がって唸っていたサンが・・・ウルウル・・・」
仰るとおりである。
また、「♂のボーダーコリーは服従訓練には向かないのじゃないか」とアドバイスを頂いたのも確かに仰るとおり。
結局、サンディと本気で付き合って、関わり合って、理解しようとお互いに努力の時間が持てた事が最大のメリットだった様に思う。

のんびりと傍らに寝そべっているサンディを見ながら、私自身が癒されているのも本当のところ。
お師匠様、お塾のお仲間の皆様、サン姉・・・
感謝、感謝。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sundy512/50775058
この記事へのコメント
ほんとうに、誠ににおめでとうございました。

結果がついてくるのは嬉しいことですが、
この4年間、サン母とサン姉が、サンちゃんと一緒に
何かをやったということが、
一番の大きな成果ではなかったでしょうか。
楽しそうに歩くサンちゃんを見るたびにそう思います。
Posted by クリまま at April 11, 2006 15:44
★クリまま様。
ありがとうございます。
訓練競技会で初めてお目にかかった頃、バリバリの訓練士さんのようにキビキビとクリスさんを操るクリままさんに目を見張る思いでした。
サン姉にフープを運ぶ助手役をやらせてくれて、リンク内の緊張感を実感させてくれたのもとてもありがたかったです。
この後サンディはちょっと様子見。
次に控えている特別犬パールがおりますので、どうぞよろしくご指導ご鞭撻の程。
ところで、ハンちゃんのグラマーなトレパンはどうお考えでしょうか。
♂ってなんだか・・・と思うのはサンディだけ?
Posted by サンディの母。 at April 11, 2006 16:41
いつかは 私だって!
とナッツが申しております

さん姉さんの上達は目を見張る物がありました
見習わなくては・・ と思っています
まだまだ1つが終わったところですよ
次に進んではいかがぁ〜?

本当におめでとうございました
さんちゃんの兄弟姉妹達の活躍には
本当に驚いております
オーナーの皆様 (この場をお借りして)
有難うございます 
Posted by hiro at April 12, 2006 17:55