May 03, 2006

お誕生日

本日、私ことサン母?3歳の誕生日を迎えました。
物心ついた頃から日本全国的に国旗を掲げてお祝いしてくれる、ありがたい(???)祝日の誕生日で、良いような悪いような・・・・・。

私が所属している某アマチュアオーケストラでは、月3回の練習日(土、日)にメンバーの誰かが誕生日と重なる事が年に数回ある。
誰からとも無く始まった慣習なのだが、練習の休み時間にお知らせのようなペラモノの楽譜が配られる。
「ハッピーバースディトゥユー」の曲をオーケストラ版に編曲(メンバー有志の)したもので、もちろん誕生日の本人には悟られないように何気なく本人を避けて配られるのである。
そして、練習開始。
いつも通りのさり気無さで指揮者は「えーっ、2楽章のド頭・・・」とか言いながら棒を振り下ろすと一斉に始まるのは♪ジャジャジャンジャンジャジャジャンジャ〜〜〜♪の前奏。
知らせを受けていない本人は一人????唖然としている。
♪ハッピーバースディトゥユ〜〜〜♪と歌と拍手でお祝いされて、立ち上がりしきりに照れて挨拶。
フルオーケストラの誕生日の歌は迫力満点で音楽好きの誕生祝にはもってこいだ。

私はいつもお祝いの演奏をしてあげる方で、誕生日に練習日が当たったことが無い。
まあ、ゴールデンウィークの真ん中に位置する日。
連休中は練習日を置かないのが当たり前かとも思う。
お正月にお誕生日の人がいたら、同じ思いかもしれない。
でも、一度でも良いから私の為にフルオーケストラの誕生日の歌を演奏してもらいたいな〜。  

Posted by sundy512 at 22:52Comments(0)TrackBack(0)

September 30, 2005

まぁ、驚いた…

一昨年、某大手スーパーマーケットが我が家の目と鼻の先にオープンした。
それに続いて、その直ぐ裏手に某大手総合病院がこの9月に開業した。

患者集めの意味もあるのだろうか、オープン記念とかで一日人間ドックの申し込みを9月いっぱいにすると、通常47000円のところ、な、な、なんと、15000円と言う破格のお値段。
今まで一度も人間ドックなるものを経験したことの無い私だが、これは見逃せない。
という事で、期限ギリギリの昨日勇んで申し込みに行ってみた。

まあ、来月か再来月にでも…の心積もりが、受付で聞くと「今の時点で来年3月までは予約で一杯。早くて4月以降、まあ、8月くらいのつもりでいてください。順番が決まった時点でご連絡いたします。」とそっけない返事だった。

誰も考える事は同じようで、人間ドックのお値段の相場なんて少しも知らなかったが、多分ものスゴークお安いのだろう。オープン以前に8月から申し込みは始まっていたのだそうで、その早く申し込んだ人達がやっと12月頃に順番が回ってくると言うのだ。

びっくりしてしまったが、まあしょうがない。一応申し込みは済ませて来たが、本来なら人間ドックのメリットといえば自覚症状の無い病気の早期発見という事だろうに、待っている間に手遅れになってしまったなんて事は無いのかしら?

ふーん、こうなったら順番待ちの間、十分に健康に気を付けて、体力も蓄えて人間ドックに備えよう。
あれっ、ということはやっぱり健康面でのメリット有りということなのかな?

宜しかったら人気ブログランキングにwanクリックお願いします。

b6f27702.gif  
Posted by sundy512 at 00:15Comments(1)TrackBack(0)

September 19, 2005

いったい…?

先ほどから、当ブログに目も当てられないような迷惑トラックバックが数回されております。
やむなく、トラックバックの設定を「受け入れない」にいたしました。

新ブログに移行とか何とかの話しもあるようですが、未だに自動的に移行されている様子ではありません。

しばらく様子を見ることにしますが、このまま続くようでしたら閉鎖に追い込まれる可能性もあります。

犬の話題で盛り上がっているのに残念です。  
Posted by sundy512 at 01:16Comments(0)

September 06, 2005

やっと復活

先月の23日に突如として我が家のPCがダウンしてしまった。
暑さのせいか、はたまた…
そして、使ってはいたものの復旧の仕方などド素人の私達家族に出来るわけもなく、仕方なしに前々から考え中だったBフレッツ光に変更し、ついでにPCのセットアップもサービスでやってもらおうと、苦肉の策。
待ちに待って、やっと本日「光」が開通。そして、セットアップのエンジニアさんも親切、丁寧に教えてくれて今と相成った。

その間約2週間、メールもインターネットのウェブサイトもこのブログも全てオアヅケ。
こんなにもドップリネットに嵌まった生活をしていたのかと思い知らされた。

何よりも悲しかったのは、5年間に沢山撮り貯めていたサンディの写真が全て消えてしまった事。
本当に残念で仕方が無い。

皆様、どうか写真はバックアップをマメにいたしましょう。
(マメでないのは私だけなのかも…)

  
Posted by sundy512 at 23:56Comments(3)TrackBack(0)

July 27, 2005

ピクルスの作り方

,ゅうりは良く洗い、軽く塩もみしてからヒタヒタの水を入れ浮ばない様に押さえをして冷蔵庫で一晩置く。
漬け汁の作り方…酢カップ1、水カップ1、砂糖60g、塩小さじ2、鷹の爪2本、ローリエ1枚、クローブ3個、にんにく1片(スライス)を煮立てて、冷ます。
(これを煮立てているとサンディは顔をしかめて、こそっと逃げてゆく)
水気を切ったきゅうりを熱湯消毒したビンに詰め、漬け汁を注いで(ヒタヒタに)冷蔵庫で保存。一週間くらいで食べられる。
サンドウィッチ、ハンバーガー、サラダのトッピング、などに使える。

サンおじいの畑で、今年はキュウリが大豊作。
毎日、オバケのような(ヘチマ?)キュウリがキッチンに山積みになるので、最近この方法で何とか保存しようと頑張っている。
でも、毎日冷蔵庫が満杯…

ポチッとどうぞよろしく。
b6f27702.gif  
Posted by sundy512 at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

July 01, 2005

お答えします〜Musical Baton

クリスの回顧録〓そして今


♪クリままさんからお手紙着いた。
サン母さんたら読まずに食べた。
仕方が無いのでお手紙書いた。
さっきの手紙のご用事ナァに?♪

↑程度の認識しかないので悪しからず。
そもそも、この手のリレーが続いているという事すら知らなかったので、かなり見当はずれな答えかもしれませんがお答えします。

●コンピュータに入っている音楽容量?
満足にサクッと働いてくれない我が家のPC君。
これ以上ヘソ曲げられたら困るのでなるべく空き容量確保のため、私の分は殆ど無し。(多分、Grayか何かが一曲)
サン姉は色々あるみたい。ディズニーものかな?

●今聴いているアルバム?
これはもうなんてったって「運命」。
間近に迫った定演(7/3日曜日午後2時より八王子イチョウホールにて、八王子シティオーケストラの第7回定期演奏会があります。チョビット宣伝)のイメージトレーニングのために全楽章、毎日、車に乗っている間中、ドップリ浸かっております。
お陰で、溺れそう…

●最後に買ったCD?
↑の為、1000円ニャリで購入。
ベートーヴェン☆交響曲第5番<運命>、第7番
演奏☆オーケストラ・アンサンブル金沢(指揮・岩城宏之)
オーケストラ自体の編成が小規模なのに大迫力の名演奏。
我がアマチュアオケの万年メンバー不足の編成を思うと、「運命」の演奏もかなり勇気が出てくる。(技術の差は如何ともし難いが…)
お値段もお得感たっぷり。

●よく聴く思い入れのある5曲?
たまにしか聴かないけど、思い入れのある曲は…
アルバムでご紹介。

ADIEMAS☆聖なる海の歌声
9曲目の「静寂」は、探して探してヤットめぐり合えた曲。
あるCMに使われていたのだが、曲名が分からず誰の演奏かも分からず。
レンタルショップで手当たり次第借りて来ては試聴を繰り返し、ある日突然プレーヤーから流れたこの曲に涙が溢れました。
ヤット見つけた…

T.スクエア☆アドヴェンチャー
文句無く元気印。若かりし頃の溌剌さかな。

●次にバトンタッチする方は?
ウーン、ブログ友達って本当に少ないので困ってしまう。
私でアンカーという事では×かな?
一応、クリスさんにお渡ししますけど。
ヨロシクね、クリちゃん。

ポチッと応援お願い。

b6f27702.gif  
Posted by sundy512 at 21:45Comments(2)TrackBack(0)

May 29, 2005

犬とは別の話

ブログの何たるかをよく調べもせず始めてしまったが、昨日お塾への道々、某FM放送を聞きながら走っていると、ブログについて解説してくれていた。

フムフム、なるほど。
そういう事だったのね。
私はすっかり日記帳のつもりになっていた。

で、さっそくクリままさんの「あれこれ」にトラックバック。
キャー、初めての事だ。(ドキドキ…)

前回、犬と私の経緯についてチョコっと書いてみたが、世田谷の某所という記述についてもうちょっと詳しく。
これを読まれる方はたぶん、へエー? と見当もつけられる方もいらっしゃるかも知れない。

家の裏手に、道を挟んで小学校があった。(これは、前回にも書いた。)
家の前は、広い原っぱ(数十年前の話)で3歳の子供の腰ほどの草原が続いていた。
そこを抜けると、某農大の農園。
そして、大学の正門向かいには某馬事公園。

馬事公園では白い木製の柵の中にリラックスした表情の馬たちが繋がれて(放されて? かな)いて、手を伸ばすとフンフンと臭いを嗅ぐ(馬がするだろうか?)ようによって来た。
柵は非常に高かったので、父に抱っこしてもらって手を伸ばした記憶がある。
(あれは危険行為だったのではないのかな? 今にして思えば…。)

ウン十年後、幼いサン姉をつれて馬事公園を訪れた事があったのだが、それはまたいつかの話。
驚いたのは、広いとか高いとか記憶していたものが、全てサイズダウンして普通の広さ、高さになっていたことだった。
子供の頃の記憶はなんでも特大だし定かで無いものらしい。
ということで、当てにならないお話でした。

マメな更新はとっても無理だけど、応援ヨロシク。

b6f27702.gif  
Posted by sundy512 at 06:25Comments(2)TrackBack(0)