最近なんとなくですが、定期的に見に来てくれる方が増えたような気がします(*´∇`*)
そんな方の為にも何かネタはないか!?
日々の業務の中で色々と探してはいるのですが、中々これだ!というものが見つかりません。
まして畑が冬季休業中なのでアロニアやムクナの成育状況も書けない・・・。(もともとあんまり書いてなかったんですが・・・)
そして結局終始宣伝で終わってしまうようなブログに落ち着いてしまっているのですよ。
そういった事をとある方に相談した所、(WEB)担当君が社長にインタビューして文字に起こせばいいじゃない!あの人面白いでしょー、と言われたのです。

そこで先日、ジュースのラベル貼りをしながら社長と雑談していると、面白い事が聞けました(☆゚∀゚)


社長:俺はサラリーマンだった頃、インドネシアで仕事した事があるんだよ

―なんと!?Σ('◇'*)短期の出張ですか?

社長:いやいや長期だよ。ジャングルの奥地で生活したんだ。会社から盲腸になったら半分は(死を)覚悟しとけと言われたよ(笑)

盲腸ごときで、と思いますが、数十年前のインドネシア、まして社長が赴任した先は田舎だったそうで医療体制は整ってはいなかったのだそうです。

―そんな所で良く暮らせましたね・・・。

社長:赴任した当初は謎の高熱が出るんだよ。飲み水だって日本みたいに透き通った色じゃないから。茶色く濁った水を沸かして飲んでいたんだ。

ゆとり世代ど真ん中の担当、ここで思わず絶句してしまいます。

社長:でも人間慣れるもんなんだよ。熱もだんだん引いてさ、食事なんかも喉を通るようになるんだ。

―しかしそんなジャングルの奥地で、楽しい事なんてなさそうですけど・・・。

社長:月に一度、首都のジャカルタで出張している人間が集まって会議するんだよ。その時に食べる中華料理が抜群に美味かった。楽しみといったら確かに食べる事くらいだよ(笑)

―なるほどー中華料理ですか。向こうの食事で他に気になる物とかありましたか?

社長:食事とは違うんだけど、コーヒーだな。向こうの人のコーヒーの飲み方はすごいんだよ!

―どういう風に?

社長:まずコーヒーを入れるだろ?といってもまともに挽いたような豆ですらない。ジャリジャリするんだ(笑)それに加えてコップの1/3くらいの砂糖を入れるんだよ!

―Σ(=゚ω゚=;)それは入れすぎですね・・・。

社長:だろう!だから向こうの人は糖尿病の人も増えてるらしいんだよ。そうした人向けに糖度の低いうちのジャムをだな・・・


って結局サンファームの話になってるΣ(´д`;)
とにかくこの人、人の何倍も濃い人生を歩んできているので、まだまだ色んな話が聞けそうです!
人生は二毛作がテーマの男の一毛作目、今日はそんなお話でした。