向日葵の庭  〜Sunflower garden〜

仙台で音楽活動中ハガマコトのブログ

本厄のワタクシ

年末から年始にかけて仕事でバタバタしてまして、
それが先週のプレゼンで一段落な感じでした。

もちろんやること山積みではあるんだけど、
やっぱり音楽もちゃんと頭のなかにあるわけで。

しばらくちゃんとした曲作りしてないから
いろいろ作っていきたいな、と妄想してます。
ペイジでもソロでもね。

まず2018年二発目もペニーレーンに決まりました。

2018/02/25(日)@PENNYLANE(北仙台)

詳細は震えて待てっ!

チケット予約はいつでも大丈夫です。
メッセージとかTwitterとか
FacebookとかInstagramとか、
なんでも結構ですのでご連絡ください。


ちなみに今日はお休みでした。
実は本厄のワタクシ。
愛宕神社に厄払いに行って来ました。
無事に一年過ごせますように。

DSC_2860

天気はいまいちでしたが、
ここからの眺めは好きです。

色を塗る

ここしばらく仕事ではとある提案案件のために
せっせと準備する日々でした。
金曜がプレゼンなんですが、
人に届くように話すのって難しいよね。
もちろん、それは技術的なことも
話す内容も大切なんだけど、
実は何が伝えたいか?というのは
仕事でもおんなじなのかなって思っています。

営業の仕事なんですが、
向いてる、と思ったことはほとんどありません。
でも、数年やっていると
自分を生かせるフィールドもあるんだな、
と気づく自分もいるんだよね。

それは多少なりとも「表現」を伴うもの。
杓子定規の世界に少しでも色を残す。

それがこれまでの自分を活かすことでもあるかな。

これをまた自分にフィードバックしたい。

2018ライブ初め

2018/01/06 sat
@PENNYLANE

ハガマコトSetList
01.Walkin' in the rain
02.ハローハローハロー
03.シンガーソング
04.よるのうた
05.スワロー

今年の初ライブは弾き語り。
秋ごろ?に勾当台公園で歌って以来。
しかも初のペニーレーンにて。

とにかく調子よかった(笑)
これだけ気持ちよく歌えたのも久しぶりだな。
見てくれた人に伝わってるといいな。

音楽って難しく考えれば難しいんだけど、
単純なもんで、気持ちよければいいんだよね。

昨夜はそんなライブになったんじゃないかと。
どうですかね?

ペニーレーンはアットホームな空気で
出演者皆さん仲間意識があってよかった。
またぜひ皆さんとご一緒したいですね。
そのうちペイジでも出たいな。

気に入ってくれた人は、
ぜひTwitterとかで広めてください(笑)

それにしてもテイラー率高かった。

IMG_20180107_215118

2017/12/30ペイジ&ギブアップス15周年

2017/12/30(Sat)@仙台CLUB JUNKBOX ペイジSET LIST 01.星に願いを 02.パステル 03.supernova 04.Music 05.僕のテレキャスター 2017年、ペイジの15周年イヤーのすべてを終了しました。 久しぶりにペイジ10周年の時のTシャツを着ました。 過去よりも今がいい。 そう言い続けたい。 誰が何と言おうが。 いいもんやってるという確固たる自信が必要。 ライブ中はホント「これ以上いいバンドいない」 という気持ちですよね。 そんな初期衝動のみでやり続けた15年。 そんな無責任、自己満足バンドに付き合ってくれる人がいる、 そんな奇跡的なことに感謝です。 もっとたくさんの人に届くように。 来年はそれをめざします。 今さら?そうです。今さらです。 来年もどうぞペイジを、 ハガマコトをよろしくお願いします。 1/6にはペニーレインですぐライブです。 良かったら来てね。 久しぶりに弾き語ります。 1514726980541
1514726923349

ローカル線に乗って

僕にはパパがいる。
父とは他に、別にいやらしい意味も全くない。
父の一番上の兄弟で、家族親戚で集まるとか、
そんな号令は全て彼から発信される。
だから、親戚みんなからパパと言われてる。

パパは僕にとってはちょっと面倒な人。
世話焼きで子ども好きで、
一緒に遊んでくれるんだけど
すぐに地元の昔話とかお説教じみた話になって。
そうなると面倒なので逃げ腰になってた子ども時代。

でもやっぱりどこか頼りにしてた。
我が両親もパパの言うことは絶対、
という雰囲気が伝わってきたからかな。
これはマイナスな意味じゃなくて
頼って大丈夫な安心感がいつもあった。

大人になってからは
パパに会うことはほとんどない。
ただ、結婚式にはわざわざ親戚まとめて
旗振って来てくれた。
こういうことができるのはパパだからこそ。
 親戚の長として奥さんの親戚のテーブル全部に
挨拶に回ってくれて。
うちの甥っ子をよろしくお願いしますって。
とっても嬉しかったな。

今日はそんなパパにお別れしてきます。
ローカル線に乗って。
たまたま富山出張の時にお葬式なんて
「ちゃんとお別れに来い」と言われてるようでね。

実は昨日はもう一人大切な人の命日でもあり、
鼻の奥がツンとするような気持ちになりました。

ローカル線はゆっくり走るから
いろんなことを思い出す。

ちゃんとお別れしてこよう。

[画像:f92316b9.jpg]

10年ひとむかし

ホントにいろいろあった30代もあと一時間。
10年前の今ごろはハガッチナイトの前夜だったんだよね。
あの頃想像もできなかったことがたくさんあった。

ペイジでは年に1〜2度くらい
イベントやらせてもらって、
曲も作って音源リリースして。
ワンマンもやれたね。
あの日のステージからの光景は
死ぬときに思い出す一瞬だろうな。
全国発売(一応)のCDも出せたし。

ソロとして30代前半はライブたくさんやった。
31〜32にかけては「完全燃焼」イベントやったな。
12ヶ月連続シングルリリースイベント慣行。
毎月毎月、みんなよく遊びに来てくれたな。
後半、転職してからはあまりソロはできなくなっちゃったけどね。

そうそう、プライベートもすごく激変した10年。
12年かな?勤めていた児童館辞めて営業に。
真逆くらいの仕事で、とにかく東北ぐるぐるまわってる。
転職したてのころはホントに毎日辛かったな。
今だってまだまだ落ち着かないけどね。

結婚して家族が増えた。
奥さんの家族も家族になったし。
娘も二人いる。
お父さんになったんだよね。

大事な友達だってできた。
特に30代前半はよーく遊んでたね。
飲んでは遊び。楽しかったな。

大震災もあった。
あの日、世界が変わってしまった人もたくさんいるよね。

この日から家族とか大切な人にシフトしたのかも。
家族がより家族に。

悲しい別れもいくつかあった。
人は必ず終わりに向かう。
一方通行みたいだ。
それがよくわかっちゃったよ。


大人になる。
それを受け入れ続ける日々だったのかもね。

でも大人になる
イコール、物わかりがよくなる、ではない。
譲れないものができるのが大人になるってことじゃないか?
譲れないものがあるからこそ、がんばれる。

音楽だって、家族だって、
やりたいことだって、
会いたい人だってね。

40代だっていろいろあるだろうね。
でも根っこは変わらないよ。
大人になったってね。

10年後どうなってるか?
10年前に想いを馳せながら想像しています。

また明日からも普通の1日。
ちゃんと生きようね。

[画像:6062ff9d.jpg]

まだまだ人生は続く。
自分に恥じない、
真、らしい人生を。

ペイジの15周年

ペイジ15周年企画
SOMETHING BETTER BIGINNING vol.13
〜PAGE 15th Anniversary〜
2017.11.04(sat)@FLYING SON
僕らペイジの15年を注いだ企画イベントも終わればあっという間だった。
2002年に結成して10月に初ライブ。
それからは続ける?辞める?という選択肢は不思議と持たずに来た。
 
いい曲を作って、かっこいいライブをする。
そんな単純なことだけ目指してきた気がする。
 
ただ、最近はなかなかお客さんも集まらなくて
ライブをやるたびに凹むことも正直あって。
そんな中での15周年企画だった。
 
始まってみるとそんな不安とかマイナスな気持ちは薄くなって、
ただただ仲間のありがたさと好きな音楽に囲まれた空間になっていった。
 
[画像:f5422681.jpg]
ザ☆ペイチャンネルは楽しそうなライブをする。
マスダさんのバンドは他のバンドもそうだけど、
自由というか、奔放というか。
音楽とか仲間との時間を楽しむのがライブだと言わんばかり。
彦さんが真ん中でギター弾かされ(?)たりして。
打ち上げがもう始まっちゃったんじゃないかと思うくらい。
 
[画像:cd4d9b9a.jpg]
LeRoyは元々かっこいいに決まってると思ってて。
今回はエンケンさんの話とかあって、
ジュンさんが炸裂してた。
やっぱりライブは生き物だよね。
毎回、思うことあってステージに立つ。
それが炸裂してたステージだと感じました。
Empty talkで僕はほとんど泣いてました。
[画像:e341efbd.jpg]
Blue Soul Adaptは毎回空気が深くなっていく。
映画を見るようなライブだといつも思うけど、
VJとかいてほしいようなライブでした。
イメージが湧く音楽って普遍性に繋がると思うんだけど、
それが年を重ねて実現させてきてるのかなと思う。
[画像:7b036bd6.jpg]
ラムランプは本当にお久しぶり。
10年以上ぶりかな。
最近は3ピース編成。
でも編成云々じゃなくて音楽の芯が通ってるのがすごい。
多分どんな場所でもいいライブができるし、
必ず何かを残していくバンドなんだろうな。
助走、僕らもずっと助走です。
だからもがくんだよ。ありがとう。バトン受けとりました。
ペイジはこんな感じで。
[画像:0c30d502.jpg]
SetList
1.ロックとロール
2.Music
3.ロングロングストーリー
4.あいのうた
5.DOORS
6.死神とピエロ
7.僕のテレキャスター
8.ビー玉
しんやとはうっちゃりの時からだから
それなりのものを見せたいと思ってたけど、
本番が一番よかった(笑)
15年間でトオルさん、シンゴスター、トムさん、
ホッタちゃん、タカシさん、しんや、
いろんなタイプのドラマーに叩いてもらってるな。
誰とやってもペイジの音になる自信はある。
今はホッタちゃんがお休みだけど、
ホッタちゃんに笑われないような演奏にしたいなと。
きっと良い演奏になったかと思うな。
まだまだ助走だとサスケ君が教えてくれた。
いつか突き刺さる瞬間を。
いつか世界を塗り替えよう。
これからもペイジをよろしくお願いします。
ちなみにこのライブの模様は
BONBON TVで12月に放映されます。
そちらも詳細わかったらお知らせしますね。
さて、今度は12/30(土)@ジャンクボックス
出演バンド探してます。
我こそは!という強者の方、
ぜひご連絡くださいね。
最強のイベントにしましょう!
ながーくなったけど、ま、いいか。

ペイジ15周年11/04@Flyingson

2002年10月末。
僕らは初めてペイジとしてライブをやった。
あれから15年経つ。
メンバーは多少変わって仕事とか立場も変わって、
周りのバンドもどんどん変わって、
ただ変わらないのが音楽です。

もちろん関わり方とか割ける時間も少なくて
生きるのに精一杯でもあるけど、
バンドだけはやめる気にならない。

ペイジという箱があるから。
そこには15年で通りすぎた色々な思いがある。
それは自分の思いでもあるし、
対バンやお客さんの思いでもある。
僕の人生でこれだけのものはない。

家族だってそう。
ペイジがなければないかもしれない。

正直、お客さんを呼べなくなってる。
でもやめようと思えない。
しがみついてる?それでいいじゃない。
僕らが好きなものを好きな音で奏でる。
それがきっとあなたにも届く。
それだけを信じてるよ。

ラムランプ
LeRoy
Blue Soul Adapt
ザ☆ペイチャンネル

このタイミングで会いたいバンド、
堪能したいバンド、
音にまみれたいバンド、
そして乾杯したいバンドが出てくれます。

あとはお客さんだけだな。

ぜひ来てほしい。
損はさせない。

待ってます。
[画像:5f8d7f67.jpg]


続きを読む

9/30(土)秋の大食欲祭り に出演

久しぶりにソロで弾き語ります。
いつぶりだろうな?!

・・・んー思い出せない(苦笑)
前はソロの方が動きやすかったから
ライブばんばんやってたんだけど、
大体弾き語りイベントは平日なのね。
この仕事に就いてから平日は
急な出張が入ったりするから
ライブ入れられないんですね。

そんなわけでタイミング良くお誘いいただいて
いざ出陣な訳です。

野村不動産presents 仙臺いろはパンマルシェ】
9/30(土)11:30〜出演 勾当台公園野外音楽堂にて

美味しいパンのブースがたくさんあるらしいので、
お昼がてら遊びに来て下さいね!
もちろん入場無料です。

皆さんお待ちしてます!

[画像:7eadc51c.jpg]
[画像:28d70fc7.jpg]

続きを読む

ペイジのジャズフェス2017

[画像:0d7c5560.jpg]



2017/09/10 sun
定禅寺通ストリートジャズフェスティバル
38.アエル北側ステージ
11:00〜11:40

ペイジSet List

1.パステル
2.ハイウェイ
3.あいのうた
4.あなたに会えてよかった(小泉今日子カバー)
5.Still"One Life"continue
6.僕のテレキャスター
7.死神とピエロ
8.理想郷〜ユートピア〜

今年も出ることができました、ジャズフェス。

アエルステージは初めてでしたね。
朝イチなのにたくさんの人に集まってもらえて嬉しかった。

僕らのライブはハマらないとつまらないんじゃないかと思っていて、
気軽に聞けるジャズフェスの場って実は合わないのかも?!
と、何年も出させてもらってるのに今さら思ってました。

でもライブ始まっちゃえばウェルカムな雰囲気。
わざわざペイジを選んで朝イチから来てくれるお客さんがいたからだね。
ホントに嬉しかった。

僕らは全力で発信して、お客さんが受け取ろうという気持ちで見てくれる。
そんな幸せな雰囲気が確かにありました。
そう感じました。

タカシさんに7月に引き続き叩いてもらったけど、
生音でも届くんだよな。
ついていくのにあっぷあっぷになりながらも、
気持ちよいビートでやれました。
すごいドラマーさんです。

終了後、おじさま、おばさまから声をかけてもらいました。
「握手してください」「サインしてください」
普通では届けられない人に届けられるジャズフェスって場が
僕らにとっては本当にありがたい。
CDネットで買えますよ!って言うの忘れた。あー。

このブログ見てくれるかな?
・・・いや、見てくれないか(笑)
ありがとうございました。ほんと。

また来年も出られますように。

次回のライブは近日中にお知らせします。

Profile
訪問者数

Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ