向日葵の庭  〜Sunflower garden〜

仙台で音楽活動中ハガマコトのブログ

久しぶりに書いてみようと思う

今週はずっと東京は神田付近に泊まり込み。
とあるお仕事で資料づくりのために。

今回は他の会社の方々とチームアップして
一つのものを作り上げるという作業。

いやぁ、ほんとボリューム半端なくて、
先月から土日も出てやり続けてたのに、
終わらない終わらない。
ホントは文化の日は帰ってくるはずだったのに、
まんまとそのまま、帰ってきたのはさっきでした。


・・・でも、疲れたけど、勉強にはなりました。
仕事を真剣にやるということは、
すごいことだな、と思います。
他社の方々、こだわりがすごいんですよ。
そんなことどっちでもいい、というところも
神経使って、いや、神経すり減らして。
いいもの作るっていいなと感じた。

そして、相手を理解して、何を求めてるのかを考えて、
いい結果が残せるように自分の仕事をやりぬく。
そんな大人たちってすごいな、と思いました。

僕もまぁ、そんな中でも必死で食らいつきつつ、
少しは役に立ててるといいなと思ってます。
まだまだ気は抜けないんだけどね。

そんな中にいると、ちゃんとしてない人が目立つ。
うちの会社の人が、大失態をやらかしたらしい。
どんな失態かも言いたくないくらいのやつね。
・・・本人、社会人の自覚なし
・・・情けない。情けない。


頑張る人を見ているときに入ってきたニュースだったから、
めちゃくちゃ恥ずかしいし情けなかった。

そんなギャップを感じた日になりました。

・・・・と、布団の中で書いたまま寝てたな。
今日の話は、また気が向いたら。


というわけで、話題は変わりますが、
11/20はぜひフラさんへ!
ペイジ20周年だす。

221120 ペイジ20th フライヤー

ぜひ来てね。
よろしくお願いします。

欲張り

最近見てるドラマ、悪女。
マンガ展開なんだけど結構好きで。

すごーく良いこと言うんですよ、田中まりりん。

録りためてたのを見て、また感銘。

何かを成し遂げたい時に、
何かを捨てなきゃいけないなんて誰が決めたんだ?
という行がありまして。

ある意味、取捨選択って真実だと思う。
目標のために諦めていることもあるかもしれない。

でも、捨てられないもんは捨てられない。

今の会社の面接を受けたときに、
『バンドは思うようにできなくなるかもね』と言われた。
その頃の僕は無邪気に『でもやめません』と答えた気がする。
今は、その無邪気さはなくなったかもしれないけど
答えは同じ『でもやめません』。

仕事は大変だけど面白いことややりがいもある。
でも、その面白みって、
バンドをやっているからこその力とか視点とか、
発想とかが役立ってると思ってる。
バンドやってない人生の僕は、今の仕事はできてないと思うし。

バンド、音楽との付き合い方は人それぞれ。
他の人のスタンスに感心することもたくさんあるけど、
それはそれ。
自分なりにまだ続けていこうと思います。

いつか大きくなった娘たちにも、
バカにされながら尊敬される父にもなりたいし。

一度きりの人生、やりたいことはやってみようよ。

みんな欲張りに受け取っていこう。


ココロノコエ

ダラダラ登り坂
背を丸め地面見ながら登る
いつかはアゲハチョウ
信じている僕は一体何だ?

どでかいループの中で
訳知り顔のやつらが笑っている

嗚呼待ち焦がれた起死回生のチャンスに
ありったけの力でフルスイング
嗚呼この刹那に溢れ出すココロノ
真っ直ぐに遠くへ遠くへ飛ばせ

いつかはアゲハチョウ
信じている僕は一体何だ?

どでかいループの中で
訳知り顔のやつらなんて知らない

嗚呼待ち焦がれた起死回生のチャンスに
ありったけの力でフルスイング
嗚呼この刹那に溢れ出すココロノコエ
真っ直ぐに遠くへずっと遠くへ

あの日見てた扉 気づけば目の前に・・・

どでかいループの中で
訳知り顔のやつらなんて知らない

嗚呼待ち焦がれた起死回生のチャンスに
ありったけの力でフルスイング
嗚呼この刹那に溢れ出すココロノコエ
真っ直ぐに遠くへずっと遠くへ

このまま遠くへ・・・・
僕らのミライへ・・・・
底から溢れ出す・・・ココロノコエ
真っ直ぐに遠くへ遠くへ
限りなく広げる世界

Knight of Light

曇天模様 空の下
疾風怒濤 風のように
飴玉ほどの悲しみ連れ
艱難辛苦 立ち向かうぜ

君が世界を怖がらないように
真っ暗闇を殴りつけてやる
君が笑顔をなくさないように
真っ暗闇を切り裂いている

曖昧模糊の未来図に
切り開くのさミチシルベ

君が世界を怖がらないように
真っ暗闇を殴りつけてやる
君が笑顔をなくさないように
真っ暗闇を切り裂いている

飴玉ほどの悲しみ連れ
艱難辛苦 立ち向かうぜ

君が世界を怖がらないように
真っ暗闇を殴りつけてやる
君が笑顔をなくさないように
真っ暗闇を切り裂いている

Knight of Light・・・

君だけのストーリー

朝が来て 目が覚めて
過ぎゆく日々 君だけのストーリー

仕事して 勉強して
たまに叱られて 君だけのストーリー

恋をして ケンカもして
家族ができ 君だけのストーリー

ゆらゆら揺れゆく陽炎のよう
浮かんで消えてゆくよ
わかってる

手を広げ掴み取れる未来は
真っ白でも真っ黒でも
誰にも評価はさせない
真っ直ぐな心のレールの上で
もがいてもあがいても
ただ前を向いて

ゆらゆら揺れゆく陽炎のよう
浮かんで消えてゆくけど
それでいいさ

手を広げ掴み取れる未来は
ちっぽけでも、いびつでも
誰にも邪魔はさせない
真っ直ぐな心のレールの上を
汗かいてべそかいて
恥さらしたって走る

そんな君を僕は大好きだよ
いつまでも

朝が来て 目が覚めて
過ぎゆく日々 君だけのストーリー

11/22のイベントは中止です

今年の大きな目標だったペイジのイベント、
新型コロナの影響が読めない状況で
中止という判断をしました。

会場を抑えて頂いてたennの皆様には申し訳ないです。
そして、イベント楽しみにしてくださっていた方にもごめんなさい



僕らペイジはライフワークとしてバンドをやっています。

やりたいことをやるのは大事。

でも、この年になって家族や仕事がある中で
家族や仕事があるからこそ、
やりたいことをやらせてもらえてる。

メンバーそれぞれの背負っているものを考えると
中止した方が懸命だと思いました。
このままイベントやっても
きっと楽しくならない気がしました。

メンバーそれぞれ、ちょっとずつ考え方も違うし
今回の決断も先送りして、
状況をもう少し見ても良かったのかもしれない。

でも、昔みたいに突っ走ることのできない自分がいました。
万が一イベントに参加した人が罹患したら、
万が一生死をさまようようなことになってしまったら。
それを考えると、自然と僕はイベント中止しようと話をしていました。


20年前の僕らならやってたのかもな。

でも、大人になるまでの長い時間、
ペイジとしてバンドをやり続けてることを誇りに思って、
また動き出せる日に向けて準備をしておこう。

スタジオにもなかなか入れないし、
ここに来て、仕事も結構忙しい。

でも、バンドマン、歌うたいの自分を消さないで
日々前向いて行こうと思う。


もっといい歌を、いいライブを
みんなの心に残るライブを。

そこだけはずっと目指していきます。




僕ら、結構いい歌を作ってきたじゃないか。

ぜひ聞いてみてください。


ハガマコト

5ヶ月ぶり

昨夜は久しぶりにペイジのみんなと会った。
スタジオじゃなくてミーティング。
こんなにスタジオ入らなかったことは
この20年間なかったなぁ。

ただ、メンバーと会っても久々感は全くなし(笑)
いつものバカ話はをして、あっという間の2時間半。

コロナ禍で当たり前が当たり前じゃなくなって、
これからバンドの形も変わるのかもしれない。

人生は本当にいろいろ。

とある方の訃報をSNS伝手で知ったりして
何度か絡んだことある程度の方だったけど、
僕も彦さんもよーく覚えていて。
何で亡くなったかはわからない。
でも、あの歌は耳に残ってる。
急ぎ足だったんだろうなぁ。

ペイジは僕らなりのペースで
それでも紡ぎ続けていきたい。

人生は、短い

でも、人生は、長い

僕らは描き続ける
折れたクレヨン握って

20200822_091856

7〜8月

このところ本当に忙しくて、
気づけば8月になってました。

コロナ禍で世界は少しシフトしてしまったけど、
目の前の仕事とか、子どもたちの笑い声とか
相変わらずグリーンだよーを飲んでたりとか、
僕の周りはそんなには変わりません。
変わったのは僕が丸くなったことくらい(はぁー)

でも、仕事とか環境によっては
世界が激変した人もたくさんいるよね。

ほとほと世界は不平等にできてるな、と思う。

コロナに罹って謝罪しなきゃならなかったり、
昼夜問わず働き詰めの人がいたり、
逆にかえってのんびりお金を稼ぐ人もいるんじゃないかな。

でも、その不平等さの中で生きなきゃいけない。
与えられた場所で自分のできることを懸命にやる。
その姿に上も下もない。
そして、懸命さはどこかで報われる瞬間がきっとある。
そう信じることぐらいは、
みんな平等に与えれたチャンスなんじゃないかな。


今週末、久しぶりに歌います。
と、書いてもこんな状況じゃなかなか集まらないと思うけど。


2020/08/08(sat)
@仙台CLUBJUNKBOX
open17:30/start18:00/\1500+d
三十路アックスボンバー
黒八木
ハガマコト
※都合によりペイジではなくソロ弾き語りで出演します。

もしよかったらどうぞ。

いつもどおり歌います。

IMG_20200804_213320_202

長い一週間

今週は長かったな。

日曜の午後一で上司を迎えに行き、
そのまま一路由利本荘へ。

月曜朝からの仕事に備えてのこと。
その夜は上司とお客さんと食事(飲み会)

月曜は朝から現場の調査。
そんなときに限って電話が鳴り止まない。
何だこりゃ。大人気だな・・・。

調査を終えたら上司を大曲まで送り、
由利本荘へ逆戻り。
またお客さんと食事(飲み会)

火曜はまた朝に現場調査。
調査を終えて仙台へ帰り事務所で書類資料作成。

水曜日は事務所を朝出て、
南会津〜会津若松。

木曜日は大館〜平川市。

金曜日は事務所で久しぶりにマイペースのお仕事
・・・・の後に接待。

23時に帰宅してシャワー。

んー、長い一週間だった。


この会社に入ってあと数カ月でまる8年。
右も左もわからなかった人が、
一丁前にビジネスマンのような一週間。

前の仕事にはもう戻れないな。
少し寂しい気もするけど、
今は今で仕事で自分の道を見つけつつある。
やってみることが大事だな。

さ、土日ゆっくりしよ。

ふと思い出した

メッコールって、知ってる?

むかーしむかし、売ってた麦?コーラ。
決して美味しいもんじゃない。

その存在を知らなかった小学生の僕。
親に家族みんなで泉の花火に連れてきてもらった。

出店でゲームやると、点数に応じて
コーラもらえるよ、というのに惹かれ、
子どもたちは喜び勇んでゲームを。
的あてか何かだったかな。

確か賞品で6~7本もらったんだよね。
大喜びの子どもたちはそれを口にした。

ぬるくて不味かった。
とても不味かった。

親は『飲まなくていいよ』とだけ言った。

すごーく喜んでいた子どもたちが
まずそうな顔をしてガッカリしていた。

それを見た両親の顔は
とても寂しそうに見えた。

親は多分覚えてないと思う。

でも子ども心に、親にそんな顔させてしまったことに
とっても申し訳なく感じたのを覚えてる。





続きを読む
Profile

ハガマコト

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ