サンラインのオフィシャルブログです。 ルアーフィッシングから磯釣りまで全てのジャンルについてのNEWSをアップしていく…はず!? ときにはゆるく、時には真面目に見て、読んで楽しいブログを目指します。

6/17に新潟市内で開催された『S.W.A.P in新潟』。
サンラインブースに足を運んで頂いたアングラーみなさん、ありがとうございました。
新潟のソルトアングラーの釣りに対する熱い思いを思い返しながらBLOGを書いてます。

IMG_1519
S.W.A.Pの主宰者である、われらが濱本国彦テスターとこのイベントを開催するにあたり尽力した勝見康弘さん。改めてお疲れ様でした!!

IMG_1526
イベント内での大抽選会!
サンラインアイテムが当たった幸運なみなさん♪
是非、釣りをさらに楽しんで頂けたらと思います。

サンラインブースでもソルトルアーアイテムを展示させて頂きました。
IMG_1523
(↑は新製品のキャップ。Sキャップデニム CP-3049(ネイビー)左&ワークキャップ CP-3806(デジタル迷彩グレー)

IMG_1522
ジギングやエギング、ライトゲーム系ももちろん。

IMG_1521
IMG_0485
IMG_0486
そして、今回は是非これを見て欲しかった!
そうです、既に知っている方もいると思います…な、濱本国彦テスター完全プロデュース『シーバス専用6本組PEライン』です!!

長い期間あ~じゃない、こ~じゃないを繰り返してようやく出来上がりました!
一番の特長はやはり6本組という点。
4本組の操作性や耐久性。そして、8本組の飛距離やキャストフィール。
これらの良いとこをとった6本組。

表面を触った感じは少しざらつく程度。
でも、これがラインを水に馴染ませるのに必要なんです。

糸質も少し張りがありますが、しなやか。
これによってライントラブルはほとんど無いに等しいです。
ってことは、どんな体勢からでもキャストを決められ、次のキャストにも安心して移れます。

キャリアハイ6POPシール画像 - コピー
強度はもちろん問題なし!(この時点で問題有ったらいけませんww)
対ランカーでも安心して対応してもらえるHG-PE(ハイグレードPE)を採用。
橋脚などはもちろん近距離戦でもガチンコでファイトしてもらえればと思います!!

また、合わせてシーバス専用のリーダー(フロロ&ナイロン)もありますよ!

発売は今年の9月を予定しています。
もうしばらくお待ち下さいm(_ _)m

このPEラインについての動画は↓↓をクリックして下さい。
          テクニカル

IMG_1493
先週、エギング界のカリスマアングラー・山田ヒロヒトテスターがサンライン本社へ。
新しいラインや用品の製品化に向けての重要なミーティングです。
この時点では「どういったものが出るか?」は触れることは出来ません…
また時期がきたらしっかりと発表させて頂きます!

そして、翌日は春イカと呼ばれるグッドサイズのアオリイカを仕留める為にポイントへ。
もちろん、撮影も兼ねてます。
IMG_1494
C0002T01 (4)
天候にも恵まれたこの日。
アオリイカは見えるんですが『見えるヤツはほとんどペアリングしとるね』と山田テスター。
季節は進み6月の中旬。『これだけペアリングしてればかなり難しいよ』…
の言葉通り状況は決して良くないです。

C0012T01 (4)
それでも、長年の経験から得た膨大な情報の中から初めての場所でも狙う場所を絞り的確にエギを通していく。
DSC00014
(Tシャツ:SCW-1371Tブラック
DSC00016

IMG_1501
そして辿り着いた価値ある1杯!!
IMG_1504
(ヒットエギはエメラルダス・ラトル フレアハワイ)

翌日も早朝より撮影開始。
ヒットしてから他のアオリイカが襲いかかるシーンが撮影されているはず!?ですww
編集出来るまでしばらくお待ち下さいm(_ _)m
C0027T01 (2)
DSC00017
(クールネック:SCW-0907 獅子ブラックⅡ
(ロングTシャツ:SCW-1374LT デニム

【Yamada's Tackle Data】
ROD:DAIWA エメラルダス STOIST AGS IL 99LML
REEL:DAIWA THEORY 2506H
LINE:SUNLINE Saltimate PE EGI ULT HS4 0.7号
LEADER:SUNLINE Saltimate エギリーダーFC HARD 2.25号

ROD:DAIWA エメラルダス STOIST AGS IL 83M
REEL:DAIWA EXIST 2506PE-H
LINE:SUNLINE Saltimate PE EGI ULT HS8 0.5号
LEADER:SUNLINE Saltimate エギリーダーFC HARD 2.25号
FullSizeRender
C0031T01 (2)
PEエギULT HS4は感度と耐久性に優れたPEラインに仕上がっています。週末はもちろん時間を見つけてはストイックにフィールドへ立つアングラーにオススメ。また、低伸度によって強弱をつけたジャークをしっかりロッドティップからエギに伝えることが出来る。)
C0032T01 (2)
PEエギULT HS8は操作性と飛距離に優れたPEラインに仕上がっています。通常の8本組PEラインよりも遥かに滑らかな表面。「あと数mエギを飛ばせれば…」というちょっとした壁に直面している方には是非使って欲しいです。HS4よりはやや劣りますがHS8も十分な低伸度に仕上がってますので遠投した先でエギをきっちり動かせます。)
C0029T01 (2)
エギリーダーFC HARDは“とにかく硬く強く”をコンセプトに作り上げたリーダーです。このFC HARDが活躍する場所は地形の変化が激しいポイントやエギが必ずハードボトムにコンタクトするようなポイントです。硬い=傷が入り難いということ。これで根ズレを恐れず丁寧に攻めて下さい。)
C0030T01 (2)
エギリーダーBSはやや柔らかめに設計された粘り強さのあるリーダーです。エギリーダーFC HARDとは対照的にフラットでオープンなエリアや藻場を中心に攻めるようなポイントで是非使ってもらいたいと思います。ジェット噴射などで勢いよく突っ込む大型のアオリイカなどの強烈な引きにもしっかりと耐え、楽に浮かせる粘りは圧巻です。)

●山田ヒロヒトテスターのBLOGはココをクリック

●山田ヒロヒトテスターのFacebookはココをクリック

全国的に梅雨入りした6月。
今回、サンラインオリジナル動画の撮影の為に向かったのは大阪府・淀川。
自然に囲まれながらも少し船を走らせれば高層ビル群が立ち並ぶ景色を横目に釣りが出来る…
IMG_1469

そんな、独特の雰囲気の河川で狙うのはブラックバス。
そして、今回それを狙うのは竹内三城テスター。
撮影日は6/8~6/9の二日間。

もちろん、この撮影の前に状況把握の為しっかりとプラクティスをしてくれていた竹内テスター。
しかし、合流して話しを聞くと『まったく釣れへんから、覚悟してね!』とのこと。
・・・マズイですww
それでも『何とかしてくれるでしょ!?』な感じで撮影スタート。
IMG_1449

初日の天候は時折雨が降る。そして、急に晴れ間が覗くといった状況的にはベストではない。
そして、前日上流エリアで振った雨の濁りの影響が下流エリアにもやや出ている。
こういった状況下では撃つよりも巻くほうが良い』と竹内テスター。
でも、クランクやミノーなどではカバーを手返し良く攻めるには向いていない。
そこで竹内テスターが選択したのはチャターベイト(ローカルベイト Bladed jig & NOIKE wobble shad 4")。
IMG_1446

それをカバーの奥や水中に沈むテトラなどをタイトに攻める。
C0008T01 (3)

と、早い時間帯で早く答えがっ!!
IMG_1458

その後も同じようなエリアを探しながら攻めると…
IMG_1459
IMG_1461

明らかにハマってましたよ、このパターン!!
さらに、さらにっ!!
IMG_1462

初日は50アップを含む、グッドサイズ5匹をキャッチした竹内テスター。
このパターンとなったチャターベイトに合わせたラインはFCスナイパーの16lb。
IMG_1451
バスフィッシングにはマストラインとして多くのアングラーに使ってもらっています。
巻き物も出来る。そして、撃つことも出来るオールマイティなフロロカーボンラインがこのチャターベイトの釣りにも適してます。
しなやかさと粘り強さを合わせもつ素晴らしいヤツ!!
淀川でのこの手の釣りには14lb~16lbがオススメとのことですよ。

そして、撮影2日目。
IMG_1465

天気は晴れ…はい、タフですww
狙い方も前日とは変えてネコリグを奥のテトラから手前のテトラまで丁寧に探る釣りへ。

それでも、早起きは三文の徳!?効果なのか幸先よくグッドサイズを連続でキャッチ!!
IMG_1472

C0010T01
C0044T01
C0047T01

途中沈黙が続くも丁寧にやりきった結果、ラストもグッドサイズのバスをキャッチ!

IMG_1474
IMG_1470

このテトラの釣りを攻略したネコリグ。
自分がイメージしていたのは「テトラの隙間を狙いボトムまで落とし、そこからズルズルをテトラを感じながら引いてくるもの」だったんですが、基本はボトムは取らないとのこと。

というのも、ここに付くバスはサスペンドしているためボトムまで落としてしまうと見失ってしまい、バイトに至り難い。なので、漂わせながらアクションを入れていく。
そして、バイト!!

でも、ここからも大切です。
なんせ、キャッチしてなんぼですからね…
気をつけてもらいたいのはやっぱり対ハードストラクチャーの際に起こりやすい擦れてのブレイク。

そんなトラブルにならない為にも是非選んでもらいたいラインが「シューター(Shooter)」です。
IMG_1452

FCスナイパーとはコンセプトが違うフロロカーボンラインです。
例えば両方を同時に触るとその違いは歴然。
かなりハリがあり、ライン自体の硬度もシューターのほうが圧倒的に高いです。

ということは、耐摩耗性に関しては断然シューターの方が上です。
硬度が高いラインは柔らかいラインに比べて傷が入り難い。
また、直進性が高いので単純なリフト&フォールはもちろん、細かいシェイク、強弱を変えたシェイクもきっちりルアーへ伝達します。

また、スプール離れも良いのでスムーズなキャストでキャストコントロールも上がります!
正直、価格はFCスナイパーと比較するとやや高くはなりますが、それだけの価値は絶対にあるのがシューター。

まだ使ったことがない方は絶対に使うべきかと思います。
宜しくお願いします♪

また、この動画はサンラインオフィシャル動画にて配信予定です。
出来るだけ早めの編集を目指したいと思います(笑)

【Takeuchi’s Tackle Data】
(DAY 1)
Line:Shooter FCスナイパー 16lb
Lure:ローカルベイト Bladed jig & NOIKE wobble shad 4"

(DAY 2)
Line:Shooter 10lb
Lure:NOIKE Smile worm Mammy 2.6g ネコリグ
IMG_1447

↑このページのトップヘ