サンラインのオフィシャルブログです。 ルアーフィッシングから磯釣りまで全てのジャンルについてのNEWSをアップしていく…はず!? ときにはゆるく、時には真面目に見て、読んで楽しいブログを目指します。

皆様良い釣りされてますか!?
大分県のサンラインソルトアドバイザーの早田一貴(そうだかずたか)です!!

今回はこれからシーズンに入ってくる大分県央のアジングをリポートをさせて頂きます♪

釣行したのは夜は10℃アンダーを割り、防寒着無しでは外に出られなくなってきた11月中旬。
この頃になると毎年海水温も少しずつですが下降気味になりつつあり、海中も段々と冬の釣りモノ達で賑やかになってきます。

さて、今回エントリーしたのはこの時期小さなイワシ等のベイトが接岸してくる大分県央エリアの中規模港。今期も予定通り接岸してきたこのイワシ達を求めて多くのアジ達が接岸していきています。
当然、このアジ達を求めて多くのアングラーも(笑)

今回釣行した時も多くのアングラーで良いスポットは全て埋まっていた為、私がエントリー出来たのは多くのアングラーの方々から少し距離を取ったスポット。
このスポットは下げ潮のタイミングで沖に走る潮が沈みテトラに当たり良い流れが生まれる所謂「隠れ一級スポット」♪

折しも私がこのスポットに入れたタイミングが下げ3分程度でこれから良い流れが生まれ出すタイミング。そそくさと準備を行い、潮が効き出す前にまずは底付近を丁寧に釣る為に2gジグヘッドを結んだタックルを手にします。

こう云ったラインテンションを張り気味にして地形変化を丁寧に釣りたい時に私が選ぶラインは「PE-EGI ULT HS8 0.3号」に「Small Game LEADER SV-I 3lb」。
ULTの超低伸度と8本撚りの平滑性かつ真円、またSV-Iの魚へ対してカモフラージュ性能が非常に気に入って導入しています。

キャストを行いカウント25程度でボトムタッチ。
そこからスローにボトム付近をストロールさせながら引いていくと・・・
「コン!!」という小気味良いバイト!!
このバイトを手首でクイックフッキングすると「キュンキュン」という中々の引きで応戦します。
この引きを存分に楽しみながら水揚げしたのは良い体高の25cm程度のアジ♪

2018_11030018

幸先の良い一尾に気分は上々♪
直ぐ様次なるキャストへ移行します。
ですがやはり潮がまだ効いていない為、このスポットは機能しておらず釣れてもポツリポツリ程度。
それでも釣れれば25cmUPの為、そこそこ楽しめます(笑)

そこから1時間程度流れが生まれるの待ち。
段々と潮が効き出し良い流れが生まれ出したタイミングでボトム付近でアジが当たらなくなってきたので少し浮き出した事を確信。

直ぐ様1gの軽量ジグヘッドを結んだタックルを手にします。
こう云った軽量のジグヘッドを使う際はアジが浮き気味の時やラインテンションをあまり張らない釣りをする時が多い為、私が選択するのは「鯵の糸エステル Night Blue 0.3号」に「Small Game LEADER SV-I 3lb」の組み合わせ。

鯵の糸エステル Night Blue」は所謂エステルラインなのですが、やはりエステルライン特有の超低伸度とPEに比べての比重の重さがアジングを更に快適なモノにしてくれるんです♪
またこの恩恵はタフコンディション時にこそ効果を発揮します。

キャストをしカウント5からのスローにリトリーブを行っていくと・・・
「ココン!!」と良い感じに喰い気が立っているアジの当たり♪
このアジも中々の良い体高をしています。

2018_11030019
流れが機能し出したこのスポットは無敵(笑)
次から次にアジが口を使います♪
このハマった時の連発モードがアジングの醍醐味ですよね(笑)

2018_11030023
いやはや、たまりませんねホント♪
気付けばまぁまぁな数を釣ってました(笑)

2018_11030022

釣れるアジはこんな感じの綺麗で良い体高の個体ばかり。
このエリアのポテンシャルの高さが伺い知れます。
そりゃ人気ポイントにもなりますわな・・・(^_^;)

因みに最近のアジングでライン以外で導入している便利グッズであるコレ。

2018_09060001

今期のサンラインの新製品である「Night Surround Vision」(ナイト サラウンド ヴィジョン)
詳しい説明はコチラをチェック!!⇒夜でもラインが見える!!革命を起こすライト「ナイト サラウンド ビジョン」登場

私自身も発売時頃からこのライトを使い込んできたので良い所を端的に説明するとなると「ホントにライン結束が楽になる」という事ですかね。

2018_09170003
このライトはNSV光と白色光を搭載しているのですが、通常のフィールドの足元を観る際やルアーをセレクトする等の比較的に広い視野を視る時には白色LEDの方が個人的には見易いと思うのですがライン結束等の細かい作業をする時にこのNSV光が効果を発揮するんです。

その理由としてはNSV光を生み出すディープブルーのLEDと赤のLEDの合わせ技。
この合わせ技が暗闇に慣れた目の瞳孔を絞る事無く、またピントスピードも妨げず手元の細かい作業をやり易くするんですね♪

この効果は一回使って頂くのが一番かと♪

2018_11120005
今期のアジングはラインの使い分けで変わりゆくパターンにアジャストさせ、更に釣果を伸ばしてみませんか?
勿論「Night Surround Vision」も合わせて使って頂くと更に快適になりますよ♪

それでは皆さん良い釣りを!!

[使用タックル]

タックル➀
ロッド・・・The Durandal ADS-63SULLZS(Angler's-Discover)
リール・・・ツインパワー1000PGS(シマノ)
ライン・・・鯵の糸 Night Blue 0.3号(サンライン)
リーダー・・・Small Game LEADER SV-I 3lb(サンライン)
ルアー・・・アジアダー各色(レイン)

タックル②
ロッド・・・The Hrunting ADS-63SULZS(Angler's-Discover)
リール・・・ルビアス2004H(ダイワ)
ライン・・・PE-EGI ULT HS8 0.3号(サンライン)
リーダー・・・Small Game LEADER SV-I 3lb(サンライン)
ルアー・・・アジアダー各色(レイン)

ライト・・・Night Surround Vision(サンライン)

サンライン磯フィールドテスター 福岡在住の吉田政弘です。
大時化の中の釣行となりましたが、長崎県は下五島の椛島周辺の磯に行ってまいりました。
酔い止めを飲んだにもかかわらず船酔い・・・。
そんな状況の中、先日発売されたばかりの新製品「磯スペシャル マスラードⅡ」が良い仕事をしてくれました。

IMG_5480

IMG_5484

すでに、サンラインのホームページや釣り雑誌やFacebookなどのSNS等でご覧になられたかと思いますが、マスラードⅡは画期的な特徴を兼ね備えています。

最先端技術の「P-Ion」による撥水加工や、HMWナイロンをさらに改良した原糸を使用することで引張り強度や結節力を向上させたりと。
そして、なんといってもマスラードⅡの一番の特徴が、撥水+親水化を1本のラインで存在させています。

撥水部150cm(水キレが良い)⇒親水部50cm(潮を噛む)⇒撥水部150cm(水キレが良い)という感じに交互に加工してあります。
強風時は、ラインを捕られないようにラインメンディングを行いますが、親水部分の働きで水面下にラインをなじませることが容易にできます。また、撥水部分の働きで仕掛けを立て直したり誘ったりする場合も容易にラインを操作できます。

今回、時化の中の釣行ではマスラードⅡの特徴を最大限に堪能することができました。

009
(バラサンハンドル/ピンクとの相性も良い感じ(^^))

IMG_5564

五島列島は魚影の濃さはずば抜けていますが、秋磯と言っても当日は気温は低いものの水温は非常に高く、海の中はまだまだ夏の魚がエサ取りとして非常に多かったです。

IMG_5529

また強風の中という事もあり簡単な釣りをさせてくれませんでした。
グレの食い棚もコロコロ変わるため、頻繁にウキ下の調整が必要です。
しかし、そこは流石!マスラードⅡです!!

強風で滑る表層を回避すべく、仕掛け投入時に竿先を海面に突き刺しリールを巻き滑る表層の下にラインを持っていきます。
ラインメンディングや誘いを入れるためラインを海面から持ち上げる場合でも、撥水加工のおかげでスーっと仕掛けの軌道を変えることなく容易にラインの操作ができました。

IMG_5570

グレ・イサキ・イスズミ・バリ・サンノジ・イラなどなど、いろんな魚が食ってきます。
中にはイスズミの50cmクラスも・・・。(不思議とイスズミはばらさんのですよね~涙)
道糸(マスラードⅡ)1.75号・ハリス(ブラックストリーム)1.5号~1.75号を一日使用しましたが、結束強度も相性ばっちり!

IMG_5566

これからグレ釣りの本格シーズンを迎えます。
釣りは釣技で釣果に差が出ると思いますが、道具でも釣果に差が出る時代になりました。
みなさんも、これからの釣行時にマスラードⅡを一緒に連れていってはいかがでしょうか!?
強い味方になってくれると思います!

マスラードⅡは、非常に強い道糸となっています。
いつもよりワンサイズ落として使ってみてください。
その強さに驚くでしょう。
あっ、チヌ釣りなどほかの魚種にもお使いくださいね(^^)


IMG_5568

グレの40cmクラスを筆頭にイサキも大型だけでクーラー満タンとなりました。

IMG_5531

石鯛も・・・。

【当日の仕掛け】
竿:がまかつ インテッサGⅤ 1.25-50
リール:ダイワ トーナメントISO競技LBD 
スプール:サンライン スペシャリストスプール装着 
ハンドル:MST バラサンハンドル装着
道糸:サンライン 磯スペシャル マスラードⅡ 1.75号
ハリス:サンライン トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム 1.5号~1.75号
ウキ:M&M 松山ピエルブルー 2-2 2-B 2-BB B-BB
ハリ:がまかつ ボイルグレ 6号~8号 掛かりすぎ口太 5号~7号


初めまして、サンラインソルトフィールドテスター、神奈川在住の西田学です。

テスターとしてまだまだ新米もいいとこの身ではありますが、このたびサンライン社製PEライン「ソルティメイト・キャリアハイ6」についての使用感を伝えさせて貰います。

 

発売当時よりすでに1年以上経過したタイミングでいまさらインプレ?と思われるかも知れませんね。
しかしながら、製品のファーストインプレはもちろん大切ですが、それなりの使用期間を経た上での評価が結構大切だったりします。


今回はその“期間を経た上で”の使用感を中心に、ワタクシなりの報告を。

IMG_8478
 

さてさてキャリアハイ6

まずはおさらいですが、謳うメインコンセプトは、近年のPEラインの主流となる8本組みと4本組みの良いとこ取り。

4本よりも高い真円性を持ちつつも、8本より僅かにザラつき感を残す、6本組みという新たな取り組みに加え、撚りの本数以外にも、SSP(スムースサーフェイスプロセッシング)というサンライン社独自の表面加工技術により、より滑らかで毛羽立ちが少なく、真円に近い構造へと仕上げることが出来るというもの。

これにより8本と4本の中間の性能・・・ではなく、8本組みのと遜色ない性能を持たせつつも、4本組みに優れる操作性も持たせてしまおうという、正に良いとこ取りを狙った試みです。

ラインの繊維自体にはハイグレードPEを採用して耐久性を高め、さらに質感として、しなやかさの中に適度なハリを持たせることで、トラブルの起きずらい扱いやすいラインに仕上げています。

飛距離の伸び、操作性、耐久性、トラブルのなさ等々、現代のPEラインに求められる必要要素をそれぞれ高めて取り込んだPEラインというわけです。

 



そんな優れた性能を謳ったキャリアハイ6ですが、私が実際に使い始めたのは20179月のことで、実際リールに巻き込んだのは116lbクラス

IMG_8296

初秋より盛り上がるリバーゲームではランカー含めて良型を量産し、内房エリアの干潟ゲームではこれでもかと数釣りを楽しみました。

何よりヘビールアーの多投、かつ強引なやり取りを要す磯マルゲームには若干酷な号数と思っていましたが、数ヶ月に渡るシーズンを全く問題なく乗り越えてくれました。


PC290038

その後も、キャスト時、サカナとのファイト時、ランディング時など、およそ実釣で必要とされる強度に対して不足を感じるまで、どこまで使えるものかと使い込んでみました。
先に挙げた酷な状況を含むテストとしては、決して優しい条件ではないと思っていたのですが・・・

裏巻きもしない、巻きっぱなしの使用期間でなんと約13ヶ月。
巻き替えたのはつい先日のことで、私自身の記憶では、ここまで長くPEラインの巻替えをしなかったことは初めてのこと。

さらに巻き替えの理由は、強度不足ではなく、ラインの巻き量不足によるものでした。


 

私は釣行の度にリーダーを組みますが、その際は使用時に負荷が掛かりやすい先端ヒトヒロ・1.5mほどをカットしてから組み直します。

13ヶ月のうち、このリールを使用した釣りがおよそ40釣行でしたから、このカットのみでも単純計算で60mをロスすることになり、当然のようにスプールのキャパに対してライン不足の現象が発生するわけです。
 

強度劣化(不足)のタイミングを確認するはずが、気付けばそこに到達する前にライン量の不足に至るというお粗末な結果となったわけですが、まぁよくよく考えれば、ライン巻き替えのタイミングについては、確かに強度劣化よりも巻き量不足のことも多いですし、先に挙げた過酷な条件も含む13ヶ月であり、これはこれで十分な耐久性を実証出来たと言えるものでしょう。

PA210058

そしてもう一つ。

副産物ながらコレにより実証出来たのが、ラインの扱いやすさ。

交換時の残りラインが100m程度だったのですが、170m巻のキャリアハイですから、ほぼ毎釣行のカットのみのライン減少だったと言えます。
通常そこにライントラブルや、根掛かりブレイクなどによるカットが加算されるわけですが、ほぼそれがなかったという裏付けにもなります。


或いは、SSPによる毛羽立ちの少なさが、ラインカット量を抑えていたのかも知れません。

いずれにしてもこの期間の釣りにトラブルの少なさは感じていて、実際に軽いものが2回のみでしたからね。

しなやかさの中にも適度にハリを持たせて仕上げている恩恵で、大変素直で扱いやすいラインと感じています。
 

PA290237

使い込んだ上での話以外で、真っ先に感じたことがルアーキャスト時の飛距離。

これは十二分にコンセプトを実感できます。

一般的な8本組みをツルツルと表現した場合、キャリアハイ6はサラサラでしょうか。

厳密に言えば僅かな凹凸感を感じることが出来、これがガイドや空気への抵抗として出るはずですが、10g以下の軽いウェイトから36gまで、こと飛距離の体感では全く8本組みのツルツルと遜色なし。
抵抗感なくよく飛ぶなぁと実感できます。

一方で僅かな凹凸が及ぼす影響としては、ガイドへの抵抗感。

リトリーブ時の軽いテンションでは感じませんが、サカナとのファイト時に強くテンションが掛かった状態では、キュルキュルっと糸鳴りがありますね。

ただし、4本組の如何にもなギュルギュルレベルからの軽減は感じられ、このあたりは間を取った6本組みという印象です。


PA290197

ではそのザラつきをプラス方向にいかした操作性についてはどうか。

いわゆる風や流れを使ったドリフト時に、あえて馴染みをよくすることでその操作性を高めていくという考え方で、ラインを先行させて大きなU字を描きたい場面や、ターンに角度を付けてピンポイントで食わせたいような釣りにも有利な材料になりえますし、強風時にはウィンドドリフトでストラクチャーの裏を通すようなテクニックにも使えます。

一方で、流れや風に乗せたくない場面があるのも事実で、逆に馴染ませないためにロッドワークで補った方がよい場面もあります。
ただいずれにしても、誰もが体感として明確に感じ取る大きな差ではなく、ドリフトへの拘り、あと一歩の食わせへと繋げる、アングラー側に与えられた選択肢と捉えていいものと考えています。


つい先日の地元河川で、微妙な立ち位置から大きく流してシャローのかけ上がりで食わせたランカーとの出会いがありましたが、なかなかに微妙なアプローチを問われる釣りに、その効果を感じることが出来ました。


PA290218

後にして思えば、知らず知らずのうちに今回のような釣果を呼び込んでくれていることがあるのかもなぁと感じる今日この頃です。


必要十分な強度に、飛距離が出せ、扱いやすくトラブルを減らしてくれる。
そこに操作性という選択肢を与えてくれる6本組PEライン「キャリアハイ6」。


優れた耐久性は、総合的なコストパフォーマンスにも繋がる話ですね。

6本組というあらたな試みにより、各必要要素をバランスよく纏めてくれている、とても素直なラインです。

皆様のキャリアハイな一本に巡り会うための手助けとなることが出来れば幸いです。

●CAREER HIGH6についての詳細はここをクリック

↑このページのトップヘ