サンラインのオフィシャルブログです。 ルアーフィッシングから磯釣りまで全てのジャンルについてのNEWSをアップしていく…はず!? ときにはゆるく、時には真面目に見て、読んで楽しいブログを目指します。

2014年の冬頃からスタートした『Shooter・マシンガンキャスト』のテスト。
そして、発売されるのが2017年の4月。
当然、その間に多くのテスト釣行を重ねてのリリースという日を迎える訳ですが、このBLOGではその間に行われたテスト釣行について書きたいと思います。

初回の同行釣行は2015年6月霞ヶ浦。
IMGP9172

このテストに参加してもらったのは富村 貴明テスター。
彼もこの水系をホームのひとつとするバスアングラー。
IMGP9174
IMGP9179
念入りに準備を行ないフィールドへ。
IMGP9186

IMGP9282
朝のフィーディングタイムはシャローエリアにさす個体をキャッチ。

日が昇り、日差しが強くなるとカバーやシェードを中心に攻めて行く。
IMGP9639
IMGP9889
IMGP9827

ショートディスタンスでもアプローチが多くなるカバー撃ち。
力みのない比較的緩やかなキャストが多くなると思いますが、それでもストレスなくガイドを抜けていき、狙ったポイントへより正確に投げ込めるのはこのNEWマシンガンキャストの大きな特徴である『P-Ion』がもたらすメリットのひとつ『初期性能の持続』にあるかと思います。

もちろん、マンメイドストラクチャーも積極的に。
IMGP0058
IMGP0045
そして、カバーから引きずり出したのは、この日一番のグッドバス!!
フロロカーボン並みの低伸度』というコンセプトは、こういったカバー撃ちでも威力を発揮。
リフト&フォールアクションをしっかりルアーへ伝達し、バイトを素早くロッドティップを曲げる。
その後、ロッドのフッキングパワーをロスさせることなくフックへ伝え、デカバスの発達した硬い口を貫通させることも楽に出来るということです。
IMGP0002
IMGP0030

翌日も早朝からスタート。
IMGP0112
IMGP0121
パターンがあるかどうかのチェックも兼ねて、前日の朝と同じポイントへ。
IMGP0170
IMGP0141
IMGP0214
同じ攻め方で2匹をキャッチ。
ガイドへの摩擦係数が少ない為、小型のシャロークランク系プラグも気持ち良く飛んで行く。

また、日中のストラクチャー撃ちも好調!
錆びれた鉄に擦られ続けたので、もちろんライン表面はザラザラに傷が入ってましたが、もちろんブレイクすることなくグッドサイズをキャッチ!!
IMGP0269

IMGP0592
また、この釣行後のミーティングで「ラインの白化」などの改善点も見つかり宿題となった訳です。
メリットはもちろんですが、デメリットも確認出来た事で、この2日間のテストは有意義な時間でした。

そして、2016年3月。
場所は神奈川県相模湖。早春ではあるんですが朝の気温は氷点下。
やっぱり山間部にあるだけにかなり冷え込んでます。
ですが、これも必要なテストの条件です。
IMGP1901

キャストを続けていると、予想通りガイドには氷ができます。
ラインにダメージが加わるかどうかの確認をする為に、これも敢えて取らずにキープキャスト。
前回の改善点をクリア出来ているかの目安にもなるからです。

IMGP1900
IMGP1946
IMGP1949

この日のテスト釣行に同行してもらったのは菅谷 淳一テスター。
スピナーベイトでディープエリアを探るとグッドコンディションのバスをHITへと持ち込んでました。
低伸度ナイロン「Shooter・マシンガンキャスト」であれば、フロロカーボンよりも当然比重が軽いため、スローに巻いてもラインがたるみ難いので、アングラーとルアーの間にあるラインが一直線になりやすいということです。
IMGP1957
となると、より早くバイトを感じることが出来る。
また、低伸度というメリットでフッキングもより決まりやすくなる。

IMGP2150
IMGP2332

その後、並木プロはカバーの中からグッドサイズのバスをキャッチ!!
長時間の使用でも新技術“P-Ion”によってライン表面の「ツルっ」とした加工は落ちることなく残るので、摩擦係数が高く成り難い
よって、ガイドはもちろん、ストラクチャーなどにラインが触れ続ける状況になっても摩擦力が上がり難いので、ラインブレイクに繋がり難いという事なんです。
IMGP2750
 
そして、夕方のチャンスタイム。
ストラクチャー周りをサスペンドタイプのミノーでチェックすると、ラストを飾るナイスなバスをキャッチ!サスペンドミノーのきっちり動かし、しっかり止める。この静と動のアクションをブラさずに綺麗に引き出すのも低伸度ナイロンである『Shooter・マシンガンキャスト』であればより容易に出来るということです。
IMGP2824

 テスト後はTNFRに移動し撮影。
IMGP3008
IMGP3011
IMGP3023
IMGP3041
IMGP3045
 
これらの、様子を収めたムービーは配信中となっていますので、是非チェックしてみて下さい!

 

そして、文頭にも少し書いていますが『Shooter・マシンガンキャスト』は4月中旬の発売予定となっています。
●規格:4.5lb~30lb(4.5lb~20lbは150m巻き・75mシールマーキング入り)(22lb~30lbは100m巻き・50mシールマーキング入り)
●カラー:ニューアットブラウン 

また、発売と同時にスぺシャルなアイテムが抽選で当たるキャンペーンもあるので、こちらも合わせてご期待下さい♪ 

今年の鮎シーズン開幕に向けて、時間を見つけては多くの鮎釣り師が仕掛け作りなど勤しんでいるかと思います。
そして、新たなシーズンに新たな気持ちで臨む!!ということで鮎タイツなども新調中。
もしくは、新調を考えている方もいるかと思います。

なので、今回はそういった方に見て頂きたいBLOGになるかなと思います!?
というのも、サンラインの鮎タイツも今年モデルチェンジしました。
さらに、新たなデザインや生地(裏地)、カラーなんかもラインナップに加わりましたのでご紹介します。

まずはデザイン&カラー。
sta0813ge
↑は獅子をプリントしたゴールドカラー(タイツ&ドライ)。
sta0824g2
↑はレッド、ピンク、ブルー、ゴールド、カモフラージュカラー(タイツ)。
sta0824ge
↑はレッド、ピンク、ブルー、ゴールド、カモフラージュカラー(ドライ)。

今年はこの様なデザインになってますので、好みのカラーを選んでもらえればと思います。

次に、新たに採用となった裏地を紹介します。まずは…

●ネオプレーンゲルマニウム加工
IMG_0472
【特長】
肌に密着しやすく、滑り落ちにくい。また、柔らかいため肌にもやさしい。
また、汗をかいても浸み込まず流れていくので快適な状態を保つ。

ネオプレーン起毛シェルター加工
IMG_0473
【特長】
速乾性、伸縮性に優れた素材のため、ストレスなく釣りを楽しむことができる。
また、保温性も持ち合わせているのでタイツ内を温かく保つ事ができるので、解禁直後や終盤の水温が低いシーズンには特にオススメ。
肌にくっ付き難いので、従来のものと比較すると脱着は格段にしやすくなった。

さらにステッチ(縫い目)もタイツのカラーに合わせて選ぶことが出来ます。
IMG_0471
 ↑はレッドのタイツにレッドのステッチを採用したもの。
また、ブラックのステッチと選択可能になるので、よりシンプルに仕上げたい方はブラックのステッチも良いかと思います。
※ただし、ゴールドのタイツにステッチはカモフラージュといった、違うステッチカラーを組み合わせることは出来ませんので、ご注意下さい。 
 
その他、厚さは2mm、もしくは3mmから選ぶことが出来ます。 

●更に詳しい内容はここをクリックして下さい! 

それでは、解禁しっかり準備をして鮎釣りを楽しみましょう~

今年も多くの方がキープキャスト及びサンラインブースに足を運んでもらったということで、非常に嬉しく思います!ありがとうございました!

サンラインも新製品を中心に展示を行いました!
IMG_0368

なんと言っても今年の注目すべきラインは三代目となる『マシンガンキャスト』です!
新たにP-Ion(プラズマイオンテクノロジー)なども施されさらに耐久性が増したことで、さらに釣りに集中できること間違いなし!
発売は4月中旬予定です!
IMG_0373

さらには、Tシャツやタックルバッグ、キャップも新しいのもがリリースされるのでこちらもあわせてチェックです!
IMG_0371

IMG_0375
(春色なサクラピンクカラー)
IMG_0374

また、ブース内では並木敏成プロの写真&サイン会を実施。
時間一杯、丁寧に対応する並木プロ!
IMG_0393
IMG_0388
IMG_0396

会場内東ステージでは伊豫部健プロ&冨本健プロ(1日目)、そしてそらなさゆりさん(2日目)も加わりこちらも大盛況。
IMGP8361
IMGP8346
IMGP8351
IMGP8382
IMGP8448
IMGP8459
IMG_0383


IMGP8505
IMGP8547
IMGP8518
IMGP8574
IMGP8524
IMGP8604
IMGP8611

2日間、多くの方がステージ前に集まって頂きました!
ありがとうございます!!

また、伊豫部プロはトーナメントの為、アメリカへ出発しました。
今シーズン更に活躍するように応援お願いします!
●伊豫部健プロのHPはここからチェック 

↑このページのトップヘ