セブンイレブンのアルバイトは、
面接して採用してもらうことも大変ですが、
辞めるときも大変です。


せっかく育ったアルバイトを、
そうやすやすと辞めてもらいたくないので、
必ず店長は引き止めると思います。



店長は理由をかなり聞いてくるので、
ちゃんと辞める理由を考えておかないと
店長に言いくるめられて、
結局辞めさせてもらえないという事態が起きます。


そんな店長に納得してもらうための
バイトを辞める理由が下記になります。


実際に店長をやっていたときに、
下記の理由を言われて、
しぶしぶ納得せざるを得ないという状況になりました。



第3位 バイトと勉強(もしくは部活)の両立が難しい

です。

ただ店長としては、
週1回でもいいからお願い!と
言ってくると思いますので、
そこは鉄の精神でしっかりお断りしましょう。

できれば、両立が厳しいために、
勉強や部活がどんな不都合な状態になっているのかを
具体的に話せるとより納得度が上がります。



第2位 受験勉強を本格的に始めたい


です。

もしこれを言っても、
「いいじゃん。バイトしてよ」と言ってきたら
「じゃあ、大学落ちたら責任取ってくれるんですか?」と
強気に言えば店長はイチコロです。



第1位 引っ越しをすることになりました。


です。


これは、もう店長は瞬殺です。

もし近所のセブンイレブンでバイトしている場合は
使えない理由ですが、

普通アルバイトするときって、
自宅からちょっと遠目のセブンイレブンを選んでる場合が
多いと思いますので、意外と使える理由です。

もし街中で店長にあったら、
友達に会いに遊びに来たんですとか、
引っ越し自体がなくなったんですとか適当に言えばいいだけです。



また番外編として、


「実はバイト禁止の高校だった」


なんて言う、
めちゃめちゃなアルバイトさんもいましたが、
思いっきり叱りました。
またご両親にも電話で言いました。


そしたら、なんとバイトOKの高校だったことがわかり、
二重で、そのアルバイトを叱り飛ばしました。



最後に「無断欠勤」という辞め方だけは、避けましょう。



バイト仲間に迷惑がかかりますし、
自宅にバンバン電話します。


また店長やオーナーによっては、
入社書類の段階で誓約書を書かせるところもあるそうです。


無断欠勤ののち退職となった場合は、
該当月の給与支払いをしなくてもいい

といった内容です。


以上のように、
後腐れがない辞め方を心がけましょう。