konbiniosechihatsuraiyo














セブンイレブンで店長をしていたとき、
まさにこの11月中旬ぐらいから、
おせち料理の目標をどうやって達成するかを
毎日考えていました。


あなたはコンビニでおせち料理を買ったことはありますか?


コンビニおせち料理といっても、
2,000円ぐらいのリーズナブルな価格ではなく、


10,000円
15,000円
20,000円


といったような高単価です。




おそらくそんなコンビニおせちを
買ったことがある人なんて、
1000人中1人いるかどうかでしょう。




でもセブンイレブン店長は、
おせち料理を売らないといけません。



もちろんノルマです。



私のときは10個売らないといけませんでした。



10個ですよ。10個!



それも高いおせちなので、
1つ2万です。


売れないと自腹になるので、
10個×2万円で、20万!!!!



20万も自腹で買ってられねーよ!

ということで、
本気で予約活動をしていました。



でもいくら予約活動をしても
1個も予約がはいらないのです・・・・ 



セブンイレブンのフランチャイズでも
直営社員でも店長をやっていれば、
必ずぶち当たるのがこのおせち予約です。



全然予約とれないですから。



当日私は、
毎年おせち料理をすごい売っているオーナーに
ヒアリングに行きました。


このオーナーとは、
仲良くしてもらっていたので、
ノウハウをいくつか教えてもらいました。



まずターゲットを絞れ!と言われました。



普通、おせちの予約を獲得するには、
ポスティングが大事です。

ポスティングとは、
おせち料理のチラシを、
なるべく多くのお宅のポストに入れていくことですが、
このオーナーが言うには、


おせち料理を買ってくれそうなお宅だけにポスティングをしろ!


というのです。




じゃあ誰が買ってくれるのか?


というと、
おせち料理で2万円が払える人です。


さらにおせち料理で2万円払える人は誰かというと、
【共働きで子供がいない夫婦】だそうです。


これは納得しました。


まず【共働き】だと経済的に余裕がありますし、
正月ぐらいゆっくりしたいと思うのが人情です。


さらに共働きなので、
夫も妻も疲れています。
わざわざおせち料理なんてつくりたくないのでしょう。



さらに【子供がいない】ので、
子供に栄養のあるものを食べさせようという状況はありません。



もし子供がいれば、
自分の子供に食べさせるものには
気を遣いますが、
自分たちが食べるものであれば、
そこまで気を遣いません。


ただ問題はその【共働きで子供がいない夫婦】はどこにいるんだ?
ということですが、これはもう歴然です。



3500万円以上のキレイなマンションに住んでいる人達でしょう。



なので、
キレイなマンションに住んでいる人に向けて、
バンバンとポスティングするといいよとのことでした。



次のノウハウとして教えてもらったのは、
チラシは手書きにしろ!
ということでした。



これはちょっと疑問が湧きました。



だって、
手書きチラシよりも
本部で印刷したカラーのおせち料理チラシの方が
キレイで見栄えがいいからです。



ただそのオーナーが言うには、
本部のキレイなチラシを一緒に、
手書きチラシをつくって一緒にポスティングしろと言うのです。


そこで、
手書きにするのはわかりましたが、
何を書けばいいですか?
と聞いてみると、



ターゲットが反応しやすいメリットを羅列しろ!というのです。



共働きで子供がいない夫婦が
メリットに感じることは、


・セブンの安心安全なおいしいおせちが食べれる
・自分たちでおせちをつくらなくていい


です。


でもそれだけじゃ足りないそうです。
競合対策も考えてメリットを提示しろというのです。



セブンイレブンのおせち料理の競合はどこでしょうか?
ファミリーマートのおせち料理?
ローソンのおせち料理?


いえいえ、
おせち料理はインターネットでも購入できるので、
競合対策として、ネットに対して負けないメリットを打ち出せというのです。


つまり送料無料をメリットとして打ち出すということです。


セブンイレブンでご予約いただくと、
自宅までおせち料理をお届けします!
送料はもちろんかかりません! 


というメリットも付け加えろと教えてくれました。



こうしておせち作戦をしていった結果、
なんとその年のおせち予約件数は、9個頂くことができました。
自分の中では、過去最高の予約件数でした。
 

18万円の売り上げが1月1日に
すでに見込めるのです。



商売ってこうやるんだと思った瞬間でした。


もしあなたがコンビニ店長で、
おせち料理を売らなければならないとしたら、
上記の作戦をやってみてください。


セブンに来店してくれる独身サラリーマンや
パートのおばちゃんたちに
おせち料理の試食をいくら配っても、
絶対に買ってくれません。



なぜなら売り込むターゲットが間違っているからです。