nazekonnaktoni














JFA FCコンビニ調査研究のデータによると、

・コンビニオーナー自殺者   1,200人以上
・コンビニオーナー自己破産者 5,000人以上
・コンビニオーナー行方不明者 6,000人以上


だそうです。



なんですかね、この数字。


脱サラでコンビニを始めたはいいが、
そんなコンビニオーナーの末路が、
自殺、自己破産、行方不明って
悲しすぎますよね。


そもそもコンビニって、
本部のノウハウもあり、
商品開発も毎週行われ新商品が売り場に並び、
お客さんのニーズの変化もしっかり捉えているはずなのに、
なぜコンビニオーナーさんはこんなに苦しいのでしょう。



それはコンビニオーナーは利益が出せないからです。



コンビニの売上は、伸長してます。
右肩上がりに伸びてます。


お客さんもいっぱい来てます。


でもコンビニオーナーさんの手元には、
お金がきれいさっぱり残らないのです。



ではお金はどこにいっているのでしょう?



正解は本部です。



フランチャイズとは、
本部が儲かるビジネスモデルなので、
結局、本部が一番儲かるのです。



その証拠に、
コンビニSVやOFCの年収はご存知ですか?



年収650万以上です。



なぜこんな高い年収なのか?


それは、SVがオーナーに発注を増やさせることで、
本部の売上がたっているからです。



そしてこの発注。



失敗すると廃棄につながります。



廃棄とは、
コンビニの売り場にあるお弁当が
賞味期限が切れて売り物にならなくなることです。



この廃棄が毎日毎日生まれていくので、
経費にかさみ、利益がなくなっていくのです。



廃棄だけじゃなく、
万引きや販売ミスなんかもあります。



そして契約しているロイヤリティーのタイプによっては、
6割も粗利益を本部へ支払う方式もあるので、
経費は当然、オーナーさん持ちですから、
最終的に利益が残らない。



利益が残らないとどんな苦しみがあるかあなたは知ってますか?



税金が払えないのです。



3月や6月に100万単位の税金が発生して、
ビジネスローンに手を出すオーナーも少なくありません。


税務署からは税金を払えと督促がバンバンくるので、
貯金から払うか、貯金がなければ借金をするか。



そんな風に、どんどん追いつめられていくと、
冒頭のような自殺、自己破産、行方不明といった手段しか
なくなってしまうのです。



せっかくサラリーマンでは味わえない、
個人事業主となって生き抜いていこうと思っても、
最終的に生き地獄となってしまうのが、
コンビニオーナーなのです。



例えば、
1日の販売金額が50万円のコンビニがあります。
1カ月で1,500万円の売上です。


一見儲かって見えますよね。


でもこのお店がCタイプだったら、
本部へのロイヤリティーはバカ高いので、
年収500万円も稼げないオーナーさんの出来上がりです。


もし年収500万を確保しようとすると、
オーナーさんが深夜シフトに入りまくり、
奥さんは昼シフトに入りまくらないと
人件費は下がりませんから。



でも全国には、
こんなコンビニオーナーばかりなのでしょうか?



はい。こんなオーナーばかりです。



でも一方で、うまく利益を出しているオーナーもいます。


複数店舗展開しているわけでもなく、
日販が80万ぐらいあるわけでもありません。


さきほどの同じ日販50万円のコンビニオーナーさんでも、
深夜シフトに入らずに、
年収1,000万円を突破していたりするのです。



このオーナーさんはなぜそんなうまくいっているのか?



それは、コンビニの会計システムに詳しいからです。
そして税金についても知識があるからです。



そんなコンビニの会計システムを詳細に分析して、
税金対策をすることで、
手元にキャッシュを残すそんなマニュアルがあるとしたら、
あなたがどう思いますか?




そのマニュアルはこんなことが載ってます。



・廃棄の計算方法
・値引販売の方法
・売変の意味

など、コンビニ会計の特殊な情報が掲載されてます。



また、

・廃棄を減らす方法
・廃棄管理
・廃棄と店舗利益
・発注のポイント


なども詳しく掲載されています。

結果的に年収300万円アップできた事例も掲載しています。



ただ、自力で税金の知識を勉強してもいいと思います。

こういったマニュアルに頼らない方が、
返って良いアイデアが浮かぶかもしれません。



でも、今そんなことをしている時間はありますか?



毎日現場に入っているあなたは、
おそらく寝不足で、昼夜逆転の生活をしており、
アルバイトやパートのシフトに悩み、
SVのいい加減な提案に嫌気がさし、
発注数を毎日同じ数だけ入力していると思います。


午前11時までに取りあえず発注を終わらさないと、
昼ピークが来ちゃいますからね。


でも昼ピークが終わったあと、
廃棄の弁当を自腹で購入しながら、
ストアコンピューターの前で何を考えますか?



なんでこんなに苦しいのか?
子供を大学に進学させてやりたいけどとても無理。


独立してもっとお金が増えるはずだった。



理想と現実の差がこんなに大きかったとは。



そんな風に思っているとしたら、
コンビニで利益を上げている人の経営方法を勉強してみましょう。



下手なそこらへんで開催している経営セミナーよりも
このマニュアルはコンビニに特化しているので、
内容はかなり濃いものになってます。



スマホでも簡単に見れるので、
今よりも年収300万円をアップさせていきましょう。