jikangaikinmu














ほっともっとの元店長で30代女性が
管理職なので残業代が支払われなかったとして訴訟。
判決として管理職には当たらないということで約160万円の支払い
という結果になりました。


一番の問題は、

「名ばかり管理職かどうか」

という点でした。



いくら店長だからといっても、
管理職以外の業務も多く、
本社の平均給与と比べても格段に低いというのが
現状だったそうです。



これ、実はセブンイレブンも同じでした。



今は店長にも残業代が出るようになっていますが、
私が勤務していた当時は、



店長になると給料が下がる!



というのが定評でした。




というのも、
だいたい基本給が250,000円くらいで、
プラス残業代という感じだったんですね。



セブンイレブンジャパンに入社すると直営勤務になります。


段階は次の3段階。


・トレーニー

・副店長

・店長


です。





トレーニーは、入社した社員がトレーニングするという意味で、
ほとんどアルバイトと同じような扱い。
ただ残業代はしっかり支給されます。



副店長は、店長の手足になったりしますが残業代が出ます。



店長は、管理職手当が25,000円ぐらいつきますが、残業代がすべてカット




ということなのです。




なので、




<トレーニー>

基本給25万+残業代21万(80時間)=46万



<副店長>

基本給25万+残業代27万(100時間)=52万


<店長>

基本給25万+管理手当2.5万=27.5万円(※残業代なし)



という給与体系になるのです。



店長はトレーニーよりも給与面で圧倒的に不遇な扱いでした。



私も実際にトレーニー、副店長、店長になっていきましたが、
店長の給与の低さに愕然としてました。



管理職手当なんていらない!残業代をよこせ!



当時、本気で思っていました。



そこでやった苦肉の策は、
平日はなるべく早く帰る。


6時出勤18時退勤ぐらいにして、
あとは全て副店長に任せる。


そして週休2日のうち、
1日を出勤日にあて、いろいろな業務をこなす


という苦肉の策です。



本当は休みたいのに、
休日出勤することで、
その1日をセブンイレブンジャパンに買い上げてもらうのです。


会社からはだいたい1.2万円ぐらいで買い上げてもらうので、
月4日買い上げてもらうだけでも約5万円。


さきほどの店長給与は27.5万でしたが、
この5万円で32.5万円に。


手取りは23万ぐらいで落ち着く計算ですね。


なんとかやっていける金額になります。



でも副店長時代、トレー二―時代の方が、
店長よりも給与が高かったので、
かなり羨ましいと思ってました。



今は改善されたそうですが、
ブラック企業ですからね。本当かどうか。