kurisumasuke-kikk














昨年の12月24日に、
セブンイレブンダイバーシティ東京プラザ店で、
店員が誤って食べかけのクリスマスケーキを
販売してしまったことがありました。


ビックリしますよね!



どうして食べかけのケーキが販売されてしまったのか?


 
というと、


従業員が購入したケーキを食べており、
1人でホールケーキをまるごと食べるなんてこともできず、
冷蔵庫(おそらくウォークインというジュースなどを冷やす大型の冷蔵庫)に
置いておいたケーキを別の従業員が販売してしまったということで、
食べかけクリスマスケーキが販売されてしまったのでしょう。


12月24日というと、
セブンイレブンでは大量のケーキが納品されて、
予約して頂いているケーキは、売り場に出さずに、
ウオークインというバックヤードにある巨大冷蔵庫に置いておくというパターンなので、
そこに置いてある大量のクリスマスケーキを別の従業員が販売したのでしょう。



でもなぜ食べかけのケーキを他のケーキと一緒に
ウォークインに置いていたのでしょうか?



それはセブンイレブンのバックヤードには、
冷蔵庫がないからです。


だからやむなく、
食べかけのケーキを置いておいたのでしょう。



でもね。


あまりにもお粗末ですよね。



しかも普通、店内でホールケーキを休憩時間中に食べるかね?



いやいやいや食べるんですよ。



だってセブンイレブンはノルマ主義ですから。


従業員さんはアルバイトといえど、
クリスマスケーキは、
1個以上自腹購入しなきゃいけない暗黙のルールがあるんです。



本当は来店客にケーキをおすすめして、
予約を取るというのが通常のオペレーションなのですが、
コンビニでケーキを買う人はそうそう多くないので、
予約が取れないと自腹という流れですね。



おそらくこの従業員さんも
自腹でホールケーキを購入したのでしょう。


でも休憩時間中に、
ホールケーキなんて食べれるわけもないので、
食べかけたケーキはウォークインに保管しておいて、
シフトが終わったら、
そのケーキを家で食べようとでも考えていたのでしょうね。


なので、
今回の食べかけのケーキが販売された理由は、

・自腹でケーキを買わなきゃいけないブラックな現場
・12月24日という大量にクリスマスケーキが納品されているタイミング
・従業員が食べかけのケーキをわかりやすく別に保管しておくことをしなかった


ということが重なって起きたことなので、
単純に、従業員がバカだったということでは
片付けられないのです。


ちなみに、
私もセブンイレブンのケーキが大好きなので、
もし自分が食べかけのクリスマスケーキを販売されたら
正直、二度とセブンイレブンで
買い物ができなくなるかもしれません。