コンビニの店長は、
非常に労働環境が過酷です。

hidoikankyu















朝6時ぐらいから夜22時、
深夜アルバイトが急きょ、休みになったりすると、
そのままシフトを埋めなければならず、
ずっとそのまま朝6時まで勤務しないといけない場合が発生します。


24時間勤務。


このような長時間労働が、
私がセブンイレブンの店長をしていたときは、
慢性化していました。



毎日、深夜バイトが出勤してくるかを心配しつつ、
結局、勘が当たってそのまま24時間シフトイン。



こうしてどんどん、
働く時間が長くなっていると、
当然ながらストレスが溜まっていきます。



そのストレスの行き場はどこにいくと思いますか?



それはアルバイトへ向かいます。



例えば、シフト。



店長である俺がこれだけ働いているんだから、
お前も働けよ!的な心理や思考になってしまいます。



道連れみたいなものです。


気づいたらどんどん高圧的になっていき、
クリスマスケーキなど、


「で、いくつ買うの?最低でも2個は買えよ」


と言ってしまっている自分がいました。



このような状態になっているコンビニ店長は、
圧倒的に多いです。



店長という立場になれば、
SVぐらいしかコミュニケーションをまともにとれる人がいませんので、
そうなるとすごく狭い世界で生きている状況になります。


このような現場になっていると、
ブラックバイトというような状況に陥りやすいのです。



もしコンビニでアルバイトをしようと思っているなら、
店長さんやオーナーさんの様子をじっくり観察しましょう。


もしアルバイトが怖がっているようなら、
絶対にそこで働いてはいけません。


みすみす、
ブラックバイトで働きだすようなものですから。