ishikitakaikeitenchou














セブンイレブンで働こうと思ったときに、
攻略しなきゃいけないのが、
そのお店の店長さん・オーナーさんです。


問題なのは、
その店長やオーナーさんが、
意識高い系の方の場合が面倒なんです。



そもそも意識高い系とは、



・全員黒髪
・ダラダラ私語をしない
・シフトは絶対固定
・休みはめったにとらせない
・風邪で休むときは代わりをみつけろ
・いろいろ考えて発注させる
・ノルマを当然つける



というような半分ブラックな考え方の店長さんのことです。



以前までは、
意識高い系の店長がいるお店は、
接客力がよかったり、
商品が品切れとかなかったり、
お客さんにとってメリットが多いお店だったのですが、
そういうお店はアルバイトがすぐ辞めちゃうんです。



なのでいつもアルバイトを
募集せざるをえないのです。



でも、あなたがもし、


・家からの距離がちょうどいい
・時給が良い
・働いているアルバイトの女性が可愛い


などの理由でそこで働いてみたいのなら、
意識高い系店長から面接合格をもぎとらないといけないです。



ではどうしたら、
意識高い系店長から合格を
もらえるかといったら答えは簡単です。



演じればいいんです。




意識高い系店長は、


・やる気のある学生が大好き
・ちょっと理屈っぽいので論理的に話をする学生が好き
・体育会系の学生が大好き


という特徴があります。



なので、
どれかを演じれば、
余裕で合格できます。



例えば、
本当は部活に入っていないのに、
月・水・金は、剣道部で部活をしてますと嘘を言っちゃうとか。


もちろんちょっと剣道を下調べをしておいて、


「幼稚園から剣道をやっていて、上下関係を学んできました。」

「夏と冬の合宿は、結構ツラいのですが、
 いくらツラくても辞めずに続けてきました。」

「剣道をやってきておかげで、体力がついたので、
 この3年間一度も風邪を引いてません。」


といったようなことを言えばOKです。




ただこれだけは言っちゃだめ!
というNGキーワードがあります。





それは、応募理由を言うときに、



「家から近いので応募しました。」

「時給が高かったので応募しました。」

「廃棄がもらえると聞いて応募しました。」



というような自分都合の応募理由を全面に押し出した瞬間、
一気に意識高い系店長は引いてしまいます。



いくらアルバイトに欠員がでていて、
自分がシフトに入らなきゃいけない状態でも、
そのようなひと言を言ってきた応募者を採用することはありません。



なぜかというと、


自分都合の応募理由を言ってくる奴は、
すぐ辞めるとわかっているからです。



新しく人を雇うということは、
それだけ教える手間が発生します。


この手間をかけるぐらいなら、
自分でやっちゃった方が早いと考えるのが
意識高い系店長の特徴なのです。


なので、
もし意識高い系店長のお店から、
面接合格がどうしても必要ということであれば、
言動に気をつけて演じてみてください。


すぐに受かりますから。