arusevenirebun















セブンイレブンのレジ周りにある商品が増えましたよね?


例えば、


中華まん。

おでん。

揚げ鶏などのホットスナック什器。

さらにコーヒーマシン。



私が店長だったときも、
上記のレジ周りの商品が多かったですが、
最近は特に1つ1つの什器も大きくなり、
かなりレジスタッフがやらなければならない仕事が増えました。



そのため、
以前よりもセブンイレブンのカウンターが
大きくなっていることに皆さんはお気づきでしょうか?



絵にするとこんな感じですかね。



<以前のカウンター>
counterrejiseven02
















<現在のカウンター>
counterrejiseven01















このカウンターのサイズになっているセブンイレブン店舗は、
まだ全国で800店舗ぐらいしかないそうです。



セブンイレブンは、全国で19,000店舗以上ですから、
1割もいっていないですね。


ただ今後も大きなレジカウンターの店舗は、
増加していくそうです。



ただ、これからセブンイレブンをやろうと思っているオーナーさんに
是非お伝えしたいのは、



レジカウンターの商品は非常にめんどくさいということです。




例えば、おでん。



おでんは、1日3回以上おでん種を取り出して什器を洗わないといけません。
これが1回洗うのに30分以上かかり、レジをやりながらおでん什器を洗うのは、
非常にストレスになります。




次に、ホットスナック。


揚げ鶏やフランクフルト、アメリカンドックなどを提供するものですが、
什器自体は問題ないのですが、問題なのは、
レジの真裏で油で揚げるフライヤ-の対応が大変です。


フライヤーで使う油の入れ替えや掃除など
本当に大変で、それをアルバイトやパートができるようになるまで
自分でやったりしますが、本当に毎日大変でした。



そして中華まん。


これも1日の終わりに洗うことが必要です。




このようにレジカウンターが大きくなることで、
ますますホットスナックなどのお手軽に購入できる商品が
今後も増加していく流れがありますので、
どんどんスーパーマーケットの総菜コーナーのようになっていくことでしょう。