私がセブンイレブンの店長をしていたとき、
あるセブンイレブンオーナーさんと仲良くなりました。



そのオーナーさんは、元サラリーマンで、
脱サラしてセブンイレブンの加盟店になった経緯がありました。


その方がおっしゃるには、


 ・セブンイレブンは本当に利益がでない。


 ・廃棄や発注などうまくいった試しがない。


 ・アルバイトやパートを雇ってもすぐに辞めていく。



まだサラリーマンをやっていた時の方が安定していた。




夫婦二人で働いて、
手取り30万ぐらい。



深夜業務もあるから、
時給に直すと数百円の世界。




こんなはずじゃなかった。。。。



そんな愚痴をこぼされていました。


一番言っていたことは、



売上が増えないとアルバイトが増やせない。



アルバイトが増やせないと、
夫婦でいつまでも現場を回さないといけなくなる。



そうなるとお互いがすれ違い、
小さい子供の面倒などで夫婦仲は最悪になっている
とのことでした。



でもある時期を境に、
手取り100万円ぐらいまでもらえるようになりました。



アルバイトやパートさんが育ってから、
本当に回るようになった。



恵方巻やおでんのセールのときも
何も言わずに準備が整っていたり、
従業員が積極的にお声掛けして、
おでんだけで3万ぐらい売れたり。


いいこと尽くめだと言っていました。


ただお金使いが荒くなったそうです。
サラリーマン時代と比べ、
夫婦ともに働いているので、
ストレスがたまる。



そのストレス解消に高い買い物をしてしまう。
家の中の家具や洋服はリッチになったが、
夫婦仲はやっぱり最悪ということでした。


元来、セブンイレブンでのフランチャイズ契約は、
夫婦でやるのが鉄則。


このオーナーさんは、奥さんを辞めさせて、
店長を新しく雇い、もう1店舗目を展開しようと
考えているそうです。


→この対策で、手取り年収が上がります。