次の日。


昼間の14時。


お昼のピークが過ぎて、
本点検という1日の売上を確定する仕事をしていました。
そして仕事が終わり、近くの横浜銀行に両替に出かけます。



※セブンイレブンでは、毎日両替に行ってました。
 1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉
 1,000円札、5,000円札など。



銀行に行こうと、店を出ると裏口へ通じる門をよじ登る人影が!



(うお!なんだこいつ!)



ビビりますよ。
いきなり人が門のぼってるんだから。
しかも昨日の浮浪者です!



「おい!あんた何してんだ!」



そういうと、

その浮浪者は、よじ登っていた門からすぐに地面に着地。
その足で全速力で走って逃げていきました。



ただ足がめっちゃ遅い。



すぐに追いつくと浮浪者にタックルしました。


一緒に転がり、腕を取ったとき
プーンと香る何日もお風呂に入っていない人特有の汗臭さが鼻につきました。



浮浪者 「腹が減ってたんだ」

私    「だからって、不法侵入だよ。警察行くよ。」

浮浪者 「いいよ。」



(!なんだこいつ警察怖くないのか!)



そう思いつつ近くの交番に連れていくと、



警察官「どうされました?」

私   「不法侵入です。」

警察官「あ!またあんたか。弁当でも盗もうとしたのか?」

浮浪者「捨ててあるものをもらうことは窃盗なのか?」

警察官「ちょっとこっちこい!、あ、すみませんね。こいつはこっちでなんとかしますので」




そう警察官の方が言ってくれました。
どうやら常連なんですね。



その日以来、その浮浪者とは会ってません。
警察へ突き出すのは、効果絶大です。



バイトル[コンビニ]のアルバイト情報を検索