2005年06月11日

カウントの取り方

サルサを踊る時のカウントの取り方について、
シカゴのサルサダンサー、ジョニージョンソンの記事から学んだこと。

Salsa on 1, on 2 or On Time

サルサを踊る時に、On1かOn2のどちらを選ぶかは、
世界中のクラブや色々な場所でずっと議論されてきた。
ある人達にとっては大した問題ではないのかもしれないが、
On1とOn2の違いにこだわる人達が、たくさんいる。

On1とOn2、どちらで踊る人の方が情熱的なのか?
どちらでも、一緒。
情熱さの度合いは、踊る人がどれだけサルサを愛してるかにより違う。

では、On1とOn2の違いは何?
サルサインストラクターが入門者にベーシックステップを教える場合、
曲のカウントの教え方が、違う。
On1の生徒は、曲の1カウント目をシッカリと感じるように教えられる。
On2の生徒は、曲の8カウントすべてを感じるように教えられる。
On1で習った生徒は、On2の入門クラスを難しく感じる場合が多い。
サルサ上級者にはOn2で踊る人が多いが、
On1で踊る上級者もいるし、彼らは8カウントすべてを感じて踊る。

結局のところ、On1とOn2のどちらで踊るかは、
大した問題ではないのかもしれない。。
それよりも、On-TimeとOff-Timeのどちらで踊るかの方が、重要。
そしてそれよりも、もっともっと重要なのは、
サルサに対するその人の情熱!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sunny00/24884566
この記事へのトラックバック
今日は、あのアメリカからの特別講師プログラムが 終わってから初めてちゃんとしたサルサクラスに参加しました。 いつもは夜、ダンスになる前にレストランやバーでの 大人数でのレッスンですが、今回のは講師が女性のA。 一連のコースの始まりには参加できませんでし
On1か、On2か、それが問題だ。【Cafe De Bangkok】at 2005年08月15日 01:01
この記事へのコメント
おととい、社交ダンス仲間でサルサを習うべきかどうかについて議論しました。

結論は、時期尚早となりました。
サルサはまだ完全に踊りが統一化されていない、というのが理由です。

早く統一されるといいですね。
Posted by 飲兵衛 at 2005年06月13日 19:50
サルサは統一されていないから楽しいのです

サルサの母国キューバでは歌で踊ればOn1になるしクラーベで踊るとOff Beatになります
曲によってどちらかがいいかがきまるのでOn1とかOn2とかで統一とかは全く意味のない議論です。 
Onだけ、Offだけでしか踊らないよって言う人は音楽よりもダンスが一番にかんがえているのでしょう. 
ダンスっていうのは音楽の下僕であって音楽を無視したダンスっていうのはありえないとおもうのです 
Posted by satomy at 2005年07月10日 21:28
なるほど、勉強になります。

「全身で音楽を感じて踊れ!」
先日観たダンシングハバナという映画で聞いた言葉です。
この言葉いいですね〜

音楽の感じ方は人それぞれ。
人それぞれに自由な楽しみ方ができるのは
サルサの魅力だと思います。
Posted by michi at 2005年07月11日 17:57
バンコクからはじめまして!
私も最近サルサを始めました。
On1か、On2か…。
本当にどちらもそれぞれ魅力的とのことですが
余計悩みます〜〜。
記事内TB&リンクさせていただきました♪
Posted by ロタ at 2005年08月15日 01:02